ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 24日

10年後の自分

d0110197_79067.jpg

休日に本棚を整理していたら、15年ほど前に参加したセミナーの資料が見付かりました。 それは10年後の自分を想像してみなさいという趣旨で、人生を10年単位で考え計画することで充実した生活を送ろうというものでした。 その当時の私は2人目の子を妊娠中で上の子が幼稚園に行っている合間に参加したのです。 その時に書いたのは「創作活動への復帰」、ただそれだけでした。 当時の私は初めての育児に追われ、望んで授かった子とはいえ自分の時間がないことに諦めの境地だったのです。 それでも「いつか必ず復帰したい。」、その思いは消えませんでした。 幸い子供が小学校に入学したのを機に復帰出来ましたが、子育てで休止している間に恩師が亡くなり、その当時は何時出来るか、出来ないのか・・・展望が見えずに悶々としてました。 そんな状態から復帰出来たのは私1人の力ではなく、家族の協力、かつての仲間、窯を貸して下さる陶芸教室の先生・・・様々な方のお陰。  そして今は個展2回、展示会も2回開催し、来年の秋にと小樽のギャラリーにお声をかけて頂いています。 あの時には想像も出来なかったことで、とても有り難いことだと思うのでした。
 
今セミナーに参加した気持ちになって一筆書くとすれば・・・「素象人形の後継者の育成」です。 私は師の最年少の弟子でした。 仲間と呼ばせて頂いている姉弟子は70代と60代、50代。 順番で考えると・・・私を最後に素象人形を作る者がいなくなってしまうのです。  後継者を育てるのは以前からの夢でした。 「こういう仕事は・・・若い人には向かないんだよ。」との声が聞こえてこないわけではないのですが、20代半ばで入ってきた私のような変わり者がこの世にもう1人位いるかもしれません。 そんな奇特な人がいつか現れることを願って、今は精進していこうと思います。 ただこればっかりは…10年で実現出来るかは自信がないです。 そもそも まだ半人前の私が人に教えるなんておこがましい話。 「人を指導できる、そんな技量の持ち主になる。」、その方が現実的かもしれません。 でも・・・なれるかな?
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-24 08:52 | 素象人形
2011年 11月 20日

窓の景色

d0110197_992970.jpg

外を眺めると
d0110197_99583.jpg

ちょうど日が沈むところでした。
d0110197_9103560.jpg

こんなにゆっくりと日没を眺めた事はなく、
d0110197_9111121.jpg

刻々と変わる景色をぼんやりと見ていました。
d0110197_9125716.jpg

空はすでに冬色。
d0110197_9133252.jpg

これから春まで長い季節の始まりです。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-20 09:31 | diary
2011年 11月 18日

今更ですが、秋の味覚

d0110197_202956.jpg
 
怪我で外出がままならないのでパソコンの画像検索してました。 思い出しました、イクラの醤油漬けです。 個展の前だったので10月の中旬だったでしょうか。 北海道の主婦には当たり前のことなのですが、秋には鮭の筋子を買って醤油と酒とみりんで作るのです。 知人に教わって昆布も加えました。 コクが出ます。 昆布は好きなので小さく刻んで一緒に食べてしまいます。 今年は鮭が不漁のため筋子も高く一回しか出来なかったけれど、ご飯に思いっきりのせて食べるイクラ丼は北海道ならではの醍醐味なのでした。 いつも正月用に一部冷凍保存しようと思うのだけど、忘れて全部食べてしまうんです。 見ているともう一回食べたかったなー。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-18 20:41 | 美味しいもの
2011年 11月 15日

杖の生活

d0110197_73236.jpg

個展が終了し、サボっていた家事をしようと部屋中掃除し、ベランダから洗濯物を取り込もうとしていた時に・・・「あっ痛。」・・・。 そこにあったのはレール床、レールの切れ端のような金属の塊、金床とも言います。 銅線を叩く為に購入したものですが、この日は個展搬出時に使ったダンボールをたたんで壁に寄せるために重し代わりに置いていました。 痛みは湿布をして休んでいるうちにやわらいできたのですが、湿布を交換しようとしてはがして見ると紫色に変色して腫れている。 「これはただごとではない。」と思い病院に行こうとしたけれど、その時既に診察終了時間。 翌日は祝日の3日、痛みは引いてきて これなら病院に行かなくてもいいかなとも思ったのでした。 
しかし4日になると腫れは以前より酷くなっています。 「痛いもののなんとか歩けるんだけど安心料と思って病院にいこうかな。」と右足負傷にも関わらず、運転して整形外科へ行ったのでした。 診断、「右足第4指骨折、全治1カ月」 「えっ!骨折してるんですか?」  聞くと足の指をぶつけて骨折するかしないかは紙一重だそうです。 そうとは知らずに車で来てしまった私はその場で作ったギブスを外して運転し、家に戻ったのでした。
骨折したのは指一本なのですが、こんなに不便なものなのですね。 朝は家族3人分のお弁当と食事の支度をするのですが、機敏に動けないので御味噌汁まで手が回らなくなりました。 大きい鍋を持つのも洗うのも大変です。 洗濯物を洗濯機から出すのも干すのも楽ではありません。 個展が終わったら、少しは働き者になろうと思っていたのですが、残念ながら(笑)無理だったようです。 個展期間中に引き続き、手抜き主婦で行くしかないみたい。 でも一番辛いのはずっと家に引きこもりなことなのでした。 

 
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-15 09:02 | diary
2011年 11月 13日

私なりの千本ノック

d0110197_2114196.jpg

陶芸家 桃青窯さんが勧める千本ノックにヒントを得て、私もスランプ克服法として首モデルの写実を始めていました。 上の作品は以前にも紹介したことがありますが第一作目。 写実は初めてだったので残念ながら実際より年上になってしまい申し訳なかったのですが、ここから学んだことも多かったです。 

先日のNHKの日曜美術館で画家の岸田劉生を取り上げていました。 恩師は彫刻家でしたが、絵を岸田劉生の弟子に学んだいわゆる孫弟子だと聞いたことがあります。 そんなこともあり何となく興味を持ち、岸田劉生に関する資料を集めました。 すると彼も家族だけでなく、身の回りの人を捕まえてはスケッチを繰り返していたようです。 それはきっと千本ノック。 家に訪れる人は皆、アトリエに引っ張り込んだので「劉生の首狩り」と恐れられていたとか・・・。 モデルを捕まえるのって首狩りみたいなもの?
 
振り返ると師に学ぶことが出来た3年半、粘土と格闘していた私の横顔を時折 先生はスケッチされていました。 年頃だった私はそれがとても恥しくスケッチ帳を直視できなかったのですが、あれも師の千本ノックだったもかもしれません。 今 御存命でしたらモデルになっていただき、挑戦してみたかった思いと果たして先生の人間性を表現出来たか・・・との思いがあります。 個展準備と 新たなモチーフ作りに追われて休止していましたが、そろそろ再開しようと決めました。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-13 10:20 | 素象人形
2011年 11月 10日

主婦も自分の世界を

d0110197_7501195.jpg

                                                    「凍 日」

個展に来てくれた友人の中で、「好きなことやってる摩耶さんがうらやましい。」とか「私もしたいことはあるんだけどね・・・。」という方がいました。 「私ね・・・絵が描きたいの。でもね・・・。」 「昔 お琴やってたんだけど…今はね・・・。」とか以前していた趣味、あるいはこれからしたいことなど様々。 私は中高一貫の女子校でしたから皆同年代の女性です。 本来ならある程度子供に手が掛らなくなって、さあ自分のために何かしようという丁度いい時期です。
 
私 :「じゃあ 始めたら?」
友人:「でも・・・上の子が受験だし・・・。」
私 :「それが終わったら始めたら?」
友人:「それが終わっても下の子がいるし・・・。」
私 :「でももう高校生なんだからほっといてもいいんじゃない?」
友人:「うーん。考えてはいるんだけど・・・。」

これまでの経験上 こういうタイプの人は何年かかっても同じことを言い、いつまで経っても始めることがありません。実際十年前、八年前、三年前からこういうこう言い続けている友人が何人かいるのでした。 経済的に出来ないとか、家族の了解が得られないという状況ではないのに、自分から踏み出せないのです。 中には既に子供が成人してしまっている人も。 長年主婦として家族のために働いていたため、自分だけの楽しみを見つけることを罪悪と思っているのでしょうか。 きっと今まで真面目に主婦業をこなされてきたのでしょう。 主婦としてはいい加減だけど子供が小学校に入ったら、さっさと創作に復帰してしまった私ですが、「子供なんて最後は離れていってしまうのだから、今まで頑張った自分にちょっと御褒美あげてもいいんじゃないの?」と私はずっと思っていました。 まあ正直 私はそんな立派なお母さんではなかったのですが(笑)

私の場合 意外に早い時期に夫が「復帰したら?」と背中を押してくれたことに感謝していますが、必ず復帰したいと思っていました。 復帰してもまだ子供に手が掛ることが多かったので、寝る時間を削っていました。 それだけ素象人形を作りたいという思いが強かったのです。 人生は皆一度きり、主婦だって自分の人生楽しんでいいと思うのですが、その一歩を踏み出すのって勇気がいるのですね。 以前から私はこんなことを書いていました。 そんなたいそうなことではありませんが、主婦だって自分の楽しみを見付けてみましょうよ。
[PR]

by blog_maya | 2011-11-10 08:35 | 素象人形
2011年 11月 06日

個展 余談

d0110197_211238.jpg

                                                    「鶴の舞」


今回の個展は生まれ育った札幌開催とあって恩師、かつての同級生が大勢足を運んでくれました。 それも来てくれるだけでも嬉しいのになんと美味しそうな菓子折を持って・・・。 中には友人のお母様、先輩作家の方までも気を使ってくださって、期間中は有り難いことに毎日お菓子が入った手提げをぶら下げて帰っていたのでした。 
けれど札幌から小樽に帰り着いた私は夕飯作りや家事等に追われ、それが終われば翌日のために即就寝、ほとんどお菓子を食べる暇がありません。 しかし皆さん考えて下さったらしく、チョコレートや焼き菓子など賞味期限が11月末とか12月までのものが多かったので、「個展が終わったら、ゆっくり感謝しながら、じっくり味わっていただこう。」 と楽しみにしていたのです。 勿論自分だけ独占するつもりはなく、子供達には「食べてもいいよ。 でも私の分は残しておいてね。」と言っていました。 

ところがです。 個展が終わって翌日・・・ない!!  えっ!この箱もあの箱も・・・カラッポ!!子供に即聞きました。
娘  :「あっ とっても美味しかったよ!!」
私  :「そっそれは聞かなくても分かるよ。 でも何故私の分がないの?」
息子 :「えっ なにそれ。 お母さん、食べてないの?」
私  :「・・・・・・。」  子供達は最後に言った「私の分残しておいてね。」という言葉、覚えていませんでした・・・・(涙)。

教訓
「大事なことは最初に言おう。」
 
子供達へ
「君達の胃袋に収まったお菓子は本来お母さんが貰ったものだよ。 そこんとこ よーく反省するように。」
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-06 21:05 | 子育て
2011年 11月 05日

個展 雑感3

d0110197_952269.jpg

                                                    「イヤリング」

個展の一番の目的、素象人形を周知してもらう為、お越しいただいた方に「素材は陶芸の粘土です。素焼きしてあります。着色はしていません。」と説明していました。 紙粘土だと思った方は焼成していることに驚き、陶芸をされている方は「焼き締めないのですか?」と質問されたり、「ではこれから釉薬かけるんですね。」と言われたりしました。 内心、「完成していない作品を展示する人はいないでしょう。」と思いましたが、いかに素焼きのままの人形というものに違和感があるのだと再認識したのです。  自分は長年関わっているので、当たり前のことになってしまっていました。 

やはり「素象人形と彫刻の違いはなんですか?」と聞いて下さる方もいらして、ここで私の持論を展開します。 素象人形を理解して頂きたい一心で説明をしたのですが、大半の方に分かって頂きました。 いずれホームページを作って作品紹介をと思っていましたが、それよりも実際に作品をお見せして説明をする、その大切さを実感したのでした。  
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-05 22:16 | 素象人形
2011年 11月 03日

個展 雑感2

d0110197_9511349.jpg

                                                    「羅漢」

今回の展で幸いなことに新聞3社から取材を受け、記事にして頂きました。 そのお話の中でA社の記者さんに対し、一連の創作を問われた時に「粘土の可能性を追求しています。」という言葉が出ました。その時のひらめきで出た言葉でしたが、あながち出まかせでないことに後で気がついたのです。
 素象人形自体が「彫刻でない、人形でない。」とある公募展の中でカテゴリのない不満を陶芸家の方に「カテゴリがなければ作ればいい。」と励まされました。 その時に「どうせ作るなら私独自の世界を。」と思い、素象人形以外で作れるものをいろいろ考え始めたのが今回の個展で素象人形以外の作品でした。 会場でカメラをご覧になった方から、「初めて見た。」とか「本物だと思った。」などど沢山の反応がありました。 ペーパーウエイトなども「こんなものが作れるのですね。」と言って頂きました。 時に「あなた変ってるね。」とも言われましたが(笑)、褒め言葉だととらえています。 
粘土は無限の可能性を秘めています。 実はまだ試作中のものがあって・・・粘土の可能性はまだまだ追及中なのでした。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-03 07:06 | 素象人形
2011年 11月 01日

個展 雑感1

d0110197_865539.jpg

素象人形は販売を意識して製作していません。 生業にしていない甘えですが、実用品でないですし。 けれど全く販売しないと決めているわけではなく入選歴等から決められた価格はあります。 しかしながら無名作家の作品が簡単に売れるほど世の中甘くありません。 
今回の個展で「これは売らないのですか?」と尋ねるご婦人や、「で いくらなの?」といきなり不躾に聞いてくる彫刻を趣味でたしなんでいる男性、作品の題名を書いたカードをそっとひっくり返しているお客様(たぶん値段が書いてあるのだと思って)が随分いらして、私の作品も買う買わないは別として価格がいくらか関心を持たれるようになってきたのだと思いました。 
「買いたい。」とは作家にとって最高の褒め言葉です。 いつか本当に買って頂けるようになるよう精進していこうと思います。
(それを夫に言うと、「じゃあ 次回はカードの裏に値段書いとけば。」ですって・・・だからそんな簡単じゃないんですって!)
さあ 頑張って働きましょう!!
[PR]

by blog_maya | 2011-11-01 08:30 | 素象人形