「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 30日

旅行の終わりに

d0110197_20441409.jpg

二泊三日の日程で他にグラバー園と鎖国時代オランダ貿易の拠点として築造された人工島、出島和蘭商館跡、これだけでも訪れた甲斐があったと思います。

d0110197_20401291.jpg



また観光スポット以外あまり計画せずに行き当たりばったりで歩きました。
路地裏を歩くと面白いものも見つかって楽しいのです。

d0110197_20400222.jpg

歩いていて気が付いたのは長崎の人たちがとても親切なことでした。電車の停車場で乗車方向に迷っていると声を掛けて下さり、また別のところで眼鏡橋に行くと話すと「『賑橋』の方が近いですよ。」とガイドブックより正確な情報を教えて下さいました。


d0110197_20413824.jpg

また長崎市の観光案内所には英語、中国語、ロシア語に対応していて、パンフレットも豊富にありました。それに私は参加しませんでしたが、主要拠点で定期的にボランティアガイドが解説をしてくれるのです。


d0110197_20402402.jpgd0110197_20412452.jpg










 ある学芸員の方の話ではグラーバー園は市が観光客の便宜を計るため点在していた6棟の洋館を移築復元したものだそうです。確かに坂の多い長崎に全ての洋館を元の場所で巡るのは大変だったと思いますが、そのために移築するとなんて凄い!同じ観光都市の小樽ですが、長崎とは規模が違いすぎて同じ事は出来ません。

 また長崎の人は皆自分の街に誇りを持っています。けれど小樽は北海道開拓時代の首都として栄えた悠久の歴史的建造物が数多く残っていて、二年前に旅行された学芸員さんにも「小樽も素晴らしい街ですね。」と言っていただけました。私達小樽人ももう少し小樽の良さを知り、観光客が地図を持って迷っていたら気軽に声を掛けて差し上げる、そんなささやかなもてなしの気持ちを持ち続けたいと思いました。

長崎、機会があればまた行きたい街です。


















[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-30 13:56 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 26日

250年ぶりの信徒発見  浦上天主堂

d0110197_19375473.jpg



 長崎の出島での中国、朝鮮、オランダとの貿易を除いて200年以上鎖国を続けていた日本も1853年アメリカの海軍提督ペリーの来航により遂に開国を余儀なくされました。それに伴い長崎にも外国人居留地が造成され、当時まだ禁教令下でしたが在留外国人の希望で礼拝を行う教会が建立されることになり、1864年(元冶元年)中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の大浦天主堂が完成しました。直前に列聖されたばかりの日本二十六聖殉教者に祈りを捧げるため、正面は彼らが殉教した西坂の丘に向いて建っています。翌年1865217日、ジラール教区長により天主堂は「日本26聖人殉教者天主堂」と命名されましたが、地域の人々はフランス人のために建てられたため「フランス寺」と呼んでいました。



d0110197_19380945.jpg


 翌月から珍しい西洋風の建物を一目見ようと見物人が訪れるようになりました。ある日聖堂内で祈るプチジャン神父に「ワタシノムネ、アナタトオナジ」、とささやいて信仰告白した日本の婦人たちがいました。神父は驚き、大喜びで彼らをマリア像の前に導きます。世界の宗教史上、類を見ない劇的な信徒発見でした。その後、五島、外海、神の島など長崎県の各地から、また遠くは福岡県の今村からまでも、うわさを聞きつけたキリシタンたちがやってきたと言われています。実に7世代、250年もの長い間、仏教徒を装いながら、内にキリストへの熱い信仰をもって、代々伝え聞いた信仰を守りとおしてきた隠れキリシタンと呼ばれる信者達がいたことが明らかになったのでした。長年押しつけられた檀家を捨てる宣言をした彼らに対し長崎奉行所はうかつにキリシタンを迫害すると諸外国から非難される恐れもあり慎重に状況が調べましたが最終的には信者ら68人が捕縛し、激しい拷問をしたのでした。

 この後、明治維新によって日本は新しい政権に移り変わりますが、明治政府は江戸幕府のキリシタン弾圧を踏襲し、3000人以上の信者を流罪にしました。しかし「信仰の自由を国民に与えない国は野蛮である」という諸外国の軽蔑が平等条約の締結の障害になっていることに初めて気が付いた政府は、1873年ようやくキリスト教禁制の高札を撤去します。こうして禁教令以降続いたキリシタン弾圧の歴史に終止符が打たれたのでした。














[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-26 11:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 22日

キリスト弾圧の始まり  日本二十六聖人殉教碑

 長崎はキリスト教弾圧の歴史を持つ街でもあります。当時東洋貿易の拠点だったマレーシアでザビエルは鹿児島出身の元武士 弥次郎に出会いました。彼は若い頃に人を殺したため薩摩や大隈に来航していたポルトガル船でマラッカに逃れてきたのです。そしてザビエルに罪の告白をし、後に洗礼を受け日本人初のキリスト教徒にな

った人物でした。ザビエルは彼から日本の様子を知り、布教を決めます。ザビエルは南蛮貿易を通じて欧州文化も日本に伝えました。当時の大名は近代的兵器、つまり鉄砲と日本では生産できなかった火薬に必要な硝石の輸入と引き替えに布教を許可することとなりました。世の中は戦乱・飢饉に明け暮れた戦国時代人々は救いを求めていましたが、当時の仏教は世俗化が進んでいました。このような時代のため、愛と平和をうったえるキリスト教は入信者を急速に増やしていきます。そして南蛮貿易の中心地の長崎では戦国大名の中にも改宗するものが出てきました。一方、一向一揆という反乱を起こした一向宗に強烈な弾圧をし、仏教勢力の政治的野心を封じた織田信長はキリスト教を仏教の対抗勢力として利用するために布教を積極的に認め、キリスト教全盛時代を迎えました。しかし豊臣秀吉の時代になって伴天連追放令が出されます。それはキリスト教が封建主義や身分制度の否定につながる思想であったこと、仏教の教えを邪宗とみなし寺や神社を打ち壊すようになったり、大名の中にも信者になるものが増え、大村純忠が長崎を与えたように領土を差し出すものが現れたため。またスペインやポルトガルがその進んだ海運力と軍事力によってマラッカやフィリピンなどのアジア諸国を次々と植民地化していることに気が付き、キリスト教が強大化して政治的勢力になったり、侵略を恐れたからでした。しかし秀吉は多大な利益をもたらす南蛮貿易を重視したため、一部の教会を壊したり接収するだけで、強行な禁教は行いませんでした。

 しかしイエズス会の独占状態だった日本にフランシスコ会がイスパニア総督使節としてやってきます。このフランシスコ会は日本の政治的背景、宗教的事情を無視し、強引な布教を行っていきました。そのなかで1596年サン・フェリペ号事件が起こります。1596年(慶長元年)暴風のため土佐に漂着したスペイン船サン・フェリペ号の船荷と乗員の所持金の全てをの秀吉は慣習に従って没収したのです。その上航海士が「我が国は後進国を占領するためにまず宣教師を送り込んで民衆をキリシタンに改宗して味方にし、その上で軍隊を派遣して支配するのだ」と口を滑らせたことが秀吉の耳に入り、態度を硬化させることになってしまいました。

 サン・フェリペ号事件をきっかけに秀吉は再び禁教令を公布、フランシスコ会の活発な布教活動が挑発的だと、京都奉行の石田三成にフランシスコ会員とキリスト教徒全員と捕まえ処刑するように命じました。大阪と京都でフランシスコ会員7名と信徒14名、イエズス会関係者3名の計24名が捕縛されました。光成はイエズス関係者を除外しようとしましたが、果たせませんでした。24名は京都の一条戻り橋で左の耳たぶを切り落とされ、見せしめのため市中引き回しとなりました。そして1597年キリシタンの街長崎で処刑せよという命令を受けて一行は大阪を出発、なんと長崎まで歩いて向かうのです。また道中でイエス会員の世話をするよう依頼され付き添っていたペテロ助四郎と、同じようにフランシスコ会員の世話をしていた大工のフランシスコも捕縛されました。二人はキリスト教徒として己の信仰のために命を捧げることを拒否しませんでした。


d0110197_09492725.jpg


 この碑は1962年(昭和37年)列聖100年を記念してクリスチャンの彫刻家・船越保武によって建立された等身大のブロンズ像をはめ込んだものです。ここでは皆正装していますが、実際は全員貧しい身なりで、左の耳たぶは削がれた姿で殉教しました。レリーフで彼らの足が垂れ下がっているのは昇天の様子を描いているからだそうです。ゆっくりと撮影したかったのですが、まもなく修学旅行生がここで集合写真を撮り始めたので数枚しか撮れませんでした。


d0110197_09501024.jpg


この碑の裏に記念館があります。最初長崎の役人は他の罪人たちと同じ丘の裏手の刑場で殉教者たちを処刑する予定でした。しかしポルトガル人の抗議により、見晴らしのいい西坂の丘に刑場を変更しました。イエスキリストが処刑されたゴルゴタの丘に似ていると殉教者たちは喜んだそうです。




 
d0110197_10043607.jpg
                                
右 ルドビコ茨木 左 聖アントニオ

 長崎に到着した一行の中に僅か12才のルドビコ茨木を目にした死刑執行人は気の毒に思い、信仰を捨てれば助けてあげられると説得しました。しかしルドビコはそれを断り、「僕の十字架はどこ?」と尋ねたのです。そして泣きすがる両親をなだめていた13才の聖アントニオらとともに賛美歌の一つ「感謝の賛歌」を歌う中処刑されました。




d0110197_10044556.jpg



16才のトマス小崎は長崎へ向かう途中の宿泊場所、三原の牢番のはからいで母にあてた手紙を書くことが出来ました。それはこれから磔の刑となり、死を覚悟し、母や弟たちへの気遣いが書かれていたそうです。亡くなった後、この手紙がともに処刑された父親のミゲル小崎の衣から見つかり人々の涙を誘い、後にスペイン語に訳され今もバチカン図書館に残っているそうです。

1957年2月5日 十字架に磔にされた一行は槍で両脇を刺されて殉教しました。市内は外出禁止令が出されていましたが、4000人を超える群衆が固唾を呑んで見守っていました。このことは宣教師ルイスフロイスらによってポルトガルに報告され、ヨーロッパに知れ渡ります。1862年ローマ教皇によって列聖され、26人は聖人の列に加えられました。キリシタン弾圧は鎖国が終わりキリスト教への迫害が終わるまでに西坂の丘では600人を超える信者が尊い血が流されます。
しかしこれらの弾圧でキリスト教信者が壊滅したわけではありませんでした。 


[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-22 11:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 14日

保存されなかった浦上天主堂

d0110197_08483792.jpg

 爆心地から500メートルしか離れていなかった浦上天主堂も壊滅的な被害を受けました。信者12000人のうち、8500人が爆死。双塔を持つ東洋一の壮大な天主堂でしたが、わずか側壁を残しただけで全て崩れ落ちしまいました。
現在の建物は1959年(昭和34年)鉄筋コンクリート造りで再建され、1990年(昭和55年)ローマ教皇の訪日の慶事を記念して外装を原爆被災前の天主堂のように赤煉瓦造り、窓を全部ステンドグラスにするなど往時の姿に復元されたものです。しかし残念ながらこの日は閉館日で見学出来ませんでした。



d0110197_08484223.jpg

 爆心地に近かった浦上天主堂の廃墟は原爆の威力と悲惨さを物語る長崎の原爆遺跡となる可能性がありました。広島の原爆ドーム同様、平和祈念のシンボルとして永久保存しようとする被爆者と市民の声は高かったのですが、残念ながら再建優先の考えから取り壊されてしまいました。そういえば長崎に原爆被害の象徴という建物が思い当たりません。遺構より物語るものはないのではないでしょうか。様々な事情があったのですが、もし保存されていたら原爆ドームのような貴重な世界遺産になったのに残念です。


d0110197_08492307.jpg

 天主堂の正面左手庭に原爆で破壊された聖人の石像が並んでいました。どれも熱戦で黒く焦げ、頭、鼻、指などが欠けた姿が痛々しいです。
中央はイエスキリスト像のようでしたが、顔が崩れてありません。


d0110197_08512801.jpg

 天主堂から少し川側に歩くと見えたので近づいてみると、「浦上天主堂 鐘楼ドーム」と表示板が出ていました。双塔のうち、左塔の鐘楼ドーム、直径5.5メートル、重さ50トンもあるのですが、なんと35メートル離れたこの川まで吹き飛んだのでした。


d0110197_08511581.jpg
ドームが川の流れをふさいでしまうので戦後に撤去が計画されましたが、あまりの重さに断念し川を移設したそうです。「こんなに大きなものが吹き飛ぶなんて・・・。」原爆の威力と凄まじさをまざまざと感じたのでした。









[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-14 22:34 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 09日

「如己愛人」 永井隆博士



d0110197_11312315.jpg
                                   永井隆記念館


 原爆資料館で初めて知った永井隆博士、島根県生まれの彼は医者を目指し長崎医科大学に入学し、卒業後は放射線医学で結核を研究していました。一日に何百人ものレントゲン写真を撮るという無理が重なり、慢性骨髄性白血病にかかり、余命3年と診断されましたが、治療と研究を続けていました。その2ヶ月後長崎に原子爆弾が落とされ、爆心地から700メートルの長崎大学病院で被爆、右側頭動脈切断という大怪我を負いましたが頭に布を巻き、生き残った看護婦とともに救護活動に当たりました。投下された爆弾が原子爆弾だと知ったのは翌日米軍が投下したビラを読んでからのことでした。ようやく自宅に戻ることが出来たのは原爆投下から三日後、家の焼け跡で灰の中から奥様の骨をロザリオとともに見つけ出したそうです。不幸中の幸い、二人のお子さんは三日前に市内の祖母の家に疎開していて無事でした。

d0110197_11310834.jpg
                                          如己(にょこ)堂

 失意のなか懸命に救護活動に当たっていた永井博士でしたが、2ヶ月後とうとう倒れます。昏睡状態に陥るものの奇跡的に助かった博士は原爆の被害報告書を書き、講義を再開しました。しかし病気は博士の身体を確実に蝕んでいき、翌1946年(昭和21年)末には寝たきりの生活を余儀なくされます。この状態でも「腕や指はまだ動く。自分には書くことができるではないか」と、博士は前向きでした。そんな博士の病室兼書斎として1948年(昭和23年)浦上カトリック信者たちの厚意により建てられた畳わずか2畳の家が完成しました。博士の寝台の他1畳しかない庵のような建物なのですが、永井氏がもう社会に尽くすことのできない身を恥じて小さな部屋を望んだそうです。その家は「如己堂」、聖書マタイの福音書の一節「汝の近き者を己の如く愛すべし」を博士が座右の銘としていたことから名付けられました。そこで原爆病の論文と「長崎の鐘」「この子を残して」「ロザリオの鎖」「原子雲の下に生きて」など17冊の著書を書き上げ、戦争の愚かさを訴えました。そして著作で得た収入の大半を長崎市復興再建のために寄付、また浦上の地を再び花咲く町にしようと小中学校、高校、浦上天主堂に桜の苗木1000本余りを寄贈。また両親兄弟を奪われた子供達の心を豊かにしようと小さな図書館「うちらの本箱」を設けました。しかし1951年(昭和26年)ついに病状が悪化し二人の子供と多くの人に見守られながら43才の若さで亡くなり、遺言により勤務先の長崎大学病院で献体解剖されました。

 残された二人のお子さん(当時17才だった誠一さん、11才の茅乃さん)の事が心残りだったに違いありません。書いた本が次々とベストセラーになり、映画化されるなど「浦上の聖者」と脚光を浴びたことで中傷されることも多かったのです。「長崎もので儲ける」「代作者がいるに違いない」「金儲け目当ての偽善者」、事実と反することが雑誌で報道されました。心ない者が二人のお子さんに「寝たきりで金儲けするものもらいの子」と吐き捨て、泣いて帰宅したこともあったそうです。しかし二人とも崇高な精神を持った言動をしていた父親をしっかり見て成長していました。博士の死後、誠一さんは時事通信に記者として入社、定年退職後永井隆記念館館長を務め、父の伝記「永井隆」も著しました。また茅乃さんは教師退職後「娘よ、ここが長崎です」という著書を出したり、講演などで原爆の悲惨さを訴えていたそうです。共著の本もあり、お二人とも遺志をしっかりと受け継いでらっしゃいました。




[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-09 13:44 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 06日

冥福と祈りの空間    平和公園


 原爆投下中心地より道路を挟んで約100メートル北側にある小高い丘にある平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。この場所は原爆投下される前は長崎刑務所浦上刑務支所でした。原子爆弾のさく裂で高さ4メートルもの鉄筋コンクリートの塀が根元から倒壊し、庁舎は全焼。被爆時刑務所内には職員18人、官舎住居者35人、受刑者および被告人81人の計134人いましたが、全員即死だったそうです。


d0110197_07411838.jpg
                                                                  平和の泉



 一方体内まで焼けただれた被爆者たちは「水を、水を」とうめき叫びながら死んでいったそうです。
昭和44年、その痛ましい霊に水を捧げて冥福を祈り、公園の入り口入ってすぐの場所に直径18メートルの泉を設けました。

                 「のどが乾いてたまりませんでした 
                  水にはあぶらのようなものが
                         一面に浮いていました 
                  どうしても水か欲しくて 
                  とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」

 と、被爆した少女の水を求めてさまよった手記が正面に刻まれていて、胸が締め付けられます。

d0110197_08475254.jpg
                                      平和祈念像


昭和30年建立の平和祈念像、長崎出身の彫刻家北山西望氏制作。青銅製、高さ9.7メートル、重さ30トン。
天を指した右手は「原爆の脅威」を、水平に伸ばした左手は「平和」と、軽く閉じた瞼は「原爆犠牲者の冥福を祈る」という想いを込め、この像を神の愛と仏の慈悲を象徴としたとあります。

d0110197_08475681.jpg
                                                           折鶴の塔

毎年8月9日の原爆の日を「ながさき平和の日」と定め、平和記念式典が行われ、原爆で亡くなられた犠牲者の冥福を祈るとともに、長崎市長の平和宣言で核廃絶と平和のメッセージを長崎から世界へと発信しています。2000年からテレビでも全国放送されるようになったのでご存知の方も多いと思います。その時だけでもと黙祷させていただいているのですが、この日は合わせる手に力が入りました。






[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-06 09:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 04日

悲しみの原点 グランド・ゼロ



d0110197_07334339.jpg

昭和20年(1945年)8月9日11時2分、アメリカのB29爆撃機から投下されたプルトニウム原子爆弾(ファットマン)は長崎市街中心から約3キロメートル外れた松山町171番地の上空約500メートルで炸裂しました。爆心地付近で4000度、一キロ離れていても1800度の熱戦と爆風、そして放射能がばらまかれた中心地。写真だと分かりづらいですが、中央奥に落下中心地標柱として黒御影の碑が立っています。


d0110197_07335217.jpg

原爆の爆風で爆心地周辺は焼け野原になり、ほとんどの樹木は焼き尽くされましたが、今ではすっかり緑に囲まれ、私が訪れたときは春の清掃活動の真っ最中でした。公園の周囲にも約500本の桜が植えられ、まだちょっと早かったですが、桜の季節は花見が出来る憩いの空間となっているそうです。犬の散歩で来られている市民も見受けられ、のどかな公園でした。

d0110197_07350469.jpg


しかし遠く離れた反対側にはこんな案内板があり、下を見ると



d0110197_07351683.jpg


ここも清掃中でしたが、「そちらに見に行っていいですか?」と尋ねるとOKしてくださいました。

d0110197_07354982.jpg

ガラス越しなので反射してしまったのですが、文字通り被爆当時の地層が残されています。家の瓦や煉瓦、溶けたガラス瓶、食器の割れた物、靴らしきもの・・・、これらが大量に今も埋没しているのが分かりました。原爆が投下される直前まであった普通の日常が一瞬で奪われたことを物語っています。この後原爆資料館も訪れ、さらに詳しい資料を目にしました。原爆が投下された11時2分をさす柱時計、折れ曲がった中学校の給水タンク、信者のロザリオ、割れた瓦など瞬時にがれきと化した遺構が展示されていました。松山町だけでも約300世帯が住んでいて、犠牲者の数は死者7万3884人、負傷者7万4909人とありました。家、家族、学校、街を一瞬で失った、犠牲者は全員です。この地層も当時の悲惨な惨状を伝える遺構の一つなのでした。









[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-04 09:03 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 02日

石橋のルーツ 眼鏡橋

d0110197_12355011.jpg


古き長崎の面影を残す景観に中島川にかかる石橋が数多くあります。その中でも本格的石橋として日本最古のアーチ式眼鏡橋は有名。長崎行きを決めた時、真っ先に頭が浮かんだのがこの眼鏡橋でした。ガイドブックには「路面電車「公会堂前」下車、徒歩8分」とあったのですが、電車の停留所で地元の方に「賑橋の方が近いですよ。」と教えていただき下車、徒歩1分。川面に映った影が双円を描くことから「眼鏡橋」と呼ばれるようになりました。1960年に国の重要文化財に指定されています。



d0110197_12344934.jpg
                                                    黙子如定の像


橋の長さは22メートル、幅3.65メートル、川底までの高さは5.46メートル。1934年(寛永11年)興福寺の二代目住職 唐僧黙子如定(もくすにょじょう)が参拝者のために建立。中国明朝式石橋という当時の最新技術が導入され、以後石橋技術の模範とされ全国に影響を与えました。1648年(慶安元年)の洪水で損壊するものの石工平戸好夢(ひらとこうむ)が修復しました。その後は高欄に修復の形跡があるものの流出することなく度重なる水害に耐えてきたそうです。


d0110197_21532670.jpg



しかし1982年(昭和57年)の長崎水害の時、中島川の橋が流失、眼鏡橋は流失は免れたのの、半分程損壊するという深刻な被害を受けました。修復のための部分解体で江戸の物と見られる階段が左岸橋端から見つかったため、スロープとなっていた橋端は階段へと変更しました。橋端はは1873年(明治6年~人力車通行のため階段をなくしたらしいのですが、1948年(昭和28年)以降石積みの緩みが目立ってきたため、車両の通行が禁止されたまま現在に至っています。






[PR]

by Blog_Maya | 2015-04-02 12:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)