ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:プロフィール( 1 )


2006年 01月 25日

プロフィール

 子供の頃から手芸が好きだった私は「将来 手仕事に携わりたい。」、そう漠然とした思いがあったものの親の理解が得られず、文系の学部に進学します。けれどその思いは消えず、ずっと「何か」を探していました。アートフラワー、皮工芸、バック作り、紙粘土、ビーズアクセサリー・・・様々な手芸に手を出しましたが、大学を卒業する頃にはそれでは飽き足らなくなっていました。
「もっと奥深いものを。」と探し求めているうちに素象人形という世界に出会いました。可愛さを追求した「お人形」とは真逆の、無駄を省いた正しいデッサンを基本とした人形です。小林止良於氏は芸術一般の知識は勿論、仏教にも造詣が深い崇高な彫刻家でした。迷わず私は勤め帰りに師の自宅を訪れる通い弟子となります。睡眠時間は少なくなりましたが、全く苦でありませんでした。しかし残念ながら私が出産し、休んでいる時期に師は天に召され僅か三年半しか学べませんでした。そのため復帰後は独学です。また工房代わりに陶芸教室の一角をお借りしていた時期に陶芸の知識を得て創作の幅を拡げて今に至ります。

素象人形は「人形でも彫刻でもない。」と言われ続けて来ました。また取材の際に記者に「あなたは彫刻家ですか。人形作家ですか。」とか「このジャンルは何なのでしょうか?」とよく聞かれますが、カテゴリーは所詮人が作ったものに過ぎません。粘土は無限の可能性を秘めています。素象人形に留まらず、私独自のカテゴリーが出来るまで創作を追求して行こうと思います。



略歴

1987年 彫刻家小林止良於氏に師事

1990年  第65回道展入選

1992年  育児及び体調不良のため創作活動休止

2000年 活動再開

2003年  個展「素象人形展」 オーセントホテル小樽

2005年 陶遊展 オーセントホテル小樽

2005年  内閣府発行「生活達人見本市」 作品と紹介が掲載される

2008年 陶遊展 オーセントホテル小樽

2010年 陶遊展 オーセントホテル小樽

2011年  個展「素象人形と陶創作の世界」 らいらっくぎゃらりー札幌

2012年  個展「素象人形と陶版画展」 オーセントホテル小樽

2014年  個展「LE SOURIRE」 カフェ&ギャラリー菜はな

















[PR]

by Blog_Maya | 2006-01-25 22:06 | プロフィール | Comments(0)