ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 29日

今年は小梅から

d0110197_22444526.jpg


 昨年 減塩梅干しの甘さが嫌で漬けた昔ながらの梅干しを漬けましたが、概ね好評でした。けれど主人が「カリカリの小梅も好き」というので、面倒だけれど今年は1キロだけ小梅を買いました。同じ1キロでも普通の梅のサイズに比べて小梅は数が多いので、なり口に付いているホシ(小枝)を取る作業が3倍手間なのです。

d0110197_22441732.jpg


 地道に爪楊枝でホシを取り瓶漬けにしました。ふう、老眼で小梅で10キロも20キロも漬けるのは無理だと思います。
カリッとしたのが好みだというので青梅で漬けました。これは重石が要りません。時々瓶ごと振って塩を回します。普通サイズの梅が出回るのは来月の半ば位。今年は2Lサイズの梅干しの他に娘が所望する梅サワーを漬ける予定。まだ2回しか漬けていないけれど梅作り、毎年の恒例行事になりそうな気がしてきました。











[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-29 09:04 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 24日

撮りっぱなしは駄目

d0110197_22431070.jpg

 
 春休みの長崎旅行から大分経ったのですが、ようやくフォトブックを作りました。同時期に友達をディズニーランドに行った娘の分も合わせの注文です。 フィルムからデジタルカメラに移行してから撮ってもパソコンに取り込んだままで放っておく事が多くなってしまいました。そうなると後から見ることがありません。フィルムの時代は必ず現像に出していたのにパソコンで見られると安心してしまって、写真を見るためにわざわざパソコンなんて開けません。やはりきちんと形にしなきゃ駄目だと思い、機会あるごとにフォトブックを作ると決めました。

 今インターネットで「フォトブック」と検索すると数え切れないくらいの種類が出てきます。サイズやページ、画像の質、レイアウトの自由度も選びたい放題です。価格も競争が激しいのか以前より安価になってきました。しかも一冊から作れるので手軽です。
娘も最初はたいした写真無いので要らないと言ったのですが、記念に一冊作ることを勧めました。一緒にピックアップした写真の中にはおきまりのディズニー風景の他に


d0110197_22435195.jpg
クリーンボーイが水で描いたドナルドダック、

d0110197_22435419.jpg

待ち時間に友達と摂った影写真とか楽しいものもあり、結構いいじゃん(親バカ)。


d0110197_22440112.jpg

うーん、これに目に留まったということは娘もあの方の影響を受けたのね003.gif








[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-24 23:31 | diary | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 18日

トマトご飯

 主婦歴25年、正直子供の長期休みとか先日のゴールデンウイークの間、昼食を作るの面倒と思ってしまう横着者です。とはいいつつ、作らなければならないので無い知恵絞って横着メニュー考えます。その一つにトマトを炊飯器でお米と一緒に炊くトマトご飯があります。しかし先日インターネットの検索ワードに「トマトめし」というのを見つけ、しかもそれがそっくりのメニューだったので驚きました。まあ誰でも考えそうなレシピですものね。通称ネットめしというそのレシピはこちら




d0110197_10272187.jpg


お米は2合、トマトから水分が出るので水は少なめの300cc強。いつもはバターを一かけ放り込むのですが、ネットでオリーブオイルと塩、ブラックペッパーを入れるようなので従ってみました。なおネットでは大きなトマト一つですが、私のトマト炊き込みご飯はプチトマト一パック使います。もともとは余らせてしまったとか、冷蔵庫にあるのに忘れてスーパーで購入してしまったことから生まれたレシピでした。このままフタをして普通に炊きます。初めてご覧になる方は奇妙に感じるかもしれませんが、加熱されてトマトが甘くなり美味しくなるので大丈夫。


d0110197_10271329.jpg


炊きあがりがこちら。バターと違って油分が均等にまわっていて艶があるため白トビしてしまいました。


d0110197_10270211.jpg


いつもはここで乾燥バジルを入れるのですが、今日は味付けが違うのでとりあえず混ぜてみます。



d0110197_10265364.jpg


いつものレシピと味に変化があまりみられないので、バジルを振りかけ食しました。この上にチーズをのせて電子レンジでチンしても美味しいそうですが、確かに合いと思います。バターを入れるよりもあっさりとしていて美味しかったので、次回からこの方法で作ろうと思いました。ネットめし恐るべしです。







[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-18 12:10 | 子育て | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 16日

お腹の話

d0110197_12351615.jpg



 突然ですが、我が家の常備薬の一つです。実は私お腹が弱いのです。きっかけは自動車免許を取った時でした。朝主人と幼稚園児の息子にお弁当を作り、幼稚園に送った後、2才になったばかりの娘をなだめすかして託児所に預け、自動車学校で講習が終わると即娘を引き取り、自宅に帰る前に息子を迎えに行く。帰ったら二人の相手をしながらお菓子を作り、夕ご飯の支度をする。食事の後は主人と分担してお風呂に入れますが、寝かしつけるのは私の仕事、二人が寝たら起きて講習の復習をしたいと思うのになかなか寝てくれない・・・。今思うとお弁当は冷凍食品を使ったりしても、お菓子だって手作りにこだわることなかったのにと思うのですが、その当時は必死でした。その結果体調を崩し、急性腸炎になってしまったのです。懲りて教習中は市販品を利用したり適当に家事の手を抜いて無事免許は取得したのですが、それ以来疲れると即お腹の調子が悪くなるのが癖のようになってしまいました。頻繁にそうなると病院に行くのも面倒になり、正○丸を飲むようになりました。が、ある日薬剤師の友人に聞いたところ、正○丸は悪い菌も良い菌も両方殺すから頻繁に使わない方がいいと、上の薬を勧められました。これはお腹にいい乳酸菌を増やしてくれるもので副作用もないから安心だよと。それ以来常備薬になりました。お腹の調子が怪しくなったら一回3錠のところ4錠飲みます。

 腸についても調べました。人間の腸には100兆もの細菌が存在するしていて、これらの細菌はお腹だけでなく、脳や心の健康維持にも関わっているそうです。善玉菌で有名な乳酸菌、ビフィズス菌は腸の運動を活発にし感染症を予防してくれます。また反対に腸菌や黄色ブドウ球菌などは下痢や便秘を引き起こしたり、大腸ガンにかかりやすくさせる悪玉菌で知られていますが、これらは腸内細菌のほんの一部でしかありません。腸って実は第二の脳と言われるほど重要な臓器で、思いの外たくさんの働きがあるのです。腸は消化、吸収を担当する小腸と、便を作る大腸で成り立っています。小腸には細菌からウイルスから身体を守る免疫機能が備わっていますが、大腸は仕組みが単純なため重要視されていませんでした。しかし最近になって大腸にすんでいる腸内細菌が健康を左右することが分かったそうです。小腸と違って大腸は酵素が少ないため、細菌にって住み心地が良く数多く住み、結果大腸は病気の発生源になりやすいと言えます。こう書くと腸が病気の源のようですが、反面免疫細胞の7割が腸管に集中していて多くの有害ウイルスや細菌を腸で退治して体内に吸収させないようにしたり、精神を安定させるハッピネスホルモンと呼ばれるセロトニンを90%腸が作っていたり、独自の神経ネットワークを持っていて消化吸収などを担っているなど、腸って働き者なのです。

 腸内細菌って大事なのね、と思っていたところに友人から衝撃的な話を聞きました。彼女の息子さんは歯学部に通っているのですが、朝歯を磨くべきだと説くのです。それは朝起きたとき口内細菌はトイレの便器に張り付いている菌数に匹敵するからだと!! 普段口内は腸から腸内細菌が上がってくるのですが、唾液が退治します。けれど就寝時には唾液量が減るため抗菌作用が低下して細菌がネズミ算式に増えるのだそうです。そのままの状態で朝食を摂ると全て体内に入ってしまうため、起床時に唾も飲むのもやめて歯磨きするべきだというのです。それを聞いて以来私も朝起きてすぐ歯磨きをするようになりました。なお歯磨き粉を付ける必要はありません。歯周病の予防にもなるそうです。今では朝磨かないと気持ちが悪いようになりました。先日のテレビでも朝起きたときの口内は10グラムの便の細菌数に相当すると医師が説明していましたが、やはりそう聞くとギョッとしますよね。

 最近お腹の調子の悪いときは発酵しやすいもの(いも類、砂糖、酸味の強い果実)、脂肪分の多いもの(多脂肉、赤身魚、ハム、ベーコン)、腸を刺激するもの(カレー粉、わさび、香辛料、炭酸飲料など)、繊維の多いもの(ゴボウ、レンコン、切り干し大根、パインなど)、こんにゃく、昆布、ひじき、貝類などを避け、牛乳も下痢になりやすいのでヨーグルトに代えます。ヨーグルトは○○菌とか△△菌や□□菌入りのものがあっちこっちのメーカーで販売されていてテレビ情報では「自分に合う菌を探すために3週間くらい同じヨーグルトを食べ続けて様子をみる」と勧めていましたが、私はセールで安くなっているメーカーのものをついカゴにいれてしまうので試したことがありません。それでも気をつけているので昔のような酷い状態にはならなくなりました。長くなってしまいましたが、腸の健康も大事というお話でした。












[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-16 13:09 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 10日

小樽の案内

d0110197_23202412.jpg


今年のゴールデンウイークも来客を案内していました。 今年はちょっと桜の時期が早くて案内スポットを考えなくてはならなかったのですが、皆満足して帰ってくださったようで何よりでした。「運河・鮨・ガラス」で有名な小樽ですが、私の案内は15年ほど前から小樽の歴史的建造物が中心です。運河や寿司、ガラスが小樽観光の目玉のようになっていますが、本当の小樽の財産は北海道開拓時代首都として栄えた時代の建物だと思います。それを解説し、つぶさに見ていただくのが私のメインの案内です。



d0110197_23463502.jpg




知り合いに「そんなに案内するのが好きなら仕事にしたらいいのに」と言われますが、仕事にしてしまったら、意を曲げて案内しなければならないことが多くなります。一方ガイドブックを片手に小樽の運河・寿司・ガラスだけにしか興味がないお客さんにとって私の案内スポットは退屈なだけで無駄な時間になるでしょう。確かに運河や堺町の観光エリアを案内することはありますが、私がそこで費やす時間は1時間がせいぜい、大半は歴史的建造物や景観のいい展望台への案内になります。



d0110197_23082572.jpg


 北海道ツアーでは小樽の滞在時間が2時間から3時間というところが多いですが、私は3日間案内できます。ある意味私は小樽マニアなのかもしれません。でもそれでいいって言ってくれる人がいる限り、小樽の奥深さを知って欲しくて案内します。小樽に住んで25年、もう第二の故郷なのでした。












[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-10 23:39 | diary | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 06日

これも子離れ?

d0110197_858121.jpg
                                                  「薫風」




 この作品は札幌の個展に展示した際に来客から「買いたい」というお話がありました。確かに公募展の入選歴等からある程度決まった価格というのはあります。けれどその時は素象人形に関して販売は念頭になく、私も積極的になれなかったので話は流れました。しかし小樽で展示後も何件か問い合わせがあったのです。作品を買いたいと言っていただけるのは最高の褒め言葉、作家冥利です。そんな作品を作ることが出来たのだと受け止め、ご縁のあった方に手放す決意をしました。

 「薫風」は半抽象に初めて挑戦した作品です。正直陶板画やアクセサリーなどの陶創作と違い、我が子を手放すような寂寥が広がりました。けれど幸い購入者は「もし展示する機会があればお貸しします」と言ってくださるので、また再会する機会もあると思います。そしてこれからこれ以上の力を持った作品を生みだせるよう頑張ろうと思いました。





[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-06 09:36 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 04日

遅すぎました

d0110197_09283706.jpg


長い人は16連休も取れたらしいですが、我が家はカレンダー通りのお休みです。それにしても今年は桜の開花が早すぎ。気持ちにゆとりがなくて撮りに行けませんでした。

d0110197_09285186.jpg


一昨日遅まきながら桜を見に行こうと探したのは小樽商科大学、ここは正門の桜がきれいなのですが、ハラハラとはなびらが舞っていました。もう終わり頃なのですね。 


d0110197_09285797.jpg

祝日なので人影はまばらです。


d0110197_09290592.jpg

大学の裏手からは見晴らしがいいです。校舎が高台にあるのですから当然ですね。けれど葉が茂るとこの景色は見えなくなるので今の時期限定なのでした。



d0110197_09291120.jpg

これは千島桜、手宮公園で唯一咲いていた品種です。こちらのソメイヨシノは終わっていました。あと八重桜はつぼみがふくらんでいたのでこれからなのだと思います。


d0110197_09291942.jpg

ここからの眺めもいいのですが、ズームで寄ってみたら、


d0110197_09292796.jpg



[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-04 09:49 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 01日

写真展 小樽スケッチ

d0110197_13093069.jpg

小樽が大好きで週末に撮り歩くことがライフワークのainosatoさんの3回目の個展初日です。今日は平日なのに朝から人が途切れません。
さすが人気ブロガーさんです。私は今日はさらりと見るだけにして、後日ゆっくりと拝見することにしました。
「ここはどこ?」「錦町のあそこじゃない?」、そんな会話で楽しまれる方が多いです。


d0110197_13103725.jpg
観光地ではない普段着の小樽、そんな小樽の良さを私が知るきっかけになった方です。小樽歴25年の私ですが、小樽スケッチ を拝見すると時々ハッとする画像があります。普通なら見落としがちな味わいのある情景、小樽にはたくさんあるよとainosatoさんからのメッセージ。 今はない懐かしい建物もスケッチ加工という愛情フィルターを通して見るとほっこりと懐かしさが込み上げてくるのでした。


d0110197_13102009.jpg

今年はかねてより要望の多かったふわラーのポストカードも展示販売されています。 数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにお越し下さい。
また作者にお会いしたい方は事前に在廊予定をチェックされてください。


「小樽スケッチ 写真展」
5月1日~10日 10:00~18:00(最終日15:00まで)
オーセントホテル小樽 1Fギャラリー
小樽市稲穂2-15-1
*5/1から5/5は10:00から21:00まで










[PR]

# by Blog_Maya | 2015-05-01 13:45 | 鑑賞 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 30日

旅行の終わりに

d0110197_20441409.jpg

二泊三日の日程で他にグラバー園と鎖国時代オランダ貿易の拠点として築造された人工島、出島和蘭商館跡、これだけでも訪れた甲斐があったと思います。

d0110197_20401291.jpg



また観光スポット以外あまり計画せずに行き当たりばったりで歩きました。
路地裏を歩くと面白いものも見つかって楽しいのです。

d0110197_20400222.jpg

歩いていて気が付いたのは長崎の人たちがとても親切なことでした。電車の停車場で乗車方向に迷っていると声を掛けて下さり、また別のところで眼鏡橋に行くと話すと「『賑橋』の方が近いですよ。」とガイドブックより正確な情報を教えて下さいました。


d0110197_20413824.jpg

また長崎市の観光案内所には英語、中国語、ロシア語に対応していて、パンフレットも豊富にありました。それに私は参加しませんでしたが、主要拠点で定期的にボランティアガイドが解説をしてくれるのです。


d0110197_20402402.jpgd0110197_20412452.jpg










 ある学芸員の方の話ではグラーバー園は市が観光客の便宜を計るため点在していた6棟の洋館を移築復元したものだそうです。確かに坂の多い長崎に全ての洋館を元の場所で巡るのは大変だったと思いますが、そのために移築するとなんて凄い!同じ観光都市の小樽ですが、長崎とは規模が違いすぎて同じ事は出来ません。

 また長崎の人は皆自分の街に誇りを持っています。けれど小樽は北海道開拓時代の首都として栄えた悠久の歴史的建造物が数多く残っていて、二年前に旅行された学芸員さんにも「小樽も素晴らしい街ですね。」と言っていただけました。私達小樽人ももう少し小樽の良さを知り、観光客が地図を持って迷っていたら気軽に声を掛けて差し上げる、そんなささやかなもてなしの気持ちを持ち続けたいと思いました。

長崎、機会があればまた行きたい街です。


















[PR]

# by Blog_Maya | 2015-04-30 13:56 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 26日

250年ぶりの信徒発見  浦上天主堂

d0110197_19375473.jpg



 長崎の出島での中国、朝鮮、オランダとの貿易を除いて200年以上鎖国を続けていた日本も1853年アメリカの海軍提督ペリーの来航により遂に開国を余儀なくされました。それに伴い長崎にも外国人居留地が造成され、当時まだ禁教令下でしたが在留外国人の希望で礼拝を行う教会が建立されることになり、1864年(元冶元年)中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の大浦天主堂が完成しました。直前に列聖されたばかりの日本二十六聖殉教者に祈りを捧げるため、正面は彼らが殉教した西坂の丘に向いて建っています。翌年1865217日、ジラール教区長により天主堂は「日本26聖人殉教者天主堂」と命名されましたが、地域の人々はフランス人のために建てられたため「フランス寺」と呼んでいました。



d0110197_19380945.jpg


 翌月から珍しい西洋風の建物を一目見ようと見物人が訪れるようになりました。ある日聖堂内で祈るプチジャン神父に「ワタシノムネ、アナタトオナジ」、とささやいて信仰告白した日本の婦人たちがいました。神父は驚き、大喜びで彼らをマリア像の前に導きます。世界の宗教史上、類を見ない劇的な信徒発見でした。その後、五島、外海、神の島など長崎県の各地から、また遠くは福岡県の今村からまでも、うわさを聞きつけたキリシタンたちがやってきたと言われています。実に7世代、250年もの長い間、仏教徒を装いながら、内にキリストへの熱い信仰をもって、代々伝え聞いた信仰を守りとおしてきた隠れキリシタンと呼ばれる信者達がいたことが明らかになったのでした。長年押しつけられた檀家を捨てる宣言をした彼らに対し長崎奉行所はうかつにキリシタンを迫害すると諸外国から非難される恐れもあり慎重に状況が調べましたが最終的には信者ら68人が捕縛し、激しい拷問をしたのでした。

 この後、明治維新によって日本は新しい政権に移り変わりますが、明治政府は江戸幕府のキリシタン弾圧を踏襲し、3000人以上の信者を流罪にしました。しかし「信仰の自由を国民に与えない国は野蛮である」という諸外国の軽蔑が平等条約の締結の障害になっていることに初めて気が付いた政府は、1873年ようやくキリスト教禁制の高札を撤去します。こうして禁教令以降続いたキリシタン弾圧の歴史に終止符が打たれたのでした。














[PR]

# by Blog_Maya | 2015-04-26 11:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)