ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 29日

他にありませんか?

 昨夜 INAC神戸が女子サッカー プレナスなでしこリーグで2年連続2度目の優勝を決め、神戸市内のホテルに移動し、港町の夜景をバックに祝勝会を行った。 「またやるんだろうな~。 いい加減止めたらいいのに。」と常々思っているビール掛け、今年もニュースで流れていた。 パンダや魚、富士山のかぶり物にゴーグルという出で立ちで主要選手が登場するなどやる気は満々。 主将の「盛り上がれ!」の掛け声でいっせいにビール掛けが始まり、たちまち20分でビール瓶1000本、シャンパン8本、樽酒が全てなくなった。 未成年の選手に配慮してかビール瓶の中身はノンアルコールだったけれど、そういう問題ではありません。 食品を粗末にしていることが問題なのであります。 それに床に流れたビール等はどこに流れていくのでしょうか?

 ビール掛けとは大量の汚水を発生させ、環境への負荷も大きいのは少し考えれば分かること。 特に仙台市の条例では汚水・雨水を排水する事業体に対し、排水の水質に厳しい条件を設けているため、市内で大規模なビールかけを実施する場合は発生した汚水を直接排出するのではなく、バキュームカーで吸い込んだ後に処理する必要があるという。 実際に2010年にパ・リーグ優勝した福岡ソフトバンクホークスはビールかけのためにバキュームカーを用意したそうです。 けれど他の地域ではそのような条例が特にないため、大半は垂れ流しなのです。 
 
 ビールかけのきっかけはアメリカチームで行っていたシャンパンをかけて喜ぶ習慣(シャンパンファイト)。 日本では、1959年(昭和34年)、南海ホークスが4年ぶりにリーグ優勝を決めた時 東京のホテルで開かれた祝勝会にて日系二世でマイナーリーグでプレー経験もある選手が、「アメリカでは、優勝したらこうするんだぜ」と言いながら突然同僚の頭にビールをかけ、一瞬 周囲の選手たちはあっけにとられたが、すかさず反撃してビールをかけたところ、「面白そう」とその場にいた人間があっという間に真似をし始めたらしい。 しかしそれから半世紀以上、もう見飽きました。 一年かけてやっとつかんだ優勝、酔いしれたい気持ちは分かります。 興奮状態の時にやると楽しいのも理解出来ます。 でも・・・そろそろビールかけ以外の楽しみ方を検討してもいいと思いませんか。 選手達だって悪気があってやっていることではないので、みんなで止めればいいのにと思ってしまうのです。

 「いいじゃない、毎週やる訳じゃないのだから。」と言う人もいますが、先日の日ハムの祝勝会ではビール1500本、シャンパン6本、樽酒がわずか15分で汚水となり、 ジャイアンツではビールだけでも3000本が泡となり流れました。 半端な量ではありませんよね。 また先日結婚式専門のプロのカメラマンから「ホテルでない結婚式場では新郎新婦が来客や私達カメラマンにまでビール掛けをして、皆びしょ濡れになって帰ったこともあったんですよ。 カメラの修理代に10万掛かったけれど弁償して貰えませんでした。」と聞き、驚きました。 どっかで止めるきっかけはないものか・・・と思うのです。 でもこんな事書くと「うるさいおばさん」って思われるだけなんだろうな・・。 それでもおばさんは「酒は呑まれるものでも掛けるものでもない、飲むものだ。」と思うのでした。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-29 10:27 | diary | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 28日

今年は見納め

d0110197_15525577.jpg

 数週間前から雪虫が飛び交い、気温もグッと下がってきた今日この頃。 今年は夏が長かったので、秋を通り越していきなり冬が訪れるような気持ちです。 そろそろ冬服の点検、冬タイヤの準備をしなければ、とちょっと気が重いのでした。 北海道に住んでいれば避けられない長い冬、いまから覚悟を決めないといけません。 このパノラマ展望台も次第に冷たさが増してくるので来るのは今年はもう最後だと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-28 16:04 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 22日

しあわせのおすそわけ

d0110197_19443190.jpg

 週末は大阪で甥の結婚式がありました。 といっても大きくなってからは会う機会もなく、どんな青年になっているのか楽しみだったのです。 私達の結婚式の時 披露宴会場を走り回る7才と5才の坊やだったのに月日が流れるのははやいものですね。 義姉夫婦は社交的で気遣い上手な方なので、きっとそんなDNAを引き継いでいる御兄弟なのだろうと想像していました。 長男のD君は昨年沖縄で双方の両親だけの立ち会いで挙式、今回の主役次男のY君はごく限られた親戚と職場の同僚と友人だけでとそれぞれが自分たちで考えて企画する、そんないい時代。 「遠いところお越し下さってありがとうございます。」と挨拶してくれたD君は義兄譲りの優しい笑顔、そして写真で拝見していた初々しい奥様を紹介してくれました。
d0110197_2081729.jpg

 そして支度が調った新郎新婦がまばゆいばかりの笑顔で登場。 式、披露宴と滞りなく進み、伯母によるシャンソン、友人によるカノンのエレキバージョン演奏の披露など来客を楽しませようと若い二人が考えた趣向が続きました。 そして感激したのは終盤のサプライズです。 義姉は事前にご存じだったのかもしれませんが、新郎が日頃の感謝を伝えようと義姉と義母、つまり自分の母親と祖母を壇上に呼び、二人と手をつなぎ会場を一回りしました。 幼い頃から頻繁に遊びに行き、それは20年前義父が亡くなった後も続き、成人してからも一人暮らしの義母に時折顔を見せてくれていると耳にしていました。 式の最中 うっすら涙を浮かべていた義母には最高のプレゼントだったに違いありません。 やはり義姉夫婦の息子さんでした。 
 披露宴を終えリムジンバスに飛び乗り、最終便で家に着いたのはかろうじて日付が変わる数分前というハードなものでしたが、
この日は心暖まる想いを抱えて眠りにつきました。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-22 17:45 | diary | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 16日

シロクマ食堂

d0110197_212318.jpg

個展が終わっても、ゆっくり出来ずバタバタとした日々を送っていましたが昨日それもようやく解放されました。
今日は朝里のヴィンケルから私の大好きな旧日本郵船株式会社の近く、色内に引っ越してきたシロクマ食堂の紹介です。 
三平食堂のあったところという方が分かる方がいらっしゃるかもしれません。
d0110197_21294732.jpg

店内で黙々と働くマスター、朝里の頃と変わりません。 でも実際は気さくなマスターです。
d0110197_21352730.jpg

メニューはカレー、どんぶり・・・、どれも美味しいですが特に私はネパールチキンカレーが好きです。
d0110197_2139437.jpg

スパゲッティーのなかでは牛ゴボウの和風スパゲッティがお気に入り。
d0110197_21381218.jpg

そうそう忘れるところでした、ここの牛トロ丼オススメです。 手切りハンバーグは今はお休みしています。 最近新しいハンバーグが登場したのですが、まだ食べていません。
d0110197_21483736.jpg

この日食べたのはワタリガニのトマトソーススパゲッティ、豪快にハサミでバリバリといきます。 カニを剥いているうちにスパゲッティが延びてしまいましたが、辛めの自家製トマトソースが味を引き締めています。
d0110197_2153236.jpg

しろくまアイス、これは生乳から違って極上品。道内ではここでしか味わえないそうです。


シロクマ食堂
小樽市色内3-6-3
℡ 0134-31-4690
営業時間 「だいだい朝11時から夜10時くらいまでやってます。」と書いてありました。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-16 21:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 11日

○おちゃわん○

d0110197_7395116.jpg

今日は個展にかかりっきりでアップしそびれていた美味しいお店の紹介です。 
白いのれんも掛かっていますが店名が控えめに入ってるだけなので、最初は何のお店か分かりませんでした。
d0110197_7472380.jpg

元々は寿司店でその後定食屋になったと記憶がありますが、今は茶系で統一され落ちついた空間に生まれ変わっています。 二階の座敷は今は主婦の集まり場所になっている様子。 家族経営できびきびと働いている姿が見ていて気持ちがいいです。
d0110197_7513630.jpg

メニューによってこの大皿の中から1品か2品好きな惣菜を選ぶことが出来ます。 ランチメニューは日替りで、煮魚定食・焼き魚定食(各650円)、刺身定食(750円)。定番メニューはザンギ定食・生姜焼き定食(各650円)、とんかつ定食・天ぷら定食・ハンバーグ定食(各700円)と良心的、惣菜も手作りで美味しい。 小食の方のために、惣菜2品のみのちょびっと定食(450円)もあります。
d0110197_7531320.jpg

この日は刺身定食、惣菜は陣笠揚げと蕗の煮物をセレクト。 どのメニューも濃すぎることもない程よい味付けで飽きがきません。  
宴会、お弁当の予約も承るそうです。  次回は洋食屋さんを紹介します。


○おちゃわん○
小樽市稲穂2丁目14-11
℡ 0134-64-5031
営業時間 10:30~14:30 17:00~20:00
定休日 日曜日・祝日
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-11 08:02 | 美味しいもの | Trackback | Comments(5)
2012年 10月 07日

個展雑感     悩むもの

d0110197_184054.jpg

 個展を開催する時にいつも苦労すること、 それは値段つけ。 安くすれば沢山売れるのは確かです。 けれどそれではホテルに納める手数料等を引いたら殆ど残りません。 けれど高くすれば・・・、頭の痛い問題です。 プロの作家さんも価格決めは容易なことではないらしく、以前 陶芸家の桃青窯氏も過去記事に書かれていました。 プロの作品と私のそれとは違いますが、この記事には考えさせられました。 また「自分の作品を安売りすると、主婦の片手間仕事と思われてしまうよ。我々の仕事は手芸とは違うのだから。」、以前先輩木工作家にいただいたアドバイスです。 
 
 いろいろ考えた結果、「価格は作り手の作品への自己評価であり、大げさに言えば買い手に対するメッセージ、売れても売れなくても自分で責任をとろう。」と決心し、価格を付けました。 結果 幸いなことに目標額を少し上回ることが出来たのです。 お買い求め下さった方々に感謝するとともに、的外れな額ではなかったのだと胸をなで下ろしたのでした。 

そして売れたという実績と、いくばくかのお金を材料費とモチベーションにかえて、また創作に向かおうと思います。 それにしても価格って本当に難しい・・・。 何度個展を開催しても、迷いながら決めるんだろうと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-07 21:02 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 04日

個展雑感    作品を通じて

d0110197_2115012.jpg

個展の開催期間中半 素象人形の同門のグループ展が1週間札幌で開催されました。 私は独自の世界を行くために卒業しましたが、同じ師から学んだ大切な仲間達です。 どこまで効果があるか分からなかったのですが、小樽のギャラリーにグループ展のハガキも置かせていただきました。 すると「『小樽の個展が素敵だったのでこちらにも伺いました。』という方が昨日3人いらしたのよ。」と当番の仲間が教えてくれました。 素直に嬉しかったです。 札幌に出掛ける用事があったのかもしれませんが私の作品を御覧になって仲間のグループ展にも立ち寄ろうと思い、足を運んで下さったのです。 今回の個展は1ヶ月あるため常駐出来なかったのですが、作品を通じて私の想いを受け取って下さった方もいらしたことが分かって本当に有り難く思いました。 「次はもっと良い作品をお見せできるよう頑張ります。」とお礼と共にお伝えしたいと思うのでした。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-04 21:42 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 02日

「素象人形と陶板画展」 終了しました

d0110197_17114667.jpg

一ヶ月のロングラン開催の個展も無事終了しました。 今回は芳名帳ではなく感想ノートを置いたのですが、素象人形や陶板画への好意的な感想が書かれていて嬉しく思いました。 またお会いできなくて残念でしたが地元だけでなく、札幌からも二度、三度立ち寄って下さった方もいらしたようで感激です。 それでも期間中数日の休み以外ほぼ連日時間単位でギャラリーに通ったため、直に声を聞けたことが何よりの収穫でした。 実は開催の2週間前からとても不安で寝られなかったのです。 特に陶板画は初発表でどんな反応があるか、ドキマギしていましたが杞憂に終わりホッとしています。 そして作品に向き合っているうちに気が付いたこともありました。 
9月なのに真夏並みの暑さが続いた一ヶ月ですが、それにも関わらずお越し下さった方々、応援して下さっ方々に心から感謝いたします。 ちょっと自信に繋がりそうな手応え、そして同時に今後の課題が見えてきました。 疲れが取れたらまた数年後の個展に向かって進んでいこうと思います。 本当にありがとうございました。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-02 23:10 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)