<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 23日

新たな試み

d0110197_13514949.jpg

2年間の構想を経て昨年個展で発表しましたが、素象人形という立体から平面への表現という正反対の世界。 どんな反応があるのかドギマギでした。
d0110197_11265850.jpg

 幸い好評で、不安が払拭されました。 今後はどんなモチーフを選ぶか、手法もいろいろ試そう・・・、改善の余地は十分あります。
d0110197_1453612.jpg

 素象人形と並行してこの新境地、どのように切り開いていくか自分でもワクワクしています。 けれどその前に水平とってから写真を撮るようにしなきゃね(汗) 「進化させるゾー。」と決意表明でした。
[PR]

by Blog_Maya | 2013-01-23 13:58 | その他の創作 | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 17日

菜はな

d0110197_7241516.jpg

お客さんが入っていたため撮影出来ませんでしたが、古民家を改装したカフェ、靴を脱いで上がるとそこは広いお座敷で女性客が多いです。 管理栄養士が作る野菜中心の身体に優しいメニュー。 こちらは日替わりの菜はな定食です。  豆サラダの自家製ドレッシングがすり下ろしたタマネギ入りなのですがまろやかな味で、お持ち帰りしたくなりました。





菜はな

北海道小樽市最上1-3-13
0134-24-1713

11:00~16:00(L.O15:00)
ランチ営業、日曜営業 水曜定休
駐車場あり
[PR]

by Blog_Maya | 2013-01-17 07:24 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 08日

年末に見付けたもの

d0110197_17245679.jpg

 年末の片付けの際 忘れ去られていたものが出てくることはよくあると思いますが、今年いえ昨年はこんなエアメールの束が出てきました。
 これは20年前 日本で出産をした私と子供への思いを綴った夫からの手紙、インターネットやメールが普及していなかった当時私達を繋いでいたのは電話と手紙でした。 結婚1年目で初めての子を授かって喜んだ直後に決まった1年の南国赴任。 東京に匹敵する大都会ではあったけれど、常時30℃を超える気温と英語が通じる産婦人科医が見つからなかったことで私は日本に留まりました。 生後7ヶ月まで初めての我が子に会えなかった夫に撮影したビデオテープや手紙を送り、電話で鳴き声を聞かせたり・・・今読み返しても、その時の事が鮮明に思い出されます。 生後間もない赤子の成長は早いので、その瞬間を二人で共有したい思い、帰国したらこうしよう、ああしよう・・・、手紙の文面は新米パパの想いが溢れていました。 期間中の電話代はブランドバックが何個も買える程。 けれど惜しかったとは今でも思いません。 あの時には必要だったのです。 当時は私の両親も北見、札幌からJRで5時間の所に赴任していて出産で入院した時には母に翌日駆けつけて貰ったものの、産むときはたった一人で看護婦さんに驚かれました。 日頃気の弱い私ですが、この時ばかりは気丈にも冷静な出産でその後の子育ても必死だった記憶があります。  

 年末の慌ただしさの中で蘇った記憶、あの頃は若かった。 今もこれくらい必死で物事に立ち向かえばいいのにと思ったりしました(笑)。 今年はその時生まれた息子も成人式を迎えます。                                           
[PR]

by Blog_Maya | 2013-01-08 18:02 | 子育て | Trackback | Comments(4)
2013年 01月 01日

謹賀新年

d0110197_017340.jpg
  
皆様、あけましておめでとうございます。
いつもながら大晦日までバタバタしていましたが、先程 茶碗蒸しとお雑煮のだし取りを終えようやく準備万端。
画像は干支のヘビ、実はこれ本焼き前です。 作るのが遅かったため最後の窯に間に合いませんでした(汗)。左は艶のある白ヘビに、右は艶のない黒ヘビになる予定です。 来年の干支はもう少し早く作ります040.gif

新年の抱負として、今年は創作において攻めの姿勢で臨もうと思います。 といっても私には何も失うものなんてありませんが2年続けて個展を開催し、気が小さい私は評価を意識して制作していたことに気が付きました。 今年はそんな気持ちを切り替え、失敗を恐れずに挑戦をしていくことで作品の幅を拡げていきたいと思っています。 そしてブログでは小樽の魅力もより一層発信していきたいと思っていますので こんな私ですが今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by Blog_Maya | 2013-01-01 01:22 | diary | Trackback | Comments(8)