<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 30日

d0110197_8133814.jpg

二十歳の頃は素肌に自信があったのでほとんど化粧なんてしていなかった。 社会人になっても薄らとファンデーションをして口紅をするくらい。 幸い色白なので七難を隠してくれると手を掛けなかったのだ。
けれど今は立派なおばさんだからそれでは見苦しい(笑) 若い頃よりは丁寧にメイクをして、頬紅を追加している。 他にアイシャドーとマスカラなんかを買ってみたけれど、メイクに10分以上掛けるような根性がない私は普段は使っていない。 それでも化粧した顔になっていると思っていた。 昨日までは・・・。
d0110197_823211.jpg

実は昨日 全く出掛ける予定はなかったのでノーメイクで家にいたのですが、友人から突然召集が掛った。
友人の車に乗り込んで、「ごめんね、素顔なんだけれど・・・。」と最初に謝ったら、「大丈夫だよ、普段と全然変わらないから。 というか普段からノーメイクみたいなもんだと思っていたよ。」と彼女に言われたのです。
あれっ じゃあ普段から汚かったってことなのかな? これからはもう少し手を掛けた方がいいのかな・・・。 一度デパートの化粧品売り場でいじられたことがある。 アイラインにマスカラ、コントローラーなるものなど使われた結果 舞台で芝居が出来るのではないかというほど濃い顔になっていた。 あな恐ろし。 それ以来販売員さんの勧めるものは買わなくなって久しい。  厚化粧ほど見苦しいものはないと思う私、けれどこの年では素顔もみっともない。 身だしなみという点でどの程度までしたらいいのか・・・ちょっと分からなくなってしまいました。 さりげなくきれいに見える・・・・、そんな化粧上手になりたい。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-08-30 08:35 | diary | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 26日

ひとつひとつ・・・

d0110197_10475232.jpg

10月の札幌での個展に向けて忙しい日々を送っています。 小樽では8年前に開催したことはあるのですが、あの時はホテルのギャラリー任せで接客すら上手く出来ませんでした。 今回ギャラリーにお願いしてあるのは展示台とクロスを借りることだけ。 芳名帳やペンは勿論、看板も自分で書かなくてはならないし、什器だって用意しなければ・・・それより案内状の写真が上手く撮れない!!(汗) 

そんな時 尊敬するY氏に「1人で全部するのは凄く大変だけれど、必ずその経験が財産になるから。」と、アドバイスいただいたのです。 とても説得力ある言葉に少々疲れて気味の私の背筋が伸びました。 すると今までと違って 自分で築き上げていってるという充実感を感じるようになったのです。  単純かもしれませんが・・・。 個展まであと二カ月を切りました。ベストを尽くして開催出来るように改めて頑張ろうと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-08-26 10:31 | diary | Trackback | Comments(4)
2011年 08月 20日

貴重な時間

d0110197_92033.jpg

一昨日あたりから娘が宿題を消化するのに血眼になっている。 息子は宿題がないからのんびりと。
母は制服にアイロンを掛けたり、定期券の代金を支払ったり・・・。
d0110197_923347.jpg

23日は始業式、子供たちの夏休みは終わる。 北海道の夏休みは短いのです。
でも ふと思う、主婦にも夏休みが欲しいものだと・・・。 キミ達が家にいるとお昼も作らなきゃならないし、1人の時間がないんだよ。
d0110197_93171.jpg

けれどこうやって家族四人で過ごす期間も今だけなのを思うと、この時間を大切にしなきゃとも考える。 
上の子は来年家を出る(多分)。 正直 そのことを思うと母は寂しいのだ。  
「いっそのこと ずっとここにいようよ。」と振ってみるが、答えは「いやだ。」、即答だ。 せめて一緒にいる時間を楽しもうと思う。 
 
でも「お母さん、お昼何?」って毎日聞かれると、「たまにはお昼ご飯くらい自分でつくってよ!」と思うのだ。
来週から またお弁当づくりが始まります。  あーやっぱり休みが欲しかったなー。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-08-20 09:26 | 子育て | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 17日

嬉しい報告

d0110197_20492080.jpg

                                                   旧日本郵船株式会社小樽支店
この間 小樽市内を御案内した方からメールが来ました。 

「先日は小樽案内ありがとうございました。  何度か訪れた事のある小樽でしたが、案内していただいて初めて訪問した場所みたいに新鮮な印象を受けました。 今回子供達を引き連れ、旧日本郵船株式会社などの建物や運河付近を散策しました。 長女の建築物見学&デッサン課題消化に役立ちました。 お勧めの洋食も娘たちに大好評でした。・・・」

彼女は東京在住ですが、実家が札幌にあるので帰省されていたのです。 時間が限られていたので興味のありそうなところをピックアップして御案内したのですが、その時とても気に入ってくださり、御家族と再訪したいと言ってくださっていたので、一日乗車券や散策マップなどもお教えしたのでした。 でも実際にこうして訪れ、報告してくださるとは感激です。 小樽には一般に知られている観光スポットよりも魅力ある歴史的建造物が沢山あります。 そんな奥深さを知ってほしい・・・と、勝手に小樽観光大使気分でいる私には何よりも嬉しかったのでした。 
[PR]

by Blog_Maya | 2011-08-17 20:57 | diary | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 13日

早朝散歩

d0110197_10384064.jpg

娘が体力作りに朝ジョギングをしたいといいだした。 それで「お母さん 付き合って。」と言うのだけれど、「こんな暑い中 いきなり走ったら私は倒れるぞー。」とウオーキングに変更。 場所は旭展望台、海が見えます。
d0110197_1045568.jpg

私は草木を愛で、緑の中をじっくり歩くのが好きだけれど、
d0110197_10463971.jpg

娘は「なんか じれったい。」と走りだしました。 (ナンダ 結局行っちゃうのね。)
d0110197_10483717.jpg

でも 歩いているうちにオオウバユリを発見。
d0110197_10494364.jpg

立ち枯れのオオウバユリは見かけましたが、生の花を見るのは初めてです。  戻ってきた娘にも教えてあげたけれど、関心全くなし。 この花は咲くまでに7年もかかるんだけれどなー。
d0110197_1051554.jpg

でも 朝歩くのって気持ちがいい。  次回もきっと娘は走っちゃうんだろうけれど。
[PR]

by blog_maya | 2011-08-13 10:55 | 子育て | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 10日

旧小樽商工会議所

d0110197_23533897.jpg

先日 旧小樽商工会議所(色内1)が公開されていたので行ってきました。 小樽商業会議所は明治28年に初代山田吉兵衛を中心に組織活動が始まり、昭和3年に商工会議所と改名、1933(昭和8)年 第12代会頭 杉江仙次郎時代に建てられました。 3階建・鉄筋コンクリート造(延べ1,370平米)、設計は土肥秀二、施工は萬組で、いずれも地元の手によるものです。 外装は石川県産千歳石で彫刻が施され、正面玄関には土佐産の大理石が用いられ、昭和初期の貴重な建造物として市の指定歴史的建造物となっていますが、建物の老朽化が進んだことを受け、2009(平成21)年に国道5号線沿いの「日専連ビル」(稲穂2)に移転しました。 それ以来使用されることも、公開されることもありませんでした。
d0110197_2356458.jpg

今回の公開は歴史的建造物の保存・活用に取り組むNPO小樽ワークスの主催でアートプロジェクトとして実現したのです。 札幌市立大講師(建築)で現代美術家の山田良氏(43)が高い天井と白壁の建物内部を生かし、37メートルの回廊を布でつないだ作品を完成させました。 夜暗くなった方がこの空間は生きるのかもしれません。 「ライトの反射で床の布が光り、まるで海原を歩いているよう。古い建物とアートの融合を楽しんでほしい」と説明を受けました。
d0110197_072336.jpg

この照明は創建時からあるそうですが、昭和ヒトケタにこんなモダンなデザインとは驚きです。 けれど建物に溶け込んで一体化している印象を受けました。 
d0110197_0112033.jpg

内装も家具も吟味されたものが置かれていたのでしょう。
d0110197_0161433.jpg

そこかしこを見るにつけ、微に入り当時の小樽商業に全盛期の覇気が感じられます。
d0110197_98186.jpg

d0110197_19255724.jpg

ところで現在 この旧小樽商工会議所は現在売出し中です。
d0110197_19263669.jpg

d0110197_1927778.jpg

同所では「この建物の価値を見いだしてくれる人に使ってもらいたい。」と、土地代のみの5,000万円(200坪・1坪25万円)で販売を始めました。
d0110197_19274257.jpg

旧小樽商工会議所が建つ色内大通りには、旧越中屋ホテル(元小樽グランドホテルクラシック)、旧三井銀行小樽支店などの歴史的建造物が残されていますが、残念ながら現在は何も活用されていません。
d0110197_1928407.jpg

d0110197_19291394.jpg

それだけに「旧会議所の建物を拠点に、歴史的建造物の活用を行ってもらいたい」(同所事務局)と期待を寄せています。
d0110197_19295273.jpg
 
[PR]

by blog_maya | 2011-08-10 19:39 | 小樽 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 05日

「海」 漂う夢展

d0110197_1854555.jpg

ベテランの木彫作家、染色画家の四人展にお邪魔してきました。
d0110197_1875527.jpg

これは私が大好きなアンコウ号、ルカ氏の作品です。 「ブログにアップしていいよ。」と許可を頂いたのでどう撮ろうかいろいろ考えて、
d0110197_189615.jpg

ボカさずに、後ろの寒がり魚くんが提灯にパクついているようにしてみました。本当にルカ氏の作品は柔軟な発想が素晴らしいのです。(憧)
d0110197_1818185.jpg

こちらは 小笠原み蔵氏の作品。 何時間もここで釣っているみたいです。 背中で語る男。 
植田莫氏の染色画も蛸の「絶叫マシーン」にクスリ。  皆さん、かなりのベテランなのですが遊び心いっぱいの作品でとても癒されました。 


「海」 漂う夢展

2011年8月4日~9日 11:00~18:00
石の蔵 Gallery はやし
札幌市北区北8条1丁目
TEL 011-736-0884
[PR]

by blog_maya | 2011-08-05 18:12 | 鑑賞 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 02日

東北に想いを

震災から4か月余りが過ぎ、人々もだんだん震災に関心が薄れているような気がします。 そんな中 四月にチャリティー販売OneLOVEを呼びかけ、国内外の107名の作家の賛同を得て7〜800点の作品を集め、二百万円近くの売り上げ全てを震災募金された陶芸家橋本忍氏がその後 被災地に器を提供するプロジェクトを続けておられます。 これは仮設住宅に入られる被災者の方に手作りの器を届けようという趣旨で、プロ、アマチュアを問わず陶芸、ガラス、木工の器を募集しています。現在は第9回から第12回目の支援募集中。 協力可能な方は右の外部リンクにあるこちらと同じマークをクリックして詳細をご覧ください。この企画が続く限り リンクさせていただきます。
d0110197_1650155.gif


まだまだ被災地では復興が進んでいないところが多々あり、継続的な支援を必要としています。 私たちも長期的に出来る事、例えば買い物の際 お釣りの中に500円玉がにあったら募金するとか そんなささやかなことでも構わないのではないでしょうか。 それに八月九日まで東北大震災復興宝くじが発行されていますね。  息切れすることのない長期的支援を見付けていきたいなと思います。
[PR]

by blog_maya | 2011-08-02 06:51 | Trackback | Comments(0)