ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 27日

気が引き締まります

d0110197_1832934.jpg

個展会期まであと僅か、今年は市内の美術館や他のギャラリー、飲食店などに案内ハガキを置いていただくお願いに回っています。
その中でハガキを御覧になるなり、「この作品知っている、ブログを検索したことがあって・・・。」とか「昨年札幌で個展されましたよね。」と分かっていただける方が何人かいらっしゃいました。 やはり関心を持って下さる方と直接お会い出来、「是非 拝見しに伺います。」と言われるのは本当に嬉しいです。 「素象人形を広めたい。」、その想いが少しずつ実現に向かうように、また同時によりいい個展になるようにと気を引き締めて準備をしようと改めて思いました。 
[PR]

by Blog_Maya | 2012-08-27 18:21 | 素象人形 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 21日

案内状が出来ました

d0110197_13534194.jpg

 いよいよあと10日余りで始まる個展の案内状がようやく出来上がってきました。 このギャラリーは9年前初めて個展を開催した思い出深い場所であり、展示会を含めると4回目。 本当にこのギャラリーに育てていただいていると思います。 「初めて個展をした時は購入して下さるお客様に言葉も掛けられなかったんです。」と知人に打ち明けたら、「へえ そんな初々しい時もあったんだ。」と言われてしまいました。(笑)  それでも昨年 初めて札幌で開催したときに「ブログ見てます。」と声を掛けていただいた時はビックリしてしまって何を言ったか覚えていません。(ちゃんとお礼を言っていたらいいのですが・・・) 。
 
 去年の札幌での個展の前にギャラリー担当の方から「来年いかがですか?」とお誘いを頂いていました。 そこで札幌で開催した後で小樽の知人友人達より「行けなかったんだ、ゴメンね。」といって下さる方が多かったので、昨年発表した素象人形とその他の陶作品の一部を今回展示しようと思っています。 そして昨年お越し頂いた方にも楽しんでいただけるように二年前から取り組んできた陶板画を今回初めて発表する予定。 これは数年前に閃いて二年余り試行錯誤をしていました。 長年素象人形という立体造形に携わっていて、陶板といえばレリーフを作っていた私ですが、「たたら」という平面の世界でどのような表現が出来るのかを模索していました。 言わばこれも「粘土の可能性の追求」、粘土の種類、釉薬の他、額装等 勉強しなければならないことがたくさんありましたが、発表の場があることを励みにここまで来ました。 今後も発展していこうと考えていますが、皆さんにお見せ出来るところまで到達したと思います。 お越しの際は忌憚なきご意見ご感想をお願いいたします。


素象人形と陶板画展

      摩 耶

2012年9月1日(土)~30日(日)  10:00~19:00 (最終日15:00まで)
オーセントホテル小樽 1Fギャラリー
小樽市稲穂2丁目15-1  (小樽駅より徒歩5分)
Tel 0134-27-8100



追 記

準備している横から、娘が「ネコが多いね」と声を掛けてきました。 確かにアクセサリー、メモスタンド、陶板画と気が付いたらネコだらけ。 ネコ以外もありますが、小樽には野良猫が多いからでしょうか、とっても身近なモチーフなのでした。  勿論 素象人形にネコはありません。
[PR]

by blog_maya | 2012-08-21 14:40 | 素象人形 | Trackback(1) | Comments(0)
2012年 08月 13日

やはり東京は暑かった~

d0110197_22242069.jpg

 今回の旅行の一番の目的桃青窯さんの個展会場、地元千葉三越。 二日目の朝一番で行ったので誰もお客さんがいらしていないし、御本人すらまだなので(笑)ギャラリー担当者の許可を得て撮影。 広くて落ちついた会場に先生の作品が並んでいました。 大学卒業後 テレビ局のプロデューサー、大病院の事務局長という異色の経歴を持ちながら52歳で始めた陶芸でプロとなり公募展に挑戦し続け、遂に一昨年 日本伝統工芸展の正会員になられた桃青窯さん。 それは並大抵の努力ではなかったに違いありません。 けれど彼が陶芸を始めた年齢にもまだ達していない私には異ジャンルとはいえ、とても励みになるのです。  代名詞となっている糸貫波状紋のマグカップが欲しかったのですが・・・なんと初日に売り切れてしまっていました(涙)  それでも間もなくいらした桃青窯さんと待ち合わせをしていたムースさんと まだ人気が少なかった会場で午前中 作品に触れながらゆっくりとお話出来ました。
d0110197_2248571.jpg

 翌日は上野や神田、銀座など美術館巡り、最終日は渋谷東急ハンズで材料集め、充実した時間だったけれどあまりの暑さに写欲が全く失せて画像がありません。 覚悟していたけれど本当に辛かった。 常夏の国マレーシアより暑く感じたのは高湿度のせいでしょうか? 寒さなら耐えられるけれど、暑さは耐えられない道産子の私、今日までダウンしていました。 東京の人は何故あんな暑さに耐えられるの?
 
 けれどやはり東京へ行けばいろんな刺激を得ることが出来るし、桃青窯さんから得られるものが大きいのでした。 これからは井の蛙にならないよう時々東京に行きたいと思います。 さあ明日からまた頑張って働かねば!















 


 
[PR]

by Blog_Maya | 2012-08-13 22:58 | diary | Trackback | Comments(10)
2012年 08月 06日

プロにも御案内♪

d0110197_20202779.jpg

 来月に個展を控えて、いろいろハプニングが続出。 あたふたした日々を送っていましたが、先日 嬉しいことがありました。 
 長年ブログで交流させていただいているカナダのムースさんが親子で東京に帰省前に小樽に遊びにいらっしゃったのです。 以前からお誘いしていて、ついにお会いすることが出来ました。 彼女は向こうで観光ガイドの仕事をされている、言わばプロです。 ちょっと緊張したが、けれど北海道は初めてということなのでベタなエリアを含めての「通な小樽」をご案内させていただきました。 それにして初対面とは思えないくらい気軽にお話しすることが出来、ブログを通じて彼女とは価値観が近いという思いは間違いなかったのだと改めて思いました。 

実は私、明後日から東京です。 千葉で開催される桃青窯さんの個展を中心に美術館巡りをする予定。
ムースさんとも「再会」出来そう!! いざ、灼熱地獄に飛び込むぞ!!
[PR]

by Blog_Maya | 2012-08-06 20:36 | diary | Trackback | Comments(2)