<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 14日

カテゴリー              ギャラリーにて

d0110197_1905399.jpg

 以前陶芸の方と展示を開催していた時、 器を前に「これは何焼きですか?」という質問をされるお客様がよくいらっしゃいました。 私も陶芸の事は詳しいとは言えませんが説明すると、よくいう◯◯焼きとは、たいてい窯業地のやきものを指しています。 窯業地は、そこの土地でとれる陶土でその土地独自の様式や技術を見出し、築き上げ、それが伝承され引き継がれたものが◯◯焼きと呼ばれるようになったのだと理解しています。 しかしながら流通が発達した現代、アマチュアでさえ好きな産地の土を簡単に手に入れられます。 なので今では東京で清水焼のような器を作りたいと思えば出来ますし、備前の土を取り寄せ北海道の土と混ぜて焼くことなんてことも可能なのです。 勿論窯業地では今も伝承され技術を引き継いでいる窯元も多いですが現在のやきものはそれだけでなく、陶芸作家の自由な創意工夫から生まれた作品も数多くあります。 そのため「◯◯焼き」にも属さない作品も数多く出回っているのでした。 思うのですが、「何焼きか」と尋ねる方は失礼ながら、◯◯焼きをよくご存じないのでしょう。 それなのに「◯◯焼き」に分類することで何が分かるというのでしょうか? もしかしたら目の前にある陶芸品がどこに分類されるのかを知ることで理解の糸口を見付けたいのかもしれません。 けれども何かに分類するのではなく「自分が感じるままに見て、そこから見えてくるもの、感じられるものを素直に受け止める。」、その方がずっと深く理解したことになるのではと私は思うのです。

 また個展でも私のことを「彫刻家なのですか、それとも陶芸家なのですか?」とか「この世界はなんというジャンルなんでしょうか?」という質問を受けることがあります。 そんな時 「私はどちらでもありません。 素象人形自体が『彫刻でも人形でもない。』とみなされ、カテゴリがないのです。 けれどある方に『カテゴリーとは人が作ったもの。 ならば あなたのカテゴリーが作られるように頑張りなさい。』と、励まされました。 それ以来 同じ作るなら自分独自の世界をと思い、試行錯誤しながら模索しています。」とお答えしています。 
「それは素敵ですね。 頑張って下さい。」と言って下さる方もいれば、「そんなやり方 不安はないのですか?」 などど尋ねてくる人もいます。 けれど粘土の可能性は無限、そこから何を見出すことが出来るか、それは自分次第と思うとむしろ緊張を伴った高揚感があるのでした。 勿論 私の世界は既存のジャンルではないゆえ、広く知ってもらうにはこれから先、長い時間と努力が必要です。 また先人がいない道を細々と歩くのは時に孤独を感じる事も正直あるのですが、それでも私は諦めないで進んでいこうと思っています。 まだ私は◯◯才(笑)、先が見えないけれど遙かな道のりを歩く時間もまだありますから。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-09-14 07:48 | 素象人形 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 09日

固定概念           ギャラリーにて

d0110197_1595543.jpg

                                                  「鶴の舞」


 「色はつけないのですか?」  「これは彫刻と違うのですか?」 いずれも展示する度にされる質問です。 一般的に「人形とは色がついていて、可愛らしい置物」という固定概念がありますが、疑問に思っても尋ねられないで帰られる人もいらっしゃると思い、今回は私の持論を印刷し、素象人形の横に貼っておきました。 そうすれば私が接客できない時でも 興味のある方は読んでいただけると思ったのです。

 けれど昨日のお客様は上の画像の作品を御覧になって「アイヌ模様がありませんね。」と仰有るのです。 これはアイヌ民族の舞踊、
「鶴の舞」をモチーフにしていますが、実際に踊るときはモレウというアイヌ民族伝承の模様を襟元や裾にあしらった衣裳を身に纏っているのでした。 けれど素象人形とは最小限の表現スタイル、柄がないほうがモチーフが生きるので省いたのです。 この作品は和装の女性が裾を持っているシルエットだけで十分 「鶴の舞」を表現できたと思うのですが、咄嗟のことであまり上手く説明できませんでした。
 
 ですが、こういう質問は想定外。 いつも色をつけないこととか、彫刻との違いばかり尋ねられていたからです。 ふと気が付きました。これも固定概念ですね。 素象人形を広めたいなら、もっと色々説明すべきことがあるのです。 昨年の個展で感じた実際に作品を見ていただく大切さ、今年はまだ始まって間もないですが直に説明する重要性を教えられました。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-09-09 14:55 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 03日

初日から三日間

d0110197_14371020.jpg

取材を受けたり、新聞の告知を見て足を運んで下さった方、そしてわざわざ立ち寄ってくれた友人を案内したりして三日間が過ぎました。
d0110197_14403162.jpg

また このギャラリーの特徴であるアーケード街に面しているため、通りすがりに「あれ なんかやってる。 ちょっと見てみよう。」という感じで入ってきて下さるお客様との出会いもあって楽しいです。 会期一ヶ月のロングラン、小樽にお越しの際はお立ち寄りください。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-09-03 19:54 | 素象人形 | Trackback | Comments(4)