「ほっ」と。キャンペーン
2007年 04月 05日

感謝を胸に

d0110197_215873.jpg

人形を制作していることが分かると、その珍しさからか「きっかけは?」「「ご主人は許してくださってるの?」「子供もいるのに・・。」と言われる事がよくありますが、以前 内閣府発行の「生活達人」にこんなことを書いていたのを思い出しました。


「私は子供の頃から手先が器用でした。けれど大学進学では得意科目ということで親と先生に英文学科を勧められ進学します。けれど教育実習で生徒に教える難しさを知り、教師になるべきでないと悟ったのです。やはり生涯を通じて取り組める趣味が欲しいと、大学を卒業し、就職した後も自分の道を探し歩きました。

 24歳の時に素象人形を創る彫刻家の先生に出会いました。人形というと可愛らしい御人形や博多人形しか知らなかった私は師のデッサンが正確な小彫刻のような人形に衝撃を受け、弟子入りをします。時が経るにつれ仲間もでき、グループ展の参加や公募展で入選するなどしました。が、結婚、出産後、育児に専念、創作活動は休止しました。

 しかし2人の子供に恵まれ、5年過ぎた頃から、自分が名前で呼ばれなくなったことに気付きました。「〇さんの奥さん」「△ちゃんのお母さん」でしかないのです。「私はこのままでいいのだろうか」そんな思いが頭を持ち上げました。<中略>そんな私を見かねたのか、夫が「創作活動に復帰したら」と言ってくれました。制作に熱中して子育てがおろそかになるかもしれないと迷いましたが、不満を抱えながら子供に接しているよりはと、思い切って復帰しました。 最初は子供達も戸惑ったようですが、理解すると応援してくれるようになりました。<中略>「お母さんのこと尊敬してるんですよ。」と家庭訪問の時に息子の担任の先生が教えてくれました。

 今では背中を押してくれた夫に感謝しています。<中略>私は若い頃やっていたことでしたが、新たな趣味でも仕事でもいいのではないでしょうか。 子育てで手が掛るのはほんの一時です。 <中略>お母さんにとっても一度しかない人生、楽しんでもいいと思います。」
                                     (内閣府  「生活達人」より一部抜粋)


今 私が割合早い時期から制作に復帰できたのは家族の理解の他に、かつての仲間達の協力、異ジャンルの方々から受けた刺激のお陰です。私は本当にまわりの環境に恵まれました。 本当に感謝です。
[PR]

# by Blog_Maya | 2007-04-05 22:02 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2007年 03月 29日

顔は命

                                  「爽」
d0110197_21183478.jpg

「人形は顔が命」とは某雛人形メーカーのコピーですが、亡き師、小林止良於先生にも同じことを言われていました。それゆえ、顔には細心の注意を払って「品のいい美人顔」を目指して作ってきたつもりですが、作品は「作者に似ていますね」とよく言われて、ガッカリしてしまいます。まだまだ技術が足りないのだと自覚しながら、制作し続けていますが・・・。私の好きな顔は女優の黒木瞳さん、年をとっても素敵で永遠の憧れです。
[PR]

# by Blog_Maya | 2007-03-29 22:31 | 素象人形 | Trackback | Comments(2)
2007年 03月 27日

私を誘惑するもの

高山菓子舗
d0110197_1975243.jpg

ここではマドレーヌをよく買う。和菓子屋さんだけど、ここのは しっとりしていて一度食べたら病みつきになってしまった。
その他にも お彼岸頃から七月初旬まで作られる べこ餅や、時期によっては桜餅、うぐいす餅などが並ぶが 全て美味しい。 定番は大島まんじゅう、通称「稲穂まんじゅう」で こちらもしっとりとした皮で甘すぎることのない こしあんを包んでいる。 売り切れていることもしばしば。
奇をてらった新商品は一つもなく、昔ながらの基本の味を忠実に守っているという印象のお菓子屋さん。
中央通りに面しているため、通りかかると つい買ってしまう。 いけない!こうして書いているうちに、また食べたくなってしまった。

どなたか ご存知ありませんか?
[PR]

# by Blog_Maya | 2007-03-27 19:40 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
2007年 03月 25日

カメラを持ってお出かけ

札幌に住んでいた私は二十年前友人と、プチ観光でこの富岡教会に来ている。
その時は、まさか自分が小樽の住人になるとは思っていなかった。人生いつ何があるか分からない。
d0110197_1013414.jpg

カメラを持って歩いているところを知り合いに見られるのは恥ずかしい。気になって、周りをキョロキョロ見回す怪しい人物になってしまう。
d0110197_1084325.jpg

歩道橋の上でカメラを構えると、通行人が「こんなとこ撮ってどうするの?」と言いたげな視線をくれる。
少し緊張するが、「ここで一眼レフ構えてる人もいるんだ!」と励まし、コンパクトデジカメでパチリ。
d0110197_1023135.jpg

駅前のサンビルが取り壊され、あらたにツインタワーとして生まれ変わるため、この歩道橋もなくなる運命らしい。
海に臨む、素敵なスポットなのに。 時とともに小樽の街も変わり行く。
d0110197_10245710.jpg

結婚を機に小樽に住んで十七年、今ではすっかり小樽にはまってる。
[PR]

# by Blog_Maya | 2007-03-25 10:47 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2007年 03月 22日

制作過程

今日は現在制作中の作品を紹介したいと思います。
下の作品は、レオタード姿の女性がレッスン中休憩をとっている姿をモチーフにしたもの。
坐像なので上半身、脚部のデッサンを仕上げながら重心に狂いがないか確認し、腕部や顔部、髪へと粘土付けしていきます。ここで粘土を取ったり、付けたりの作業が苦しくも楽しいのですが、長いんですよ私は。技術が向上すれば、もっと早く出来上がると思うのですが、なかなか・・・。
よく驚かれますが、頭から金串が刺さっているのは出来上がるまで長期に及ぶため、粘土が下がってくるのを抑える仮止め。正面からは見えませんが、背中のほうからも彫刻用の支柱を差し込んで土台に固定しています。それでも下がってくるんですよ、粘土って。これは白土で素焼き(テラコッタ)で仕上げる予定。その他の種類の粘土、仕上げ方法がありますが、それは徐々に作品とともに紹介してしていきたいと思います。
d0110197_202165.jpg

次は使用している道具です。右二本は彫刻用の鉄ベラ、その次の六本は陶芸用つげべら、かきべら等、その他は製図用のもの。他に歯科で使うスパチュラといったものもあります。つまり使って便利だと思ったものは何でも利用するので、これからも増えるかもしれません。
d0110197_22201555.jpg

[PR]

# by Blog_Maya | 2007-03-22 21:33 | 素象人形 | Trackback | Comments(2)
2007年 03月 20日

花を撮るのって 難しい・・・

花が嫌いな女性は少ないと思う。
d0110197_16452531.jpg

結婚記念日に花束を貰えなくなって何年経っただろう。
d0110197_16443097.jpg

一厘でも嬉しいものなのに・・・。
d0110197_1784030.jpg

でも 記念日は必ず覚えていてくれる。
d0110197_16355475.jpg

毎年 記念日を家族で祝う、それって充分幸せなこと。そう思うことにしよう。
[PR]

# by Blog_Maya | 2007-03-20 17:22 | | Trackback | Comments(0)
2007年 03月 20日

この冬は降雪が少ないので雪あかりの路や札幌の雪まつりでは雪の確保に大変だったというのに、三月になってまとまって降り始めだした。今年は春が早いと期待していただけにガッカリしてしまう。
子供の頃、芽を出すクロッカスや水仙、チューリップ、鈴蘭をわくわくしながら毎日庭に見に行って、靴を泥だらけにしていたのを思い出す。花が終わると球根がやせないように毎年家族総出で掘り返して違う場所に植えていた。そんなに広い庭でもないけれど、一日がかりの大変な作業だったと覚えがある。あの頃の両親は若かったと、懐かしんでいて気が付いた。今の私は その当時の母と同じ年頃になっている。
d0110197_11597.jpg

                                 「読書」
[PR]

# by Blog_Maya | 2007-03-20 01:13 | 素象人形 | Trackback | Comments(4)
2007年 03月 18日

はじめまして

小樽に移り住んで十七年の摩耶です。
私のライフワークでもある自作の素象人形の紹介と、住み慣れた小樽での日常を綴っていきたいと思います。
ブログもカメラも初心者ですが、宜しくお願いいたします。
d0110197_040027.jpg
                               「想う」

ブログを勧め、いろいろ教えてくださったRuka氏、Mamuchoさん、そして写真転送の仕方を教えてくださったI_nosato氏、本当にありがとうございました。
[PR]

# by Blog_Maya | 2007-03-18 00:49 | 素象人形 | Trackback | Comments(4)
2006年 01月 25日

プロフィール

 子供の頃から手芸や家庭科が好きでした。親に勧められて進学したのは中高一貫の女子校、高校受験をする必要のない私はそこで自分は将来何をしたいのか、ずっと考えていました。「手仕事に携わりたい。」、そう漠然とした思いはあったものの親の理解が得られず、文系の大学に進学します。けれどその思いは消えず、ずっと「何か」を探していました。振り返ると、それは自分探しの旅だったように思います。アートフラワー、皮工芸、バック作り、紙粘土、ビーズアクセサリー・・・様々な手芸に手を出しましたが、それでは飽き足らなくなっていました。「もっと奥深いものを。」、そこで出会った彫刻家の師との、素象人形という世界の出会い。芸術一般の知識は勿論、仏教にも造詣が深い師、そして可愛さを追求した「お人形」とは真逆の、素象人形という無駄を省いた正しいデッサンを基本とした表現技法に魅入られました。「生涯を通じてやっていきたい。」、大学卒業後そういうものにようやく出会えたのです。しかしながら師に学べたのは僅か3年半、その後は独学ですが、今も天国で師が見守ってくださってると信じ、創作しています。


略歴

1988年 彫刻家小林止良於氏に師事

1990年 第65回道展入選

1933年 育児のため創作活動休止

2000年 活動再開

2003年 個展「素象人形展」 オーセントホテル小樽

2005年 内閣府発行「生活達人見本市」 作品と紹介が掲載される

2011年 個展「素象人形と陶創作の世界」 らいらっくぎゃらりー札幌

2012年 個展「素象人形と陶版画展」 オーセントホテル小樽

2014年 個展「LE SOURIRE」 カフェ&ギャラリー菜はな
















[PR]

# by Blog_Maya | 2006-01-25 22:06 | プロフィール | Trackback | Comments(0)