「ほっ」と。キャンペーン

タグ:飲食店 ( 34 ) タグの人気記事


2014年 08月 16日

ヘルシーランチ

d0110197_07552676.jpg




 ギャラリーとなっている菜はなは以前から通っていたレストランです。管理栄養士が考えた化学調味料を一切使わない、野菜にこだわりを持ったメニューばかり。こちらは日替わりの菜はなランチ、880円。道産玄米を圧力鍋で2時間じっくりと炊きあげた小豆入りのもちもち玄米、勿論苦手な人には白米も用意されています。そして豆サラダ、こちらの玉ねぎドレッシングが私はお気に入りです。この日は他にマリネ風総菜、だし玉子焼き、昆布の煮物、手作り豆腐と手間暇の掛かったメニューを堪能しました。他にも日替わりパスタ、スープカレー、とろとろオムライスなど全てヘルシーレシピです。
 
告知の時も書きましたが、こちらのレストランは本当にお勧めです。子供メニューが充実しているのでお子様連れが普段多いですが、昨日はお盆と言うこともあって祖父母と一緒の三世代でのお食事シーンがあっちこっちで見受けられました。オーナーはまだお若いご夫婦、これからも末永くお世話になりたいお店です。


菜はな
小樽市最上1-3-13 駐車場あり
11:00~16:00(L.O15:00) 水曜日定休
0134-24-1713








[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-16 13:49 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 15日

たまにはこんなランチを

d0110197_10275392.jpg


しばらく会っていない友人に会いたくなって連絡を入れました。「金曜日ならオッケーよ。」と彼女からの返事に、喜々としてランチ場所を検索、見付けたココは「ぶあいそ 別邸」。

d0110197_10280478.jpg


 築100年の古民家と聞いていましたが、その風情ある佇まいにここを選んで良かったと思いました。調べたら、こちらは明治36年北海道大学の時計台があった場所だったそうです。その後昆虫学の始祖、松村松年博士が家を建てたのがこの建物。北大正門すぐなので職住接近だったのね。中庭は夜ライトアップされるそうです。

d0110197_10280056.jpg


予約していたのは昼の特別コース、2000円。前菜、水炊き、天麩羅、〆は雑炊、ゆずのシャーベット。頃合いをみてサーブしてくれます。鍋はもつ鍋、水炊き、葱しゃぶの中から選べるのですが、予約の時に夫が水炊きを勧められたのですが正解でした。九州地鶏から取った出汁が濃厚で美味しかったです。彼女も美味しいと言ってくれたから満足です。たまにはこんなゆったりとした空間で頂くのもいいものです。



博多ぶあいそ 別邸
札幌市北区北8条西5丁目7番地
Tel 011-738-5686

[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-15 11:19 | 美味しいもの | Trackback | Comments(3)
2013年 01月 17日

菜はな

d0110197_7241516.jpg

お客さんが入っていたため撮影出来ませんでしたが、古民家を改装したカフェ、靴を脱いで上がるとそこは広いお座敷で女性客が多いです。 管理栄養士が作る野菜中心の身体に優しいメニュー。 こちらは日替わりの菜はな定食です。  豆サラダの自家製ドレッシングがすり下ろしたタマネギ入りなのですがまろやかな味で、お持ち帰りしたくなりました。





菜はな

北海道小樽市最上1-3-13
0134-24-1713

11:00~16:00(L.O15:00)
ランチ営業、日曜営業 水曜定休
駐車場あり
[PR]

by Blog_Maya | 2013-01-17 07:24 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 16日

シロクマ食堂

d0110197_212318.jpg

個展が終わっても、ゆっくり出来ずバタバタとした日々を送っていましたが昨日それもようやく解放されました。
今日は朝里のヴィンケルから私の大好きな旧日本郵船株式会社の近く、色内に引っ越してきたシロクマ食堂の紹介です。 
三平食堂のあったところという方が分かる方がいらっしゃるかもしれません。
d0110197_21294732.jpg

店内で黙々と働くマスター、朝里の頃と変わりません。 でも実際は気さくなマスターです。
d0110197_21352730.jpg

メニューはカレー、どんぶり・・・、どれも美味しいですが特に私はネパールチキンカレーが好きです。
d0110197_2139437.jpg

スパゲッティーのなかでは牛ゴボウの和風スパゲッティがお気に入り。
d0110197_21381218.jpg

そうそう忘れるところでした、ここの牛トロ丼オススメです。 手切りハンバーグは今はお休みしています。 最近新しいハンバーグが登場したのですが、まだ食べていません。
d0110197_21483736.jpg

この日食べたのはワタリガニのトマトソーススパゲッティ、豪快にハサミでバリバリといきます。 カニを剥いているうちにスパゲッティが延びてしまいましたが、辛めの自家製トマトソースが味を引き締めています。
d0110197_2153236.jpg

しろくまアイス、これは生乳から違って極上品。道内ではここでしか味わえないそうです。


シロクマ食堂
小樽市色内3-6-3
℡ 0134-31-4690
営業時間 「だいだい朝11時から夜10時くらいまでやってます。」と書いてありました。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-16 21:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 11日

○おちゃわん○

d0110197_7395116.jpg

今日は個展にかかりっきりでアップしそびれていた美味しいお店の紹介です。 
白いのれんも掛かっていますが店名が控えめに入ってるだけなので、最初は何のお店か分かりませんでした。
d0110197_7472380.jpg

元々は寿司店でその後定食屋になったと記憶がありますが、今は茶系で統一され落ちついた空間に生まれ変わっています。 二階の座敷は今は主婦の集まり場所になっている様子。 家族経営できびきびと働いている姿が見ていて気持ちがいいです。
d0110197_7513630.jpg

メニューによってこの大皿の中から1品か2品好きな惣菜を選ぶことが出来ます。 ランチメニューは日替りで、煮魚定食・焼き魚定食(各650円)、刺身定食(750円)。定番メニューはザンギ定食・生姜焼き定食(各650円)、とんかつ定食・天ぷら定食・ハンバーグ定食(各700円)と良心的、惣菜も手作りで美味しい。 小食の方のために、惣菜2品のみのちょびっと定食(450円)もあります。
d0110197_7531320.jpg

この日は刺身定食、惣菜は陣笠揚げと蕗の煮物をセレクト。 どのメニューも濃すぎることもない程よい味付けで飽きがきません。  
宴会、お弁当の予約も承るそうです。  次回は洋食屋さんを紹介します。


○おちゃわん○
小樽市稲穂2丁目14-11
℡ 0134-64-5031
営業時間 10:30~14:30 17:00~20:00
定休日 日曜日・祝日
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-11 08:02 | 美味しいもの | Trackback | Comments(5)
2011年 07月 14日

たまにはお手軽ランチ

d0110197_7572433.jpg

たまには友人を誘ってランチというのも楽しい。 それもお手頃価格であれば主婦は大歓迎。
d0110197_7561571.jpg

このスープカレー 十六穀米、ミニサラダつきで480円。  新合同庁舎一階のレストランです。 新しくなってとてもおしゃれな店内でした。 月、火、水曜日限定メニューですが、野菜もジャガイモ、人参、オクラ、玉ねぎ、茄子、かぼちゃ、スープもコクがあって美味しいかったです。             
[PR]

by blog_maya | 2011-07-14 08:11 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 19日

海猫屋

d0110197_7225456.jpg

昨年末 来客をお連れしたレストラン海猫屋。  ここは小林多喜二の小説「不在地主」のモデルになったり、村松友視氏が海猫屋を題材に小説を書いたりして有名な店ですが、実は今までお邪魔したことがありませんでした。  ランチに行ったのですが、これからパーティーに行くという感じのお客さん、お店の雰囲気になじんでいて見とれました。
d0110197_7261141.jpg

海猫屋の建物は、1906年(明治39年)に建てた3階建ての煉瓦造り倉庫。  1976年に喫茶店としてオープンし、かつては暗黒舞踏の「北方舞踏派」や「鈴蘭党」が活動の場としていたそうですが、今はその面影はありません。 1990年に店内を大幅に改装し、ワインと無国籍な創作料理の店とリニューアルしています。  1階は、バーカウンター、2階は、照明を抑えた広い空間に自然木の大きなテーブルが置かれ、時間の進み具合がゆっくりと感じられました。
d0110197_741989.jpg

薄暗いので上手く写せませんでした。 ミニ三脚を持ってこなかったことを後悔。
d0110197_7432958.jpg

ビーフシチューはじっくり時間をかけて煮込んだ柔らかいお肉がオリジナルのデミグラスソースにたくさんの温野菜とともに浮かび、とてもボリューミー。  カレーライスも美味しそうだったし、トムヤンクンなんていうのも気になったのでまた行きたいと思います。  この店のランチに付き合ってくれる人募集中。




海猫屋
047-0032 北海道小樽市色内2-2-14
TEL 0134-32-2914
駐車場あり
営業時間 (昼)11:30~14:00
営業時間 (夜)17:30~21:30
休日 不定休



 
[PR]

by blog_maya | 2011-01-19 08:02 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)
2010年 12月 06日

洋食台処  なまらや

d0110197_1820382.jpg

本州から小樽に移り住み、お店を出した洋食屋さんが美味しいと評判を聞いて一度行きたいと思っていた洋食台処 なまらや。 先日行ってきました。 ランチは数種類の中から選べて、しかも前菜付き。 エスニックな味付けのお豆や、中華風ナス炒めなど全般に多国籍料理のようですが味に違和感がありません。
d0110197_1858345.jpg

これが一番興味のあったメニュー「野蛮人」。 骨付きソーセージなのですが、この見た目の遊び心がいいですね。 見た目だけでなくジューシーで味も大満足。 来て良かった。 お手頃価格で面白い料理が楽しめるお店です。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-12-06 18:25 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
2010年 11月 28日

しゃこ天そば

d0110197_9551456.jpg

時折お邪魔する味工房かま栄。 一昨日メニューにしゃこ天そばがありました。 しかも今月限りの限定メニューです。 あれ、二週間前にはなかったような・・・。 気が付かなかっただけかしら? きっと獲れる時期が限られているからですね。
美味しさが逃げないようにしゃこに湯葉を巻いて揚げています。 軽く揚がっていて美味しい。  単品で頼んで塩を掛けて食べてもよさそう。  それと今月からランチには100食限定でおにぎりが付きます。 秋にしゃこが獲れるのは道内では小樽だけ。  小樽をこの時期訪れる方には是非おすすめ致します。

味工房かま栄
 〒047-027 小樽市堺町3番6号
 電話 0134-25-5110
 定休日 無休(ただし、年始はお休み)
 駐車場 お買い上げのお客様は一時間無料
[PR]

by Blog_Maya | 2010-11-28 10:09 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
2010年 09月 01日

キャンドルライトカフェ&レストラン  小樽 Muze(みゅーず)     

d0110197_1921730.jpg

国道五号線沿い 産業会館の交差点の手前山側にあります小樽 Muse   
ちょっと一息いれてお茶したい時、しっかり食べたい時 どちらの時でも満足できる場所です。
一番人気の煮込みハンバーグは後志産和牛を使用。 ソースから手作りで、ふんわり柔らかくジューシーです。 
d0110197_1928550.jpg

 全てのテーブルに優しい色あいのキャンドルが灯り、落ちついた雰囲気の建物内部をほのかに照らしていました。  柔らかな炎に癒されます。 これは奥様である米澤 純氏の作品。  後で知ったのですが、米国のキャンドル作家クラウディア・サイムズ氏に師事し、2008年のG8洞爺湖サミットにおいて前夜祭となる「水と大地の祭り」のモニュメントキャンドルを制作、会場の「ザ・ウインザーホテル洞爺」にも作品を提供されたそうです。 店内で販売もされているので今度行った時はそちらも覘いてこようと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-09-01 19:36 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)