<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

たおやかな調べに

d0110197_00012296.jpg



昭和2年建築の小樽市の歴史的建造物、坂牛邸はアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトに師事した田上義也氏(たのうえよしや)の設計です。薄緑色の横羽目板打ちの腰壁と白い漆喰塗りが調和した外観で応接間は六角形になっているなど、モダンな洋館。以前有名な人形作家さんが個展を開催された時お邪魔していました。「私もここで個展を出来たら素敵だけれど、私の作品では建物に負けてしまうから無理。」と思っていました。

 

 今年6月に知人からここで8月30日ライブをする人がいると伺いました。しかもその演奏者を聞いてビックリ。以前知人宅でCDを聞き、その凛として温かい音色に感動し、即CDを買い求めた六ッ森ご夫妻だったからです。箏と尺八で自ら作曲した洋楽を演奏する、あのしなやかな感性のお二人に会える!その上あの趣ある建物でこの演奏を聴けるなんて素敵!! 先日告知した通り、この日を楽しみにしていました。



d0110197_08031241.jpg



 実は私、音楽は苦手なので昨日の演奏がどのように素晴らしかったか上手く言い表せないのですが、40人の聴衆がそのたおやかで優しい調べに魅了された1時間半でした。そしてライブの後で知人がここで来年個展をすると耳にします。「やはり私もここで個展をしたい!」、ライブで勇気をもらったのか?図々しくなったのか?そんな事を考えたライブの帰り道でした。













[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-31 08:16 | 鑑賞 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 25日

お知らせ  乾 英男 写真展 「小樽スケッチ」

d0110197_16500285.jpg


 ちょっと早いですが、今日は写真展のお知らせです。日頃お世話になっているainosatoさんの二回目の個展「小樽スケッチ」がオーセントホテル小樽で9月11日より20日まで開催されます。現在札幌在住ですが小樽出身のainosatoさん、小樽の日常の変貌を丁寧に切り取った作品がギャラリーに並びます。故郷小樽を心から愛し、長年街を撮り続けているからこそ出来る個展です。是非ご覧下さい。

 ご本人にも是非お会いしたいという方は十日間の期間のなかでainosatoさんが在廊される期間を近くなったら二つのブログhttp://ainosato02.exblog.jp/
http://otaruai.exblog.jp/に掲載されると思いますのでご覧になってから行かれてもいいかと思います。
(何故かリンク貼れませんでした。)





乾英男 写真展 「小樽スケッチ」

2014月9月11日(木)~20日(土)AM10:00~PM6:00(最終日はPM3:00まで)
オーセントホテル小樽 1階ギャラリー
小樽市2-15-1 都通・浅草角)
0134-27-8130


[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-25 17:15 | 鑑賞 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 23日

ありがとうございました。

d0110197_22043277.jpg



 無事搬出も済み、陶展終了いたしました。今回は専用のギャラリーではなく、お客さんは食事が目当てでいらっしゃいます。素象人形以外の私の陶創作のみの出品でどこまで見て頂けるかという挑戦でもありました。けれどおおむね好評だったようで一安心です。普段と異なるギャラリーに私も作品を違った視点から観ることが出来て、ちょっとしたヒントも浮かびました。
 
 そのためには技法を絞る必要性があります。何でも出来るのがいいのではなく、一つか二つの技法の精度を高めていかなくてはならないと以前から感じていました。それが今回の展示で絞れてきたのが収穫です。今度またこのギャラリーに戻ってきた時にはもっと進化した作品を並べられるよう頑張ります。
 
 お越し下さった方々、そして菜はなのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。




[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-23 22:24 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 16日

ヘルシーランチ

d0110197_07552676.jpg




 ギャラリーとなっている菜はなは以前から通っていたレストランです。管理栄養士が考えた化学調味料を一切使わない、野菜にこだわりを持ったメニューばかり。こちらは日替わりの菜はなランチ、880円。道産玄米を圧力鍋で2時間じっくりと炊きあげた小豆入りのもちもち玄米、勿論苦手な人には白米も用意されています。そして豆サラダ、こちらの玉ねぎドレッシングが私はお気に入りです。この日は他にマリネ風総菜、だし玉子焼き、昆布の煮物、手作り豆腐と手間暇の掛かったメニューを堪能しました。他にも日替わりパスタ、スープカレー、とろとろオムライスなど全てヘルシーレシピです。
 
告知の時も書きましたが、こちらのレストランは本当にお勧めです。子供メニューが充実しているのでお子様連れが普段多いですが、昨日はお盆と言うこともあって祖父母と一緒の三世代でのお食事シーンがあっちこっちで見受けられました。オーナーはまだお若いご夫婦、これからも末永くお世話になりたいお店です。


菜はな
小樽市最上1-3-13 駐車場あり
11:00~16:00(L.O15:00) 水曜日定休
0134-24-1713








[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-16 13:49 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 12日

取材の中で

d0110197_21251781.jpg




 今回は小さな展なのですが、取材に来てくださり初日から昨日まで4人の記者さんにお会いしました。「今回のテーマは何ですか?」とか「どれくらいのキャリアなのですか?」とかいろいろ聞かれます。その中で「陶板画の発想やモチーフはどのようにして生まれるのですか?」というものがありました。日頃気にしたことがなかったのですが、どうなんだろう?よく考えてみると、ふと頭に浮かんできたものをメモしたり、散歩している野良猫の後をついて行ったり、バスに乗っていて前の座席の人の洋服が気に入り、降りてからデッサンしたりと他愛のない事が多いのです。こんな答え、記者さんにとって期待はずれじゃないかなと思っていたら、「日常生活の中からアイディアが生れてくるのですね。」と受けとめて下さいました。そうなんだ、私の創作は主婦として日々過ごしている中から生まれてくるものなのだと分かりましたした。そしてそれは素象人形を作る際も変わりません。

 別段特別なことでなくていいのだと思いました。作品が出来るとき、その時に大事なのは何が出来たかではなく、どのように作ったかが重要だと思うのです。本を読んだり資料を取り寄せたりすることもあります。それは当然のことですが、一番なのは主婦として生活の基盤があっての創作、それ抜きにこれらの作品はうまれませんでした。つまり、作品の向こうには作り手の生き方があり、それがあってこそ次はもっといいものをと目指すものなのです。と、気がついた途端、家の事が気がかりになりました。展の準備で手抜き家事だったのです。そこをおろそかにしたら駄目じゃん。(汗)


[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-12 21:15 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 08日

陶展 LE SOURIRE  と 和音LIVE IN北海道「風の贈り物」

d0110197_16554660.jpg
 


 今日の午後無事搬入完了いたしました。昭和5年築の日本家屋をリノベートした茶房&ギャラリー。今までの専用ギャラリーと違い飲食店に併設したギャラリーです。幅3.5メートルのスペースを存分に使わせて頂きました。今回は粋な古民家の雰囲気に合った作品をと考えて作りましたがオーナーの手によってモダンな空間となっておりますので、作品は和室だけでなく洋室にも調和する物となりました。全てではありませんが、マイ窯から誕生した作品達を前にようやくここまで来たなと言う思いがあります。


d0110197_16561164.jpg



 お客様が入らないように写した結果、見づらくてすみませんが、今までの展示方法とはちょっと変えてお食事に来られたお客様の目に留めていただけるように趣向を凝らしました。けれど、どうなんでしょう?センスに今イチ自信がありません。まあこういうことも経験を重ねて覚えていくことですよね。陶板画、地蔵、猫の置物、メモ立て、ペンダントやブローチなどのアクセサリー、全て陶で出来ています。それと今回初めてですが、箸置きを作りました。ただし3個の限定品。明日より23日までの開催です。お近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。


陶展 LE SOURIRE 

8月9日(土)~23日(土)
茶房&ギャラリー 菜はな
小樽市最上1-3-13 駐車場あり
TEL 0134-24-1713





d0110197_08345905.jpg



 そして今日はもう一つ告知です。倉敷在住の六ッ森氏のライブが小樽の歴史的建造物坂牛邸で8月30日開催されます。お琴と尺八の演奏ですが和楽ではなく、オリジナルの洋楽です。ご主人の六ッ森ヒロ氏が尺八を奥様のケイコ氏が琴を担当されています。知人宅でCDを聞き、その凛とした透明な音色に魅了されました。実は小樽初のファンは私ではないかと思っています。
またゲストに札幌のシンガーソングライター浅沼修氏を迎え、28日札幌のギャラリー遊、29日は登別ギャラリーHANA、そして30日が小樽の初の北海道ツアーだそうです。小樽での演奏、私も楽しみにしています。ご興味あるかたは是非足を運ばれてください。

和音LIVE IN 北海道 「風の贈り物」~倉敷から~
六ッ森ケイコ&六ッ森ヒロ
8月28日(木) 18:30 札幌市ギャラリー遊   札幌市中央区南2条西6丁目 狸小路プラザハウス2階 011-281-2633
29日(金) 19:00 登別市ギャラリーHANA 登別市富士町2-11-7 ブティック花2階  090-7511-0234
30日(土) 15:00 小樽市坂牛邸      小樽市入船5丁目8-15 NPO法人小樽ワークス   011-665-1805

チケットはいずれも¥2,000です。(ただし登別のみ当日¥2,300)



六ッ森ケイコ オフィシャルサイト
http://www.kct.ne.jp/~mu2mori/


[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-08 17:02 | Trackback | Comments(2)