<   2014年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 26日

道産子の楽しみ

d0110197_12310724.jpg



きらめく味覚の秋。北海道で秋といえば鮭の筋子が店頭に並びます。「北海道の人ってカニやウニ、メロンなど美味しいものがたくさんで羨ましいわ~。」と、よく言われますが、そんな高級品日頃食べられる訳ではありません。



d0110197_12311509.jpg


その中で唯一いくらだけは食べられると言っていいかもしれません。もちろん飲食店で食べたら北海道でも高いですが、市場やスーパーでこの時期鮭の筋子が一腹単位で売っているので、それをほぐしていくらを作る、北海道の主婦には常識なのです。いくらは醤油、酒、みりん、最近は友人から教えてもらって昆布も入れて漬け込みます。醤油の中に奥行きのある旨味が加わるのでオススメです。



d0110197_12305208.jpg



食べ頃は漬け込んで2、3日後。今日は味見にお昼にお椀に軽く大さじ2杯、まだ浅いですが、ちょうどいい醤油加減なので何も足さずにこのままねかせます。今年は張り切って5腹買い込みましたが、帰省している息子が待ちかまえているので残りをどれくらい正月用に冷凍出来るのでしょうか。
それにしても近年の温暖化が影響して鮭の水揚げは減り、筋子の価格が上がってきました。我が家は皆いくら丼が好きなので、年に一度の贅沢が出来なくならないように願っています。






[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-26 12:59 | 手作り | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 22日

親ばかとは思いつつ

d0110197_20223571.jpg


小樽の写真をポストカードに印刷しています。来年短期留学する息子のためにお土産作りなのでした。
富岡教会の夏、冬景色、貴賓館、パノラマ展望台からの景色など・・・あらかじめセレクトしたものを帰省してきた昨日息子に見せると、あっさりそれでいいというので即決定。どうせならハガキ用紙に印刷したほうが喜ばれるねと母はせっせと印刷しました。が、私の拙い写真を使うのはお金の掛からないお土産としてだと薄々分かっています。けれど今まで当たり前すぎて小樽の良さに気がついていなかった息子が家を出た事で小樽が観光地として人気が高いと分かり、少しづつ小樽への愛着が出てきたことが嬉しかったのでした。

[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-22 21:09 | 子育て | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 21日

勉強

d0110197_20393651.jpg



高校生の娘は「いいな、お母さんは勉強しなくていいから・・・。」とたまに言います。「何言ってるのよ。私だって受験して進学しているのだから一緒なのよ。」とたしなめますが、目の前でのんびりしている母親を見て羨ましく思う気持ちも分からなくはありません。

けれど実は私も今勉強しているのです。本格的に陶板画を発展させるため、影絵、抽象画、釉薬、図形、切り絵・・・手探りなので思いつくままに資料や本を取り寄せています。今平行して読んでいるのが画像の本です。しかし机にかじりついているわけでなく、リビングのソファでのんびりとページをめくっている姿を見ると娘には勉強には見えないのかなあ。もっとも自分から好きな事を勉強しているということ自体、娘とは違うのでしょうね。
娘よ、羨ましいだろう!   大人げない母はそう言ってやりたくなるのでした。でも娘も一生高校生ではないのだから今だけなのです。若いあなたの可能性は無限、頑張って乗り切って欲しいと思います。

[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-21 20:04 | その他の創作 | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 20日

目に留まったもの

d0110197_20504937.jpg




d0110197_20493294.jpg






d0110197_20490530.jpg


小樽は猫が多いような気がします。





[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-20 18:35 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 20日

d0110197_20455468.jpg



d0110197_20470105.jpg



d0110197_20472290.jpg



d0110197_20482229.jpg





[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-20 09:44 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 19日

フォトジェニック

d0110197_20410522.jpg



倉庫の扉、

d0110197_20423401.jpg


煙突、


d0110197_20425064.jpg


小樽は少し歩くだけで撮りたいものがすぐ見つかる街です












[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-19 21:09 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 18日

階段

d0110197_20403092.jpg


下りながら

d0110197_20405028.jpg


踏まないように気をつけた。








[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-18 18:42 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 17日

久しぶりの街撮り

d0110197_20400069.jpg



窯を買うことが決まってから8月の展示会まであっという間に時間が過ぎていき、あまり撮っていませんでした。


d0110197_20394873.jpg




久しぶりに歩いた錦町、目についたものをとりあえず撮ってみる。




d0110197_20401407.jpg



生憎雨が降ったり、やんだりでしたが、カメラを持って歩くのは久々のドキドキ感がありました。       (続く)
                                                       







[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-17 21:00 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日

通りすがりのご縁

d0110197_19300516.jpg





青空の日に外出した時この富岡教会の前を通った時は撮りに寄る事が多いのですが、今日は手前の木陰でスケッチされているご婦人にお会いしました。「本当は札幌から仲間と一緒にスケッチに来る予定だったのですが、連絡ミスで集合場所の駅に誰も来なかったので意地になって一人で来ました。」とおっしゃいます。「宜しければ教会の中をご案内しましょうか。」と自然に言葉が出ました。


d0110197_19301579.jpg



富岡教会は昭和4年建設の歴史的建造物。正面中央の赤い八角尖塔とその上の十字架が目に付くゴシック様式の教会で構造は鉄筋コンクリートと木造です。正面外壁と玄関は重厚な外観、側面の一階部分が煉瓦貼りで二階部分は軟石積み。内部は一階は天井が低い集会室、二階は礼拝堂で天井が高く、白漆喰の壁に鮮やかな色ガラスを組み合わせたアーチ窓が特徴です。拙い説明ですが、微に入りじっくり見てくださり、最後に「今日は最悪だと思ってここに来たのですが、いいこともありました。」とお礼を言ってくださいました。私も思いがけず温かい気持ちで家路に着くことが出来た日でした。














[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-13 20:47 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日

無駄にはしない

d0110197_23420549.jpg


陶板画の彩色にエアブラシを使おうと購入した小型コンプレッサー、これがまだ活用できていません。エアブラシの使い方が難しいのです。最初は教室に通うつもりだったのですが、なんと札幌市内にないことが分かりました。ガーン!!小樽にはなくとも札幌にだったら一つくらいあると思っていたのですが・・・。こうなったら我流でやるしかないとトライしたのですが、上手くいきません。本にある通りにならなくて一時期放り投げていまいました。けれどやはり私がやりたいモチーフはエアブラシなしに出来ないのです。こうなったら不安はありますが、通信講座を受けてみようと思います。決して無駄にはしないで使いこなせるように頑張ります。








[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-13 00:03 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)