ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 28日

ちょっと休息

d0110197_22042571.jpg



 窯が家に来てから「素焼きだ」、「釉薬だ」とあれこれ試作して最近素象人形は手つかずになってしまっていました。千本ノックも一度休むとそのままになってます。「それじゃ駄目じゃん。」と新たにデッサンを描いているのですが、全然まとまりません。「生活に根ざした人物を具象で」「自然と調和した抽象で」と二種類の間でアイディアが行き来してなかなか絞れないのです。こういう時は一度頭を休めてしばらく離れた方がいい、と言うと格好いいけれど現実逃避ともいう。

 作品に行き詰まった時に行くのはここパノラマ展望台、ブログにも何度も登場していますが、ここの眺めが好きなのです。ここで潮風に吹かれるのも大好き。前回来た時よりも緑濃く、空気が輝いて見える季節になりました。北海道もようやく夏の訪れです。
 でも・・・結局素象のモチーフはまだ決まりません(汗)
 

[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-28 22:28 | diary | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 24日

蝦夷梅雨明け

d0110197_07222877.jpg



 早朝お馴染みの駅前の景色、今朝は青い景色が久方ぶりに姿を現しました。 やはり曇っているより晴れている方が気持ちがいい。六時でこの眺め、きっと天気予報通り晴れてくれそうと洗濯も気が楽に、今日は窓ふきもしようかな♪

[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-24 07:31 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 22日

タイムトンネル

 今年の正月、小学校から同級生の年賀状に「去年○○小ののくくりでプチ同窓会しました。次回は声かけるね!」とありました。たいてい小学校から公立に同じ区域の子は進学するもの。15才までの多感な時期を共有することで人間形成に大きく影響し絆が深まっていくのを羨ましく思っていました。私は親の意向で私立の中高一貫校に進学、大学も姉妹校、結婚後は札幌から小樽に移り住んで住んで24年、数人を除きほとんどの同級生とは縁が切れていました。卒業後30年以上経った今、特に秀でたものがあったわけでなく、今と違い大人しい性格だった自分を覚えている人がいるわけないわと、前向きではありませんでした。
 しかし先月その友人からメールが来ます。「来月同窓会っぽいものをするから行こうよ♪ 去年は○○ちゃんと○○ちゃん、○○ちゃん、それに△△くん、△△くん、△△くんとか10人以上集まったよ。」女子はともかく、男子は全く顔が浮かびません。「忘れているのはお互い様ね。」気が楽になり、思い切って十数年ぶりに札幌の繁華街、すすきのに出向きました。


d0110197_10460144.jpg

 
 けれど根は繊細な私(笑)、当日ちょっと不安はあったのですが、実際 顔を合わせると面影が残っている人、話しているうちに思い出した人もいます。また私のことも大半の人が思い出してくれていました。さすがに一度も同じクラスにならなかった人は全く分かりませんでしたが、幹事さんが用意してくれた卒業アルバムや文集を手に共通の思い出が蘇り、話が弾みました。そしてなんと当時の担任の先生の登場、お元気そうで本当に懐かしかったです。卒業後長く縁が切れていても同じ時間を過ごした仲間との語らい、それはこの年だから振り返り楽しめるのかもしれません。「酒は飲むもの、呑まれるな。」が信条の私ですが、昨日は懐かしさに酔いました。5時間のタイムトンネルから戻り、最終一本前の電車で帰りました。誘ってくれた友人、幹事さん、出席者の皆さんに感謝しています。







[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-22 14:41 | diary | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 15日

たまにはこんなランチを

d0110197_10275392.jpg


しばらく会っていない友人に会いたくなって連絡を入れました。「金曜日ならオッケーよ。」と彼女からの返事に、喜々としてランチ場所を検索、見付けたココは「ぶあいそ 別邸」。

d0110197_10280478.jpg


 築100年の古民家と聞いていましたが、その風情ある佇まいにここを選んで良かったと思いました。調べたら、こちらは明治36年北海道大学の時計台があった場所だったそうです。その後昆虫学の始祖、松村松年博士が家を建てたのがこの建物。北大正門すぐなので職住接近だったのね。中庭は夜ライトアップされるそうです。

d0110197_10280056.jpg


予約していたのは昼の特別コース、2000円。前菜、水炊き、天麩羅、〆は雑炊、ゆずのシャーベット。頃合いをみてサーブしてくれます。鍋はもつ鍋、水炊き、葱しゃぶの中から選べるのですが、予約の時に夫が水炊きを勧められたのですが正解でした。九州地鶏から取った出汁が濃厚で美味しかったです。彼女も美味しいと言ってくれたから満足です。たまにはこんなゆったりとした空間で頂くのもいいものです。



博多ぶあいそ 別邸
札幌市北区北8条西5丁目7番地
Tel 011-738-5686

[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-15 11:19 | 美味しいもの | Trackback | Comments(3)
2014年 06月 09日

梅干し作り

d0110197_10275224.jpg

 私は最近の減塩梅干しの甘みが大嫌いでした。健康ブームで塩を減らした分、砂糖や蜂蜜を入れた梅干しが今は主流で昔ながらの梅干しはすっかり高級品になって手が届きません。そこで遂に決意しました。「自分で作る!!」
「梅干し漬けるくらいでたいそうなことを・・・。」と思われるかもしれませんが、昔からの言い伝えに「一度漬けたら最低三年は漬け続けないと不幸が起こる。」とか、「梅酢が上がらない年は悪いことが起こる。」、「梅干しにカビが生えたら不幸が起こる。」など縁起でもないので手を出すのを躊躇っていたのです。けれど昔ながらの梅干しを食べたくて・・・忘れることにしました。

d0110197_10280084.jpg


 初めてなのでまずは2キロの南高梅を用意しました。これはあく抜きのため、水につけているところです。塩分は15%、最近は塩分を押さえて焼酎を入れる方法もあるようですが、いっぺんに沢山食べるものではないので塩だけで漬け込みました。やってみるとたくあんや味噌より簡単です。次は赤じそを買わなくっちゃ。上手くいったら来年は5キロくらい漬けたいと思います。



[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-09 07:53 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 05日

試行錯誤


d0110197_07530250.jpg

 MY窯を手に入れて最初に作る釉薬のテストピース、焼き上がったのを見て驚きました。青白くなるはずが、なんと薄ピンク!!
今までと同じ土と釉薬で、大きさは違うものの同じ電気窯でこんなに違いがあるとは思いませんでした。何を足せばいいのか、本やネットで勉強しています。
 20種類程のテストピースの色味で予定の色が出ないものは9色、調整して二度三度焼いてみましたがうまくいきません。けれどこれを克服した時こそ本当のMY窯になるのだと思います。模索はまだ始まったばかり、頑張ります!!

 それにしても、綺麗な海。いつかこんな色を出してみたい~。





[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-05 08:43 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)