<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 25日

帰りに寄り道

d0110197_19471791.jpg

d0110197_19475713.jpg

d0110197_19482864.jpg

撮るの忘れたけれど、美味しかったよ、ロールケーキ。  その前に食べたラーメンも最高だった。 思い出すのは食べ物ばかり(笑)
[PR]

by blog_maya | 2011-07-25 19:49 | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 23日

百合が原公園 (後半)

d0110197_1851629.jpg

ええっとー ピントってどうやって調節するんだっけ・・・(汗)
d0110197_1872858.jpg

ボーっとした頭では操作できない。
d0110197_1810594.jpg

どこまで寄ればいいのかな?
d0110197_18112295.jpg

オロオロしながら、広い公園を歩く。
d0110197_1817828.jpg

ここでは虫さんとも仲良くならなくてはね。
d0110197_1819033.jpg

d0110197_18252767.jpg

雨がちだったけれど、このポイントだけ光が見えた。 でもハイキー過ぎた。
d0110197_18225421.jpg

花びらにピントが合ってしまった。
d0110197_18272514.jpg

リベンジしてみる。
d0110197_18293388.jpg

後ろボケ、
d0110197_18311865.jpg

前ボケ
d0110197_18321914.jpg

撮り散らかした感が強いけれど、いろいろな花が撮れて楽しかったでした。
d0110197_18325195.jpg

百合が原公園 ちょっと遠いけれど、来てよかったです。
d0110197_18335912.jpg

頭が働いているときに次回は行こうっと。
[PR]

by blog_maya | 2011-07-23 18:38 | | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 22日

百合が原公園  (前半)

d0110197_10133957.jpg

連休の最終日は札幌の百合が原公園に初めてお邪魔しました。
d0110197_10155151.jpg

この日は眠れない出来事があって・・・睡眠時間はわずか一時間半。  全く頭が働かない中、ただ写しただけというモノばかりですが、
d0110197_10181762.jpg

お花自体はキレイなのでアップしようと思います。 
d0110197_10233252.jpg

この日は雨が降ったり、やんだり、
d0110197_10264451.jpg

頭が働かないし、思うように撮れない。
d0110197_10291011.jpg

でも今のカメラは高性能、操作をすっかり忘れている私にはオートがある(笑)
d0110197_10283753.jpg

リリートレインのレール脇に赤いお花発見、その名は「鉄子 あやや」(爆)
d0110197_10342363.jpg

百合が原公園とはいうけれど、ユリ以外にもラベンダーやアジサイなどがありました。
d0110197_10392060.jpg

  
[PR]

by blog_maya | 2011-07-22 10:41 | | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 15日

築港散策

d0110197_20205640.jpg

d0110197_20212475.jpg

[PR]

by blog_maya | 2011-07-15 20:22 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 14日

たまにはお手軽ランチ

d0110197_7572433.jpg

たまには友人を誘ってランチというのも楽しい。 それもお手頃価格であれば主婦は大歓迎。
d0110197_7561571.jpg

このスープカレー 十六穀米、ミニサラダつきで480円。  新合同庁舎一階のレストランです。 新しくなってとてもおしゃれな店内でした。 月、火、水曜日限定メニューですが、野菜もジャガイモ、人参、オクラ、玉ねぎ、茄子、かぼちゃ、スープもコクがあって美味しいかったです。             
[PR]

by blog_maya | 2011-07-14 08:11 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 10日

フィルム写真のスキャナーテスト

先月参加させて頂いた「みんなで一本勝負」、スキャナーがないのでアップ出来ませんでした。
というか、我が家にはないので無理だと思っていました。 ところがです。 夫曰く、「携帯式スキャナーなら去年からあるよ。」と。 
「えっ!! いつ買ったの?」 とも思いつつも ここは下手に出て「使わせて!」
説明書片手に機械好きの娘が目をキラキラ、「お母さん、入れといたよ。」とあっという間にアップできる状態に。
というわけで遅まきながら一部お披露目いたします。
d0110197_2043293.jpg

この日は札幌狸小路を中心に歩くと決めていました。 シャッターのキャラクターが春風亭昇太みたい。 rikaさんセレクト
d0110197_20585910.jpg

d0110197_20593182.jpg

ふと目に入った美容室。 nanamiさんセレクト
d0110197_211295.jpg

路地にひっそりあったコーンが気になって。 ainosatoさん、ウリュウさんセレクト。
d0110197_2134187.jpg

ショーウインドーの椅子とトランペットが何か語りかけてきそう。  ベニさん、ルファさんセレクト。 マイセレクトでもあります。
d0110197_2172951.jpg

ディスプレイの一部らしい、空ボトル。  Kさんセレクト。
d0110197_219211.jpg

托鉢僧、でも本当の托鉢僧は単独で歩かないはずなのだが・・・。  本部長さん、いしのまきまきさんセレクト。
d0110197_21123783.jpg

d@m@さん、おつかれさんこんさんセレクト。
d0110197_21144939.jpg

ここでメールしているらしかった。 hirosさん、きみよっちさんセレクト。
d0110197_21155175.jpg

背中でモノを言う。 ariariさんセレクト。
d0110197_21162799.jpg

ラストカット。 「贅沢だ」とちょっと怒られたけれど、ゴールの富士フィルムフォトサロン近くで レディスランチ850円。
この日は結構雨が降ったので、撮影は大変でした。 でも一カ月ぶりに写真を見る、とちょっと恥ずかしいです。

全体的に見ると、このスキャナー、操作は簡単らしい。 ちょっとプリントとニュアンスが違うけれど、使えそうです。 
でもこれでフィルムで撮っても安心だわ。  娘に今度使い方教えてもらおうっと。
[PR]

by blog_maya | 2011-07-10 21:24 | フィルム | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 09日

オープンガーデン

d0110197_1752547.jpg

陶芸教室の生徒さんにバラを中心に素敵な庭をお持ちのHさんがいる。 この日はちょうど見頃だというので見に行きたい人が続出、飛び入りで私もお邪魔しました。 にわかオープンガーデン。
d0110197_17102433.jpg

以前もお邪魔したことがありますが、あれから進化を続けていた様子。
d0110197_17114326.jpg

咲き誇るバラの香りに
d0110197_17133125.jpg

思いっきり吸い込みたくなる。
d0110197_17163371.jpg

これだけ揃えるのに
d0110197_1718324.jpg

相当な時間と手間が掛ったと思われる。
d0110197_17192325.jpg

けれどそんなことが苦でなく楽しんで手入れされている御様子、本当に素敵な人だ。
d0110197_17221745.jpg

このバラはパフビューティー、それぞれの花の名前を教えていただいたけれど これだけしか覚えていない(笑)
d0110197_17231777.jpg

ボケてしまったけれど、化粧道具のパフを連想する形が由来らしい。
d0110197_17252571.jpg

それにしても自然の造形の
d0110197_17261061.jpg

美しさには
d0110197_17282325.jpg

感嘆してしまう。
d0110197_17293553.jpg

勿論 品種改良されたものもあるのだけれど、
d0110197_17302746.jpg

それでも毎年 同じ色、同じ形に咲くのって凄いなと思うのだ。 
d0110197_17364381.jpg

時間も忘れて見入っていました。 Hさん、ありがとうございました。
[PR]

by blog_maya | 2011-07-09 17:38 | | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 02日

弱音を吐いてしまったけれど・・・

d0110197_14444693.jpg

どうも秋に個展を予定している札幌のギャラリーは陶芸関係には反応が厳しいらしいことが分かって、ただでさえドキマギして準備しているのに不安になってしまった。  先日 つい知人の木工作家のグループ展でそんな気持ちを吐露したら、「みんな不安はあるよ。 でも厳しい意見に耳を傾けることも勉強だからね。」と。 彼らは皆ベテラン、この道で食べている人たちだ。 作品を見ればその真摯な姿勢が分かる作家さんばかりだけれど、長い道のりには人知れぬ苦労をされたこともあっただろう。 それに比べたら私なんて失うものはないのに・・・、つい昔なじみの気安さから口にしてしまった。 でも私の甘ちょろい発言にも彼らは「案内状下さいね。きっと行きますから。」と本当に優しいのだ。 これは今は亡き師が結んでくれた縁であり、財産なのです。 そんなプロの人たちからも忌憚なき意見を貰えるためにも、今出来ることにベストを尽くそうと決意して会場を後にしました。
[PR]

by blog_maya | 2011-07-02 15:26 | diary | Trackback | Comments(4)