タグ:子育て ( 62 ) タグの人気記事


2015年 11月 22日

転換期

d0110197_79067.jpg



今年も残ることあと一か月あまりですが、相変わらずの日々を送っています。写真も時々撮っています。最近は借り物のフィルム一眼を使っているのですが、スキャナーが壊れてブログにアップ出来ません。

小樽の案内も続けています。しかしここ一年案内している施設で「案内役になりませんか?」と幾度となく誘いを受けるようになりました。つまり愛する歴史的建造物に来館者として訪れるのではなく、一般客を案内する側になるというお話、正直戸惑いました。その上館内の案内役の方は一回り以上年上の方々ばかり、おそらく私が最年少。知識はおろか経験も足りないことは明らかです。
けれど小樽を愛する思いは地元の人にも負けないつもり。小樽を案内して20年余り、そろそろ案内の形も変えるいい機会なのかなと思いました。








[PR]

by Blog_Maya | 2015-11-22 13:37 | diary | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 23日

糠漬け

d0110197_16350704.jpg


夏は毎年糠漬けが食卓に登場します。主人の好物でもあるので今年も胡瓜、人参、蕪、大根と色々漬けてます。
過去に苦手とは知らずに子供たちに毎日食べさせていた思い出があり、主人と二人だけでで食べていました。けれど今年は娘が「今なら普通に食べられるよ」というので三枚の皿に用意します。でも未だに娘のテーブルに置くときに申し訳ない気持ちがしてしまう私でした。


















[PR]

by Blog_Maya | 2015-08-23 16:49 | 子育て | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 08日

洗濯が好き     ※追記しました

d0110197_20574560.jpg



 今日は洗濯日和ではありませんが明日は雨の予報なので、せっせと洗濯をしました。私は手抜き主婦ですが、洗濯だけは別です。
一般の洗濯は勿論、主人のスーツも例外ではありません。今日は出張先で汗だらけになったブレザーを洗いました。汗は水洗いの方がきれいになります。今はウオッシャブルスーツというのが出回っていますが、従来のウール100パーセントのスーツも洗剤を選び、コツさえ掴めば洗えるのです。かなり前から子供達の制服もレーヨン素材のおしゃれ着,羊毛布団も自宅で洗っていました。なので我が家がクリーニング屋さんのお世話になるのは数える程。友人に驚かれた事もありますが、正しい知識と処置をしている限り失敗は少ないです。

 下の画像は洗った後「だら干し」というのですが、脱水をせずに袖や見頃を伸ばしながら立体ハンガーにかけて影干ししているところ。勿論水がしたたり落ちるのでお風呂場が向いています。こうすると水の重みで多少しわが伸びるので仕上げのアイロン掛けが楽になるのです。だら干しは形状記憶のワイシャツなら普通のハンガーでも一切アイロンせずに職場で普段着用できる位までしわが伸びます。




d0110197_20575250.jpg



 先日友人がクリーニング店よりダウンジャケットを引き取ってきたところに会いました。今はご存知の方も多いと思いますが、ダウンは水洗い出来ます。その上ドライより水洗いの方が汚れがよく落ちるので市販の中性洗剤で洗った方がいいし、アイロンがけを必要としない側生地が大半なので楽です。その話を彼女にもしたのですが、ちょっと勇気がないと躊躇うので来シーズン後実際に洗うプチ講習会の約束をしました。確かに最初は私も緊張しました。けれど知識と経験があれば自宅で出来るものと出来ないものを自分の中で分けられます。その上でクリーニング屋さんを上手く利用されるといいなと思いました

 今日は娘がデニムのシャツを鼻血で汚したと帰ってきました。あらかじめ洗面所で水洗いをしていましたが、やはりまだうっすらと残っています。血液のしみは手強い上にデニムの生地は色落ちしやすいので、一度の洗濯で全て落とそうとせずに数回掛けて落とすと説明しながら洗ってあげました。すると娘は「家に帰ればお母さんがいるから大丈夫だと思った」というのです。おだて上手だこと。いや、あなたも洗濯くらい覚えなさい!! 



追記
スーツをエ○ールで洗ってもいいのか、ダウンジャケットを洗濯機のドライコースで洗えるのかなど疑問に思われる方がいらっしゃいました。
スーツを洗濯するのはスーパーで売っている中性洗剤で洗えなくもないのですが、ウールの油脂分を取りすぎて洗濯を繰り返すうちに生地がパサパサになってしまう恐れがあり、オススメできません。私は家庭用のドライニング洗剤を取り寄せていますが、あくまで水洗いであり。注意点を守らないと縮んでしまいます。まずは失敗してもいい背広で挑戦してみるといいでしょう。
またダウンに関してはドライコースより手洗いの方が確実に汚れを落とすので、私は洗濯槽を洗い桶代わりにし襟や袖を部分洗いした上でダウンジャケット全体を洗い、脱水機能だけ利用しています。特に目立った汚れもなく洗うのでしたらコース洗いでいいのかもしれません。勿論中性洗剤を使ってください。ただし生地を傷めないように空気を抜いた状態で洗濯ネットに入れることをお勧めいたします。外套は2回すすぎでも洗剤分が残りやすいので、最後にもう一回多く濯いで脱水した方が安心かと思います。最後に脱水後はジャケットがペッチャンコになりますが、いじらずハンガーに掛け、乾燥後に両手でジャケットの端を持って振り、羽毛をほぐしてください。ドラム乾燥機能があればむらなくきれいにふくらみます。いずれにせよ中の羽毛までしっかり乾燥させてから仕舞わないと、翌年臭いがする恐れがあるのでご注意下さい。
















[PR]

by Blog_Maya | 2015-06-08 21:33 | diary | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 18日

トマトご飯

 主婦歴25年、正直子供の長期休みとか先日のゴールデンウイークの間、昼食を作るの面倒と思ってしまう横着者です。とはいいつつ、作らなければならないので無い知恵絞って横着メニュー考えます。その一つにトマトを炊飯器でお米と一緒に炊くトマトご飯があります。しかし先日インターネットの検索ワードに「トマトめし」というのを見つけ、しかもそれがそっくりのメニューだったので驚きました。まあ誰でも考えそうなレシピですものね。通称ネットめしというそのレシピはこちら




d0110197_10272187.jpg


お米は2合、トマトから水分が出るので水は少なめの300cc強。いつもはバターを一かけ放り込むのですが、ネットでオリーブオイルと塩、ブラックペッパーを入れるようなので従ってみました。なおネットでは大きなトマト一つですが、私のトマト炊き込みご飯はプチトマト一パック使います。もともとは余らせてしまったとか、冷蔵庫にあるのに忘れてスーパーで購入してしまったことから生まれたレシピでした。このままフタをして普通に炊きます。初めてご覧になる方は奇妙に感じるかもしれませんが、加熱されてトマトが甘くなり美味しくなるので大丈夫。


d0110197_10271329.jpg


炊きあがりがこちら。バターと違って油分が均等にまわっていて艶があるため白トビしてしまいました。


d0110197_10270211.jpg


いつもはここで乾燥バジルを入れるのですが、今日は味付けが違うのでとりあえず混ぜてみます。



d0110197_10265364.jpg


いつものレシピと味に変化があまりみられないので、バジルを振りかけ食しました。この上にチーズをのせて電子レンジでチンしても美味しいそうですが、確かに合いと思います。バターを入れるよりもあっさりとしていて美味しかったので、次回からこの方法で作ろうと思いました。ネットめし恐るべしです。







[PR]

by Blog_Maya | 2015-05-18 12:10 | 子育て | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 10日

好きなCM




最近放送されているCMで我が意を得たりというものがあります。JAバンク「アクティブシニア応援編」なのですが、一つは定年を無事迎え、後輩に見送られて花束を手に会社を後にする男性が「よし、楽しい時間のはじまりだ。」と趣味に全力を注いでこれから生きるぞという姿が小気味いいのであります。最近のお年寄りは元気です。「60代で定年退職したとしても平均寿命の80まで長い。今から老け込むのは早すぎる。人生はこれから。」という事なのでしょうね。「老後は孫が生き甲斐。」というのも悪くないけれど、孫だって大きくなったら手元にいてくれませんもの。

そしてもう一つ、息子を送り出したお母さんがとってもカッコいいのです。

駅での母と息子の別れのシーン。旅立つ息子に「向こうに着いたら、連絡するんだよ」と心配そうに呼びかける母。電車が走ると後を追って小走りしたものの去った次の瞬間!「よし、楽しい時間のはじまりだ。」とメッセージが流れ、笑顔に変わった母親は髪を振りほどきエプロンを脱ぎ捨て、元気よく歩き出すのです。 「子育ては終わった。これからは自分の時間を生きるの。」そんな子育てを終えた母親の気持ちが良く伝わります。子育てを終える前から自分の好きな事をやっている私ですが、周りのお母さんが子育てを終えて空の巣症候群になっているのを見て勿体ないと思っていました。「あなたはやることを見付けられたからいいわよ。と言われますが、ないなら見付けるまで探してみるといいのにと思います。主婦だって自分の人生歩んでいいじゃないのかと思うのですが。友人のように息子のアパートに押しかけて掃除やら世話をして来るなんて一度もしたいと思わない私です。


このような人生に前向きなシニアが増えれば、お年寄の見方も変わってくるのではと思うのでした。まあ手抜き主婦の私は「子育て終わったら、きちんと家事をしろよ。」と誰かから言われないように気をつけないと。




[PR]

by Blog_Maya | 2014-10-10 09:40 | 子育て | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 22日

親ばかとは思いつつ

d0110197_20223571.jpg


小樽の写真をポストカードに印刷しています。来年短期留学する息子のためにお土産作りなのでした。
富岡教会の夏、冬景色、貴賓館、パノラマ展望台からの景色など・・・あらかじめセレクトしたものを帰省してきた昨日息子に見せると、あっさりそれでいいというので即決定。どうせならハガキ用紙に印刷したほうが喜ばれるねと母はせっせと印刷しました。が、私の拙い写真を使うのはお金の掛からないお土産としてだと薄々分かっています。けれど今まで当たり前すぎて小樽の良さに気がついていなかった息子が家を出た事で小樽が観光地として人気が高いと分かり、少しづつ小樽への愛着が出てきたことが嬉しかったのでした。

[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-22 21:09 | 子育て | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 21日

勉強

d0110197_20393651.jpg



高校生の娘は「いいな、お母さんは勉強しなくていいから・・・。」とたまに言います。「何言ってるのよ。私だって受験して進学しているのだから一緒なのよ。」とたしなめますが、目の前でのんびりしている母親を見て羨ましく思う気持ちも分からなくはありません。

けれど実は私も今勉強しているのです。本格的に陶板画を発展させるため、影絵、抽象画、釉薬、図形、切り絵・・・手探りなので思いつくままに資料や本を取り寄せています。今平行して読んでいるのが画像の本です。しかし机にかじりついているわけでなく、リビングのソファでのんびりとページをめくっている姿を見ると娘には勉強には見えないのかなあ。もっとも自分から好きな事を勉強しているということ自体、娘とは違うのでしょうね。
娘よ、羨ましいだろう!   大人げない母はそう言ってやりたくなるのでした。でも娘も一生高校生ではないのだから今だけなのです。若いあなたの可能性は無限、頑張って乗り切って欲しいと思います。

[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-21 20:04 | その他の創作 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 31日

気持ちの切り替え

d0110197_19571636.jpg


 毎朝五時半に起き、娘を起こして一日が始まります。朝食とお弁当の支度に追われながら、なかなか起きない娘に何度も声を掛けるのは毎日のこと、そして結局一時間後には小樽駅まで送っていくのも5年間続いています。私以外の家族は寝起きが悪く、なかなか自分から動いてくれません。彼らには朝起きてすぐ台所で働く私は不思議な存在らしい。(普通の家庭では当たり前のことなのですか・・・。) なので朝の私はとっても忙しい。せめて3回で起きてくれないかしら・・・、毎朝のことなので本当にため息が出ます。

d0110197_05180457.jpg

 けれど今日ふと気がつきました。娘も来年には卒業、ということはこうやって駅に送るのもあと少し。高校生の内は朝起こしてあげますが、卒業したら自分で起きなさいと息子にもそうさせていました。本当は高校生も自分で起きるべきだと思うのですが、うちの子達は目覚まし時計を幾つも無意識に止めて寝てしまう強者なのです。卒業後どうやって息子が起きているのか遠方ゆえ分かりませんが、退学になっていないようなので大丈夫なのでしょう。こうやって娘を送るのもあと僅かなので、もう少し頑張って、この景色を楽しもうと思いました。





[PR]

by Blog_Maya | 2014-05-31 21:18 | 子育て | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 20日

朝焼け

d0110197_2282539.jpg

 ピンボケですが、最近朝焼けに出会うことが多いです。これは娘を駅まで送った帰り道、家を出る頃はもっときれいです。じっくり見たいけれど、残念ながら朝は朝食、弁当作り、そして起きない娘を何度も起こすことに時間が掛かり見られません。そうしているうちに刻々と朝焼けは変化してしまいます。
 たまにはこの時間だけでも解放されてゆっくり写真を摂りたいと思うこともあるのですが、家族の為でなければ早朝に起きることもなく、朝焼けに気が付くこともありません。だから今はちょっとだけ見られる朝焼けを楽しんでいます。
 けれど高校を卒業したら、もう起こしてあげないと決めています。早起きの必要がなくなったら朝焼けも見ることがなくなりますね。
[PR]

by Blog_Maya | 2013-11-20 22:27 | 子育て | Trackback | Comments(2)
2013年 10月 13日

理想のタイプ

d0110197_1835446.jpg

「お母さんの理想のタイプってなんだったの?」、娘が聞いてきました。 女子校に通う彼女ですが、友達の中にはどこで知り合ったか彼氏がいる人もいて興味あるようです。

私 「真面目で誠実で頼りがいのある人!」
娘 「えっ! 普通は優しい人とか言わない?」
私 「優しいなんて当たり前よ。 でも優しいだけの男なんてダメ。」
娘 「・・・・・、そうなんだ。 でも私は面白い人がいいな~。」
私 「私の理想を押し付ける気はないけど、面白いだけの人も駄目だよ。」
娘 「はい、はい。分かりましたー。」

と、ここで話は終わりました。 親バカですが、変な人と付き合うことのないようにと思います。「真面目で・・・」の三原則は今の娘の年頃には確立していました。恋に恋する時期、女子校にいるだけに彼氏に対する憧れは高まり、理想が高くなったのかも。けれど女子校出身の同級生の親しかった友人に離婚者は一人もいません。また初恋の人と結婚した人も何人かいるけど皆幸せ、あまり心配しないで大丈夫。あなたにもいつかお父さんのような人が現れるといいね。(でも「それだけは嫌だ。」って言われるかも。) 娘の初恋はまだ先のようです。
[PR]

by Blog_Maya | 2013-10-13 18:59 | 子育て | Trackback | Comments(0)