ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

初 夏

d0110197_1759467.jpg

肌寒い日もあれば暖かい日もある最近の不安定な小樽の気候、
d0110197_1805927.jpg

それでも少しずつ夏に向かっているのだと、この海の色で実感する。
d0110197_1825660.jpg

北海道は初夏が一番気持ちがいいのです。 潮風の心地よさをお伝えできないのが残念。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-05-31 18:04 | 小樽 | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 19日

「ミツバチの羽音と地球の回転」

d0110197_11352518.jpg

今日は画像と関係ない話ですが、札幌の自主上映で鎌仲ひとみ氏監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」を見て来ました。 この映画は以前紹介した堀田さんが去年5月に御覧になって、それがきっかけとなって今年の4月にご家族で祝島に移住された、そんなこともあって是非観たいと思っていたのです。

半農半漁で生活している山口県の祝島の住人達は島の僅か3キロ先に上関原発が計画された28年前から海を守るため反対の声をあげていました。 海の温度は一度変わっても生態系が壊れてしまうのだそうです。 しかし中国電力は原発推進の国策を味方に住民の意見を聞こうともしません。 そして2009年9月10日より祝島の人々は中国電力の田ノ浦埋め立て着工を阻止する行動を開始しました。 原発建設のための工事区域を示すブイを置こうとする中国電力の巨大な作業船、これに祝島の人々が漁船を繋げて入港を阻止、身体を張って命の海を守る闘いが50日も続きました。 映画はこの闘いを演出することなく、ありのままの姿を映し出しています。 そのやり取りの中で感じたことは自然と向き合って生活している人々の言葉の重み、それに引き替え官僚達の言葉の薄っぺらなことです。 

映画の中では電力の自由化が進み、自然エネルギーだけを選択できる仕組みもとられているスウェーデンも紹介していました。 ここでは持続可能な社会をつくる 市民の取り組みがすでに始まっていて、一般家庭で電気を選択できる仕組みになっています。 ここで私は自分が日本で電気が一会社に独占されていることに何の疑問も持っていなかったことに気が付きました。 そして「何故日本は地熱を利用しようといないのか。」という言葉に絶句します。 日本は温泉の宝庫、眠っている資源があったのに、何故原発への道を歩んでしまったのでしょう。 東日本大震災前に完成していたこの映画に これからの日本のあり方を考えさせられました。
ホームページはこちら、興味のある方はどうぞ。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-05-19 00:05 | 鑑賞 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 14日

春の小樽ツアー開始

d0110197_21431029.jpg

先日大学のクラス会で約束した同級生を集めての小樽ツアー第一弾を開催しました。
岩見沢や札幌にいる友人達、学生時代や家族連れで何度か小樽は訪れたことはあるけれど、皆一様に「運河、寿司、ガラス」のコースしか知りません。 この日は天気が良かったので天狗山桜を見に行くことを思いつき、迎えに行った小樽駅から直行しました。 この眺めに一同感激、その後は私のお気に入りコースに御案内。 「初めて小樽に来たみたい。」と喜んでいただけました。

また旧日本郵船株式会社小樽支店では すっかり職員さんに私は顔を覚えられたようで、「いつもいらしてる方ですね。じゃあ ガイドは不要だ。 ごゆっくりどうぞ。」と言われました。 今年はまだ同級生が何組か小樽に来てくれます。 また夏には遠方よりお越し下さるお客様も。 今年も一人でも多くの人に小樽の奥深さを分かっていただけたらと思っています。






 
[PR]

by Blog_Maya | 2012-05-14 22:10 | 小樽 | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 05日

新しい玄関口

d0110197_844230.jpg

外観はあまり変わっていないのですが、長い間改修工事が行われてた小樽駅。  1934(昭和9)年に建設されたこの駅は、道内最古の鉄骨鉄筋コンクリート造の駅舎で平成18年には国の有形文化財に登録されていました。 しかし老朽化や耐震性の観点から
2010(平成22)年から改修工事が始まり、トイレの整備や耐震補強、外観復元工事が行われ、これに併せ駅構内に店舗エリアが設けられました。
d0110197_848669.jpg

連休前の4月25日にオープンしました。 これはその時の画像です。 
まずは入り口入ってすぐの小樽サンジェルマン、パンはすべて店内で焼きあげます。 午前7時30分開店。
d0110197_901928.jpg

あまりの人の多さに写真が撮れなかったのですが、店舗はあと4店。 ちなみに上の画像は川のように人が流れていた時 人が少ない一瞬。 まずはコンビニとお土産店を兼ねた、北海道四季彩館小樽店、午前6時45分開店。

その奥に小樽など後志(しりべし)管内を中心に北海道の食を集めた、駅なかマート タルシェ、午前9時開店。 中でもスイーツは、朝里川(あさりがわ)温泉「トーイズスウィート」のクッキーや銭函 「ガトーフレール」の焼きドーナツなど、小樽市内でも少し足を伸ばさなければ行けなかった商品を取り扱っています。また、立ち食いすしや揚げたてのかまぼこ、後志産の季節のフルーツを使ったソフトクリームのコーナーもあり、多様な味が楽しめます。 お寿司はミシュランガイドに一つ星掲載された伊勢鮨なんですって。 テイクアウトの海鮮ちらしも種類豊富でした。
反対側には小樽で焙煎(ばいせん)した新鮮な豆によるコーヒーが味わえるCafe 可否茶館(かひさかん)。 香り高いコーヒーと地元食材を使用したケーキが楽しめます、午前8時オープン。 残念ながら珈琲が飲めない私は香りを嗅いで通り過ぎるだけになりそう。
d0110197_910586.jpg

そして一番奥が北海道初進出のバーガーキング JR小樽駅店、午前7時オープン。 この日も行列を作っていました。 娘が興味津々なのですが、大学時代よく本場で食べたという夫の話ではマ○クより若干美味しい程度だとか・・・、あまり期待しないで行列がなくなった時期に試したいと思います。

JR北海道によると「古き良き小樽と新しいモダンな小樽を融合させた小樽駅」がコンセプトだそうです。
なんか まだ人が多すぎて落ち着かない感じが・・・。 この日はパンを買い求める友人に何人も会いました。 品揃えを見ると観光客向きですね 。でもそれは観光都市小樽では当然のこと、これを機にバスツアー客だけでなくJRからの利用客が増えるといいなと思いました。 ちなみに娘はどの店の開店時間より早く電車に乗るので朝利用することは出来ません。 たまに母が弁当作りサボりたい日に買えると助かるのですけれどね(笑)

追記
この記事を書いているのを見て娘がランチをバーガーキングでと言い出しました。 混んでるところにわざわざ行きたくないので、テイクアウトならということで こどもの日だというのに娘を並ばせました。 午前11時半に娘 店に到着、既に行列が出来ていて並ぶこと約30分、ようやく店から出てきました。 注文したのは夫のワッパーセット、私のTeriyakiセット、娘はBK RINGOセットにしたかったのですが売り切れでベーコンセットに。 この次点で他のセットはほとんど売り切れだったそうです。 しかも戻ってきた娘は大きなレジ袋二つを肩にかけたサンタクロース状態で登場,三人前なのに。 中を見てみるとそれぞれの紙袋が大きすぎ、この包装何とかならないのですかね? 食べた感想は・・・あっさり目、炭火焼きが特徴なのかな?基本的にジャンクフードは好きでないので、たまに娘に買ってあげるくらいでしょう。 またオニオンリングは一回で食べ飽きました。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-05-05 09:44 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 02日

待ち遠しいのです

d0110197_21222760.jpg

ここ数日夏並みに暑かったので、桜の開花が気になって・・・。
d0110197_21254848.jpg

ちょっと風がありましたが、お気に入りスポット 南小樽駅まで行ってきました。
d0110197_2127098.jpg

まだ三分咲きでしたが、やはりここの桜が一番好き。 早く満開にならないかな060.gif
[PR]

by Blog_Maya | 2012-05-02 21:29 | | Trackback | Comments(0)