ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

100円 道具

以前 素象人形の制作過程の記事の中で使用する道具を紹介しました。
数年前から陶創作に携わるようになって 新たに陶芸道具を買い求めたり 身近な日常品を加工したりするようになりました。 
なのでホームセンターや100円ショップには宝探しのような感覚で歩き回っています。  最近の発見はこの二点。
d0110197_2158381.jpg

一つは手前のドレッシング入れ。 釉薬を作るときは少ない量で最初試すのですが、後ろの専用の容器では口が小さく、沈殿した釉薬を撹拌しづらいのです。 このドレッシング入れだと上を押さえて しっかり振ればいいので楽チンなのでした。
d0110197_2252684.jpg

次は子供の弁当用グッズ、ハムや卵などを切ったり、丸く抜いたりするもの。 刃先はステンレスなので錆びません。
d0110197_22101542.jpg

こちらはポンスのように抜いた後 筒に詰まった粘土を同型のプラスチックの棒で押し出せばオッケー。 ポンスより優れものです。
これが三種類入って100円!! 専用道具は高いので大助かりです。 こういうのが見つけられるので100円ショップ巡りはやめらません♪
[PR]

by blog_maya | 2011-06-30 22:18 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 26日

何度見ても飽きない建物

d0110197_1811473.jpg

ここは小樽で大好きな建物、富岡教会。 小樽で最古の教会です。 
d0110197_1813539.jpg

軟石の建物だから、夏は涼しいです。  青空が一番似合う。 ところで二枚とも建物が左下がりになっている。
整体に行った方がいいかな?
[PR]

by blog_maya | 2011-06-26 18:16 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 24日

ガラス工房 ケーズブローイング

d0110197_8445676.jpg

小樽はガラスの街、十数件のガラス工房がありますが、私のイチオシはケーズブローイングです。 珍しく工房の作業風景が通りから一望できるような作りの店舗。 この日も立ち止まって観光客が作業を見物していました。
d0110197_99188.jpg

こちらは堺町工房、主に観光客用の制作体験を中心にした工房。
d0110197_95118.jpg

他に朝里に作家が作品を作る工房があります。 ちなみに写真で制作中なのは社長兼作家の安 井 顕 太氏。 平日など製作体験をするお客さんが居ないときには ここでもスタッフが商品製作してる事が多いです。
d0110197_913815.jpg

彼はプロフィールによると昭和38年生まれの神奈川県出身、日本現代工芸美術家協会本会員で受賞歴も数々。 小樽の工房は平成7年に設立。 同じく制作される奥様が小樽出身のようです。
d0110197_9285156.jpg
 
この工房は外国人を連れて行っても英語が出来るスタッフが要るので体験をさせるのに助かっていましたが、
それはこの安田氏が国立台湾藝術大學で指導をしている縁で研修生を受け入れているため。 前回お邪魔したときはマレーシア人でした。
d0110197_93323100.jpg

彼の作品は繊細でいて大胆な色遣い。  小樽の観光みやげとしての商品とは別物で、見応えがありました。  新たな私の「通な小樽ツアー」のコースに加えようと思っています。


ガラス工房ケーズブローイング
【堺町工房】〒047-0027 北海道小樽市堺町2番17号 TEL : 0134-31-5454 

安 井 顕 太氏 オフィシャルサイト
http://www.ks-blowing.jp/top.html


現在は朝里工房のみ
[PR]

by blog_maya | 2011-06-24 08:45 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 20日

塩谷で一本  <後半>

d0110197_19281482.jpg

虫食いのある花でも愛おしく感じた。
d0110197_19305842.jpg

多分 カメラを持っていなければ見過ごしてしまうようなものが目に留まる。
d0110197_19332742.jpg

飼い主の気遣いが感じられる犬小屋。
d0110197_19342664.jpg

d0110197_19365882.jpg

風がないのに菖蒲が揺れていると思ったら、すみません お仕事中だったんですね。
d0110197_19384562.jpg

d0110197_19391365.jpg

冬に活躍したママさんダンプ。 スコップも一緒。
d0110197_19512027.jpg

道端に置かれたストーブ。 
d0110197_2065395.jpg

d0110197_1955322.jpg

頑丈そうなゴミ収集箱、収集カレンダーも貼ってある。  きっとここの町内会はしっかりしているのだと思う。
d0110197_19572018.jpg

d0110197_2023681.jpg

出発地点 塩谷駅に戻ってきました。
d0110197_209243.jpg

取りたてて面白いものが撮れた訳ではないけれど、たまにこうやって撮り歩こうと思う。
[PR]

by blog_maya | 2011-06-20 20:18 | フィルム | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 19日

塩谷で一本  <前半>

久しぶりに小樽を撮ろうと思った週末。 どうせ撮るならフィルムでいこう。  何処を撮ろうかな・・・。
d0110197_16554236.jpg

今回は時間がたっぷりあるので、普段あまり行かない塩谷に行きました。 小樽駅から電車で15分の距離の塩谷駅がスタートです。
d0110197_16581483.jpg

最初に目に飛び込んで来た赤 青 白。 ポストの足が長いのは積雪対策?
d0110197_1733266.jpg

水の流れる音を頼りに歩を進めて出会った小さな川。
d0110197_1763737.jpg

年季の入った橋。 でも渡るのはちょっと勇気が要りそう。
d0110197_179359.jpg

良い香りがするなと思ったら、白藤。
d0110197_17102233.jpg

d0110197_1718567.jpg

ちょっと見えてしまった・・・。
d0110197_17202188.jpg

歩いているとすれ違う人が挨拶をして下さる。
d0110197_1722076.jpg

「どちらからですか?」 との問いに「小樽からです。」と答える私。 ちょっと面白いでしょ。
d0110197_17235445.jpg

というのも塩谷も勿論市内なのですが、塩谷の人は小樽中心部に出掛けることを「小樽に行く。」と言われるのです。
d0110197_17243486.jpg

カメラを持って歩く私が不思議ならしく、「良い景色撮れるんですか?」と尋ねられる。
d0110197_17344815.jpg

私は「生活の匂いを撮るのが好きなんです。」と答えると、「ふーん、そうなんですか・・・。」とちょっと不思議そうでした。
d0110197_17314243.jpg


続く
[PR]

by blog_maya | 2011-06-19 17:13 | フィルム | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 18日

ついに・・・

d0110197_812623.jpg

数年前から多少の不便を感じていて、作らなきゃとは思っていた老眼鏡。 視力は子供の頃は2.0と非常に良かったので、これが初めての眼鏡になります。 付けてみると細かい作業が難なく出来る、凄いなコレ! 老眼鏡ってもっと年取ってから掛けるものだと思っていました。  私の母も60代で作っていたし。  私は目の老化が早いのか、それとも全体的に早いのか・・・、あまり深く考えないことにしよう・・・。   
[PR]

by blog_maya | 2011-06-18 08:19 | diary | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 16日

小樽でライラック

d0110197_7273920.jpg

結婚前まで住んでいた札幌では5月の下旬から6月の初めにライラック祭りが開催されます。 ライラックは明治時代 アメリカから女学校創設のため訪れた教育者が携えて来られました。。 それを機に浸透し、昭和35年市民投票で「札幌市の木」に選定。 現在大通公園には400本ものライラックが植えられています。  住んでいた頃は長い半年あまりの冬から解放され、リラ冷えはあるものの 初夏の訪れを実感出来た花でした。 小樽には咲いていないと勝手に思っていたので、昨日通りがかりの庭先に見つけて嬉しかったです。
d0110197_7294120.jpg

これは紫陽花風(笑)  ライラックは色で花言葉が違い、紫は「恋愛の初めての喜び」です。
ついでに調べたら、白色は「年若き無邪気さ、青春の喜び」でした。  どちらも今の私には無縁でございまする~。
[PR]

by blog_maya | 2011-06-16 07:29 | | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 14日

待つ猫

d0110197_7253482.jpg

雨の日、ある家の玄関で猫がたたずんでいた。  まるで家の主を待っているかのように・・・。
d0110197_727597.jpg

いつも餌をくれる家なのかもしれません。
[PR]

by blog_maya | 2011-06-14 07:25 | 動物 | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 12日

昨日の出来事

d0110197_8205460.jpg

昨日は毎度お楽しみの一本ズによるフィルム一本勝負展を見に札幌まで行ってきました。
d0110197_82456.jpg

そしてみんなで一本勝負にも参加させていただいたのですが・・・。  震災以来 写欲から遠ざかっていたので全然ダメでした。  
やはりちょくちょく撮らないとだめですね。
d0110197_8295660.jpg

セレクトもばらばら・・・、みなさん いいのがなくて苦労されたのでしょう。m(__)m  スキャナーもないですし、今回はアップやめました。  
d0110197_8315518.jpg

この日は奇しくもよさこいソーラン祭りの開催日で札幌は人混みでごった返していました。  でも全然興味がないので撮ったのはこれだけ。
せめてフォトサロンの雰囲気を伝えるためにスナップを撮っておけばよかった。  昨日は子供に微熱があったので、終わり次第会場を後にしたのです。  でも帰ったら すごく元気で、パソコンやっていたので、ちょっとムッ。  もっとゆっくりしていればよかったなー。 


なお写真展は15日水曜日まで開催されています。 よさこいソーランも終わり、静かななかで鑑賞できます。
ご興味のある方は是非いらしてください。

『フィルム一本勝負2011 路地裏の七人』
6/10(金)~6/15(水) 10:00~19:00 入場無料
富士フイルムフォトサロン・札幌
(札幌市中央区大通西6丁目1番地)
[PR]

by blog_maya | 2011-06-12 08:39 | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 09日

ぼーっと海を見る贅沢

d0110197_7265219.jpg

小樽はホームセンターの駐車場からでも海を見ることが出来ます。 カモメもカラスのようにたくさん飛んでいます。
d0110197_7283192.jpg

住み始めの頃は海を見る度にワクワクしていましたが、今は身近な存在。 海岸に出るのだってすぐです。
d0110197_7291968.jpg

車の免許を取得してからは 子供と来たり、作品に行き詰まったときにふらっと訪れるようになりました。 中心部からも近いですから。
d0110197_7304318.jpg

潮風に吹かれるのが気持ちいい・・・、小樽に住んでいてよかったなと思う要因の一つです。
[PR]

by blog_maya | 2011-06-09 07:38 | Trackback | Comments(2)