ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 29日

泊原発の廃炉をめざす会

d0110197_2155766.jpg

 昨年の東日本大震災では地震、津波被害よりも深刻な福島原発事故の全貌が明らかになっても東京電力、原子力委員会、政府は責任を取らなかったことに憤っているのは福島の人々だけではないと思います。 それなのに大飯原発はこの夏 何の安全も確保されていないのに再稼働させました。 焼き肉は安全対策が見つからないからと牛レバーの生は販売禁止になったのに、何故原発は再稼働出来るのでしょうか? フクシマ以来、イタリアなどの海外では原発縮小の傾向が加速しているのにも関わらず、当の日本は まだ愚かな選択をしているように思います。
 
 北海道には唯一 泊(とまり)に原子力発電所があります。 場所は積丹半島の西海岸側、小樽から40キロ、札幌からは約70キロの距離に位置し、周囲は北海道電力が認めてない活断層だらけです。 風向きから推測するとニセコ、岩内、余市はもとより小樽、札幌、石狩、江別、岩見沢、美唄、恵庭、三笠・・・ と広範囲に放射能に汚染されるのは明らかです。 昨年友人が「泊原発の廃炉をめざす会」に入会しました。 彼女からこの会が68人の弁護士と612人の原告で泊原発周辺の活断層、奥尻に被害を与えたような巨大津波が泊原発を襲う危険性を訴え、廃炉請求を昨年 札幌地方裁判所に提訴したと教えてもらいました。 68人の弁護士とは手弁当持参のボランティア、612人の原告とは反原発活動をしている人の他に、震災を機に危機感を感じた一般の人々も多いと聞きました。 

 次世代の子供達のためにも原子力発電がもたらす負の遺産をこれ以上増やしてはいけないと思っていましたが、何をしていいか分かりませんでした。 そこで微々たることでも出来ることから始めようと思い、今年 私も入会しました。  特に活動出来なくても、賛同人となることが出来ます。 入会は一口千円から、少しでも関心のある方はこちらの参加要項を御覧ください。

追記
先日第二回の廃炉請求の裁判資料が届きました。 昨年に続き裁判をするのです。 私はこの原告の一人になることを決めていました。 といっても委任状を提出してあとは弁護士の方々に託すだけでしかありません。けれど人数が一人でも多い方がいいと思うのです。 原発はいま見直さなければ 二度とこんな機会がないかもしれません。 
[PR]

by Blog_Maya | 2012-07-29 22:38 | diary
2012年 07月 21日

入学アルバム?!

d0110197_20594234.jpg

 入学式前 息子が入る大学の生協から加入案内とともに入学アルバムなるもののカタログも送られてきました。 「入学アルバム? なんでそんなものあるの? 買う人いるの?」とほったらかして息子は入学。 入学式会場では別室が設けられ、入学者一人一人顔写真を撮られたと聞きました。 「でもあんなもの要らない。」「そうだよね。」と親子の間では話は終わっていたのでした。

 ところが先月 こちらに送られてきたB4サイズの封筒には「入学式当日に予定しておりました入学記念スナップ撮影が悪天候の影響で十分な撮影が出来なかったため、この度 写真の追加募集をいたします。」として入学式当日 家族で撮影した写真、家庭で撮影した写真、入学後に友人と撮影した写真などを募集していると言うのです。 そしてんなんと入学のお祝いメッセージを載せるので家族に書いて下さいとまでありました!! この入学アルバムなるもの、お値段 18900円、どうやら親が子供の入学を喜んで買うものらしい。 しかし 国立大学でここまでやるというのは驚きでした。 

 私の学生時代、卒業アルバムなるものはありました。 確かにあれも高額だった記憶があります。 けれど入学アルバムというのは何の意味があるのでしょうか?  掲載内容と言えば大学キャンバス紹介、航空写真、入学試験、入学式、学長式辞、新入生個人写真、歓びのメッセージ・・・、そこには何の思い出もありません。 それに親からの個人的なメッセージやスナップをこのアルバムにわざわざ掲載する意味があるのでしょうか? 入学はゴールではなくてスタート、遠くから見守る親でありたいと思います。

 息子は既にある部に入り、いろいろな人に出会い、活動をしていると聞きました。  きっと毎日が新鮮で今が一番楽しい時期なのでしょう。 たくさんの経験をして、そしてアルバムに収まらない程 多くの思い出を作って欲しいと思います。 
もし撮りためた写真があるのなら、記念にフォトブックを作ればいいのでは。 これは手軽でお勧めです。 もっとも息子は写真を撮られるのが嫌いだから、卒業時になっても作れないかもしれません(笑)
[PR]

by Blog_Maya | 2012-07-21 08:01 | 子育て
2012年 07月 11日

スケジュール

d0110197_7572240.jpg

今年の夏、秋は忙しくなりそう。 個展の他、8月9月10月に来客や旅行や親戚の結婚式が決まって、嬉しいことに休む間もなさそうです。 本来時間の使い方が上手くない私、身体の休息に配慮しながらも ちょっとがむしゃらに頑張らねば。 
[PR]

by Blog_Maya | 2012-07-11 08:08 | diary
2012年 07月 07日

好きなものは飽きない

d0110197_845795.jpg

通りかかると必ず立ち止まる富岡教会。 このブログでも何度も取り上げているので もう説明の必要がないと思います。
小樽では2番目に気に入っている建物、やはり何度見てもいいですね。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-07-07 08:51 | 小樽
2012年 07月 01日

神保彰のワンマンオーケストラ

d0110197_8592418.jpg

娘がファンの神保彰氏のライブが小樽ゴールドストーンであり、昨日は付き合ってきました。 実は私ライブなるもの初めてなのです。
d0110197_92645.jpg

チケット番号順に並んで、その順に入場するなんてコンサートにはないシステム。 48番の私達は最前列斜め45度の座席、演奏者との距離はなんと2メーター!! 「こっこんなに近いの?」  演奏者をグルッと一周取り囲んでの座席配置もビックリです。
d0110197_1145946.jpg
 
「ワンマン・オーケストラ」を実現するために考案した「ドラム・トリガー・システム」と呼ばれるこの機材、「電子ドラム」とほぼ同じ機能を持ち、ドラムの各パーツに貼り付けたピックアップや電子ドラムパッドを接続し、それぞれのパーツから打撃を受けると、その信号を機材内で設定したMIDIの信号に変換する仕組みになっていて、あらかじめ切り替えスイッチになっているパッドや和音などやピックアップが収まっているとのこと。 これにより一人での多重パート・メロディ演奏が可能となっているのだと説明がありました。
d0110197_11201982.jpg

「千手観音」と評されるドラミングの迫力は当然ながら迫力満点でした。 レパートリーも広く古巣のカシオペアに始まり、マイケルジャクソン、美空ひばり、YMO、レディーガガ、坂本九・・・そしてアンコールはジャズ。 演奏する音程はあらかじめ機材にプログラミングされているため、1打でもミスをするとその後の演奏が破綻してしまうのだとか。 終了後 娘はオリジナル曲のCDを購入、神保氏はサインを丁寧にCDと歌詞カードに入れてくれました。 写真嫌いの娘ですが、氏とのツーショットにややはにかんで。012.gif 昨日はちょっと興奮の夜でした。 
それにしても会場となったゴールドストーンは全国5本指に入るほどのライブハウスだと、昨年初めて来られた神保氏は言われていました。 ここは旧渋沢倉庫、歴史的建造物であり、都市景観賞を受賞していた貸し倉庫でした。 明治28年に建った木骨石造りの この倉庫を小樽出身のイベント企画会社社長が買い取り改修し、平成22年秋にカフェバー&ライブハウスとしてオープンしたそうです。 私は撮り忘れたけれど、神保彰氏のツイッターに外観が載っていました。 小樽にそんな素敵なライブハウスが出来ていたなんて知りませんでしたが、ちょっと嬉しかったです。 
[PR]

by Blog_Maya | 2012-07-01 09:06 | 鑑賞