2014年 09月 17日

久しぶりの街撮り

d0110197_20400069.jpg



窯を買うことが決まってから8月の展示会まであっという間に時間が過ぎていき、あまり撮っていませんでした。


d0110197_20394873.jpg




久しぶりに歩いた錦町、目についたものをとりあえず撮ってみる。




d0110197_20401407.jpg



生憎雨が降ったり、やんだりでしたが、カメラを持って歩くのは久々のドキドキ感がありました。       (続く)
                                                       







[PR]

# by Blog_Maya | 2014-09-17 21:00 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日

通りすがりのご縁

d0110197_19300516.jpg





青空の日に外出した時この富岡教会の前を通った時は撮りに寄る事が多いのですが、今日は手前の木陰でスケッチされているご婦人にお会いしました。「本当は札幌から仲間と一緒にスケッチに来る予定だったのですが、連絡ミスで集合場所の駅に誰も来なかったので意地になって一人で来ました。」とおっしゃいます。「宜しければ教会の中をご案内しましょうか。」と自然に言葉が出ました。


d0110197_19301579.jpg



富岡教会は昭和4年建設の歴史的建造物。正面中央の赤い八角尖塔とその上の十字架が目に付くゴシック様式の教会で構造は鉄筋コンクリートと木造です。正面外壁と玄関は重厚な外観、側面の一階部分が煉瓦貼りで二階部分は軟石積み。内部は一階は天井が低い集会室、二階は礼拝堂で天井が高く、白漆喰の壁に鮮やかな色ガラスを組み合わせたアーチ窓が特徴です。拙い説明ですが、微に入りじっくり見てくださり、最後に「今日は最悪だと思ってここに来たのですが、いいこともありました。」とお礼を言ってくださいました。私も思いがけず温かい気持ちで家路に着くことが出来た日でした。














[PR]

# by Blog_Maya | 2014-09-13 20:47 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日

無駄にはしない

d0110197_23420549.jpg


陶板画の彩色にエアブラシを使おうと購入した小型コンプレッサー、これがまだ活用できていません。エアブラシの使い方が難しいのです。最初は教室に通うつもりだったのですが、なんと札幌市内にないことが分かりました。ガーン!!小樽にはなくとも札幌にだったら一つくらいあると思っていたのですが・・・。こうなったら我流でやるしかないとトライしたのですが、上手くいきません。本にある通りにならなくて一時期放り投げていまいました。けれどやはり私がやりたいモチーフはエアブラシなしに出来ないのです。こうなったら不安はありますが、通信講座を受けてみようと思います。決して無駄にはしないで使いこなせるように頑張ります。








[PR]

# by Blog_Maya | 2014-09-13 00:03 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 08日

空はもう秋

d0110197_17125630.jpg




久しぶりに天狗山に行きました。小樽市の中心部より南西に位置し標高532.4メートル。展望台からの眺めは小樽港や石狩湾、晴れた日は積丹半島、暑寒別連峰(増毛連山)を望むことが出来、小学生の登山遠足の定番、冬はスキー場として市民に親しまれています。天狗山の名前の由来は諸説ありますが、山中に天狗火(火や煙)が見えて天狗が棲んでいると言われたというのが有力らしいです。いわゆる天狗伝説なのでしょうね。



d0110197_17130545.jpg




ここからの雄大なパノラマ夜景は函館山、藻岩山と並ぶ北海道三大夜景に数えられていて確かに見事な景色なのですが、昼間の景色も市街地が箱庭のように見えて私は好きです。昨日は清々しい青空、でもすっかり秋空になっていることに気がつきました。




天狗山に小動物
[PR]

# by Blog_Maya | 2014-09-08 17:46 | diary | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 05日

増刷

d0110197_17142341.jpg




 私は妙に引っ込み思案なところがあって、個展の案内もごく親しい友人には送るものの近所の知人に配ることをためらい、後から新聞で知って黙っていたことを怒られることがあります。 知人の個展なら躊躇なく営業活動出来るのに自分の時にあまりPR出来ません・・・、そんな事ではいつまで経っても素象人形を広められないと思うのですが。

 ある日いつも応援してくださる先輩作家に個展の作品を収めたフォトブックをプレゼントしました。と、ここで思いがけないことが。先輩が自分の友人に見せると「これ、いただけますか?」と言ってくださるのです。私とは初対面なのに「欲しい」と言葉が出るのは多少なりとも作品に興味がなければ出ないのではないでしょうか。ならばそういう方に差し上げてもいいと思いました。正直コストが掛かるので闇雲に配る訳にはいきませんが、ちょっと多めに注文しました。
 
 以前はホームページを立ち上げて素象人形をたくさんの人に見ていただこうと思っていましたが、個展を何度か開催して実物を見ていただいているうちに、やはりインターネットでは伝わりきらない事が分かりました。素象人形と彫刻の違いの持論も載せ、素象人形の理解を促せたらいいと思います。今後個展を開催ごとに2巻3巻と作ることも考えていますが、反応が良ければ、個展の際に実費で販売してもいいかもしれません。(それはちょっと調子のり過ぎ?)
どれくらいの効果があるか分かりませんが、何もしなければ始まりません。素象人形の周知のため、とにかく用意しておこうと思います。









 

[PR]

# by Blog_Maya | 2014-09-05 17:17 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 31日

たおやかな調べに

d0110197_00012296.jpg



昭和2年建築の小樽市の歴史的建造物、坂牛邸はアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトに師事した田上義也氏(たのうえよしや)の設計です。薄緑色の横羽目板打ちの腰壁と白い漆喰塗りが調和した外観で応接間は六角形になっているなど、モダンな洋館。以前有名な人形作家さんが個展を開催された時お邪魔していました。「私もここで個展を出来たら素敵だけれど、私の作品では建物に負けてしまうから無理。」と思っていました。

 

 今年6月に知人からここで8月30日ライブをする人がいると伺いました。しかもその演奏者を聞いてビックリ。以前知人宅でCDを聞き、その凛として温かい音色に感動し、即CDを買い求めた六ッ森ご夫妻だったからです。箏と尺八で自ら作曲した洋楽を演奏する、あのしなやかな感性のお二人に会える!その上あの趣ある建物でこの演奏を聴けるなんて素敵!! 先日告知した通り、この日を楽しみにしていました。



d0110197_08031241.jpg



 実は私、音楽は苦手なので昨日の演奏がどのように素晴らしかったか上手く言い表せないのですが、40人の聴衆がそのたおやかで優しい調べに魅了された1時間半でした。そしてライブの後で知人がここで来年個展をすると耳にします。「やはり私もここで個展をしたい!」、ライブで勇気をもらったのか?図々しくなったのか?そんな事を考えたライブの帰り道でした。













[PR]

# by Blog_Maya | 2014-08-31 08:16 | 鑑賞 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 25日

お知らせ  乾 英男 写真展 「小樽スケッチ」

d0110197_16500285.jpg


 ちょっと早いですが、今日は写真展のお知らせです。日頃お世話になっているainosatoさんの二回目の個展「小樽スケッチ」がオーセントホテル小樽で9月11日より20日まで開催されます。現在札幌在住ですが小樽出身のainosatoさん、小樽の日常の変貌を丁寧に切り取った作品がギャラリーに並びます。故郷小樽を心から愛し、長年街を撮り続けているからこそ出来る個展です。是非ご覧下さい。

 ご本人にも是非お会いしたいという方は十日間の期間のなかでainosatoさんが在廊される期間を近くなったら二つのブログhttp://ainosato02.exblog.jp/
http://otaruai.exblog.jp/に掲載されると思いますのでご覧になってから行かれてもいいかと思います。
(何故かリンク貼れませんでした。)





乾英男 写真展 「小樽スケッチ」

2014月9月11日(木)~20日(土)AM10:00~PM6:00(最終日はPM3:00まで)
オーセントホテル小樽 1階ギャラリー
小樽市2-15-1 都通・浅草角)
0134-27-8130


[PR]

# by Blog_Maya | 2014-08-25 17:15 | 鑑賞 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 23日

ありがとうございました。

d0110197_22043277.jpg



 無事搬出も済み、陶展終了いたしました。今回は専用のギャラリーではなく、お客さんは食事が目当てでいらっしゃいます。素象人形以外の私の陶創作のみの出品でどこまで見て頂けるかという挑戦でもありました。けれどおおむね好評だったようで一安心です。普段と異なるギャラリーに私も作品を違った視点から観ることが出来て、ちょっとしたヒントも浮かびました。
 
 そのためには技法を絞る必要性があります。何でも出来るのがいいのではなく、一つか二つの技法の精度を高めていかなくてはならないと以前から感じていました。それが今回の展示で絞れてきたのが収穫です。今度またこのギャラリーに戻ってきた時にはもっと進化した作品を並べられるよう頑張ります。
 
 お越し下さった方々、そして菜はなのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。




[PR]

# by Blog_Maya | 2014-08-23 22:24 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 16日

ヘルシーランチ

d0110197_07552676.jpg




 ギャラリーとなっている菜はなは以前から通っていたレストランです。管理栄養士が考えた化学調味料を一切使わない、野菜にこだわりを持ったメニューばかり。こちらは日替わりの菜はなランチ、880円。道産玄米を圧力鍋で2時間じっくりと炊きあげた小豆入りのもちもち玄米、勿論苦手な人には白米も用意されています。そして豆サラダ、こちらの玉ねぎドレッシングが私はお気に入りです。この日は他にマリネ風総菜、だし玉子焼き、昆布の煮物、手作り豆腐と手間暇の掛かったメニューを堪能しました。他にも日替わりパスタ、スープカレー、とろとろオムライスなど全てヘルシーレシピです。
 
告知の時も書きましたが、こちらのレストランは本当にお勧めです。子供メニューが充実しているのでお子様連れが普段多いですが、昨日はお盆と言うこともあって祖父母と一緒の三世代でのお食事シーンがあっちこっちで見受けられました。オーナーはまだお若いご夫婦、これからも末永くお世話になりたいお店です。


菜はな
小樽市最上1-3-13 駐車場あり
11:00~16:00(L.O15:00) 水曜日定休
0134-24-1713








[PR]

# by Blog_Maya | 2014-08-16 13:49 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 12日

取材の中で

d0110197_21251781.jpg




 今回は小さな展なのですが、取材に来てくださり初日から昨日まで4人の記者さんにお会いしました。「今回のテーマは何ですか?」とか「どれくらいのキャリアなのですか?」とかいろいろ聞かれます。その中で「陶板画の発想やモチーフはどのようにして生まれるのですか?」というものがありました。日頃気にしたことがなかったのですが、どうなんだろう?よく考えてみると、ふと頭に浮かんできたものをメモしたり、散歩している野良猫の後をついて行ったり、バスに乗っていて前の座席の人の洋服が気に入り、降りてからデッサンしたりと他愛のない事が多いのです。こんな答え、記者さんにとって期待はずれじゃないかなと思っていたら、「日常生活の中からアイディアが生れてくるのですね。」と受けとめて下さいました。そうなんだ、私の創作は主婦として日々過ごしている中から生まれてくるものなのだと分かりましたした。そしてそれは素象人形を作る際も変わりません。

 別段特別なことでなくていいのだと思いました。作品が出来るとき、その時に大事なのは何が出来たかではなく、どのように作ったかが重要だと思うのです。本を読んだり資料を取り寄せたりすることもあります。それは当然のことですが、一番なのは主婦として生活の基盤があっての創作、それ抜きにこれらの作品はうまれませんでした。つまり、作品の向こうには作り手の生き方があり、それがあってこそ次はもっといいものをと目指すものなのです。と、気がついた途端、家の事が気がかりになりました。展の準備で手抜き家事だったのです。そこをおろそかにしたら駄目じゃん。(汗)


[PR]

# by Blog_Maya | 2014-08-12 21:15 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)