ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 26日

芸術人形指向 <中>

芸術人形の内容

 玩具人形なり手芸人形と、芸術人形との区別は何処で決めるのかとなると、これは残念ながらはっきりと一線を画することが出来ないのである。  観るものと作る人の物指しを俟つより他にないのであろう。  美術工芸作品と称しても玩具的な飾り物にすぎないものもあるであろうし、たとえ手芸品の展示場に並んでいても内容は優れたもので美術工芸品として受け取れるものもあるであろう。 作る人も観る人も、人形としての芸術作品とは何かの原点に戻って考えなければならないことになる。  だがこれは美術評論家か、実際に制作に当たっている作家の問題であって、一般的には論理ではなくて感覚で捉えるよりほかにないのである。
  
 二回目の素象人形展と名付けた私の個展の会場で来客と親しく話をしている折りに、こんなことを口にしたのを覚えている。 「頭で覚えたことと、心で覚えたことと、体でおぼえたことを、私という感情の風呂敷にほうり出したものが作品なのです。」と、話のやり取りの中でふと思いついた儘を軽い気持ちで言葉にしたのであるが、後になって改めて考え直してみると簡単に片付けられることではないようである。  頭とは智識であり、詰め込んだものとも言えるであろう。 心とは智慧であって詰め込むものではなく、自分の人生経験や本で読んだり教えられてきた諸々の智識を自分なりの人間性の中で咀嚼して放出するものなのであろう。  体とは体験であり、行動であって、技術の習得である。  そして風呂敷とはその人その人の持つ感性であり個性であって、人格的な価値とも言えるのである。 換言すれば、真と美と壮と善になるのかもしれない。  真とは道理であって偽りのない真実であり、美とは真実の中より生ずる知覚であり感覚や感情に訴える内的快感なのであろう。  壮とは健全なる心身を持って制作活動に充実出来ることである。 善とは倫理上の善であると同時に個人を含む人格とも言えるのである。  思うにまかせて喋ったことを勝手に解釈してみたのであるが、ここで言う美とは心であり、精神であって、直接造形上の美ではないようにも取れるのであるが、この美と言う文字は美術の美であり、美しいと言う華美にも通じており、造形上の美であることも論を候ないのである。 美という言葉は精神と容姿、即ち心と形の二重構造になっているのである。  それに日本人的な感情をさらに加えると、わびとかさびとか幽玄、それにももののあはれと言った無常観にも通じる仏教的な縁起の思想にまで無意識の内に美と言う感覚となって捉えているのでなかろうか。

  芸術性を表現する美を人形に求めようとするならば、どうしてもこの日本人の心の奥深くに隠されてる血の流れとも言うべき日本人的な審美の知的、情的な感受性を無視することは出来ないようである。  このように言うと芸術人形とは日本風俗を模した日本人の姿、形でなければならないと言う誤解を受けるおそれがあるが、衣服や装い、それに何時の時代であろうと、何処の国の風俗や人物であろうとそんなことは問題ではなく、形の中に内蔵されている情操のことであり量感なのである。  この場合の量感とは重量的ではなく、人形に籠められた人間感情の重厚さなのである。 それは音のない音律でもあり、言葉のない詩とも言えるであろう。  いま此処で欧米の人形を取り上げてみると、西洋人形と言われる伝統のある高級人形は綺麗さと、材料の高価さと技術の巧みさだけに価値づけられているものであって、あくまで高価な飾り物の玩具人形なのである。

 美を心と形の二重構造として直感的に捉える術を知っている吾々は美術工芸の範疇の中で取り分け人形は人の姿を模すことだけに価値づけられる作業であるから、その形態の中には、より一層に精神的な美を要求されるのである。 芸術人形を作ろうとすることは人形を創作っているのではなく、人情を創作っているのである。  
 
   
 

                                       昭和59年発行 「芸術人形指向」 小林止良於著より抜粋
[PR]

by blog_maya | 2011-01-26 08:17 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 22日

芸術人形指向 <上>

年末の片付けの際、久しぶりに恩師 小林止良於氏が芸術人形の概念を纏めた冊子に再会しました。  この機会に一部抜粋し、何回かに分けて紹介させていただこうと思います。

                                 
                                       
人形の呼称

 人形を美術工芸の中に加え、芸術性のあるものとして捉えようとすると、どのような考え方を持って制作し、また鑑賞しなければならないのであろうか。  その前に人形と芸術という言葉とは結びつけるのは無理がある。 人形と言う言葉の持つ印象は、人形を「お人形さん」とさん付けして呼ばれるように、抱きかかえて愛玩する可愛らしさや綺麗さのある人形を指すか、お雛様のように飾って姿、形、色彩による綺麗さを求めて楽しむものであり、どちらも玩具としての人形になってしまうからである。

 人形を作品として認め、美術工芸の中に参加しようと活動したのは昭和の初めであり、実際には昭和十年の第一回帝展の工芸部門に初めて参加できたのである。 それだけに人形を美術工芸として捉えようとするには歴史的にも日が浅く、人形と言う呼称からだけでは一般的にどうしても玩具としての印象に傾かざるをえないのである。  昭和の人形作家達は芸術性のある作品制作のために、一般商品としての人形とは別に、創作人形としての芸術の創造性と主観性を唱え、如何に制作したならば芸術価値のある作品になるかと模索し、人形も立派な芸術価値のあることを認めさせようと努力を続け、現在に至ったのである。 当時は創作人形の創作という言葉が芸術人形に相応しい新鮮な言葉として受け取られていたのであるが、最近では女性的な仕事である手芸が手作りで新たな姿態のものを考案し、創作人形と称しているため、芸術表現の持つ意味としては稀薄なものとなっているようである。  だからといって手芸が創作という言葉を使ってはいけないという理由はどこにも無く、玩具人形だろうと、手芸人形であろうと創作は創作なのである。  けれど手芸とは文字通り手先の遊びの芸であって、楽しむ遊びの作業と考えなければならない。  新しい手芸人形を工夫するのに大変な時間と努力を要したとしても、考案された技法はその技法と手順を普及して大衆の生活の中に楽しみと潤いを与えるためのものなのであろう。  芸術の中に求める美とは、美学と言う学術的な基礎内容を要するものであり、美学的な智覚の論理を正当化しようとする終わりなき表現の積み重ねなのである。  となると芸術性を目標にする人形を何と称したらいいのであろうか。 一応は美術工芸人形か直接に芸術人形と言うよりほかにないようである。
  
 人形という名称より受ける印象に就いて思考してきたのであるが、名称より観賞者に与える意義は大きいものであり、感情なり、感覚への影響は無視出来ないはずである。  作者の立場にあっても、芸術性を追い掛ける程に人形という呼称に就いては解けきれない宿題のようなものとなっているのではないかと思われるのである。   

                                          昭和59年発行 「芸術人形指向」 小林止良於著  一部要約

<補足>
1995年(昭和30年)より現在までに重要無形文化財保持者(人間国宝)として衣裳、紙塑、桐塑の人形作家7人が認定されています。  
[PR]

by blog_maya | 2011-01-22 14:57 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 19日

海猫屋

d0110197_7225456.jpg

昨年末 来客をお連れしたレストラン海猫屋。  ここは小林多喜二の小説「不在地主」のモデルになったり、村松友視氏が海猫屋を題材に小説を書いたりして有名な店ですが、実は今までお邪魔したことがありませんでした。  ランチに行ったのですが、これからパーティーに行くという感じのお客さん、お店の雰囲気になじんでいて見とれました。
d0110197_7261141.jpg

海猫屋の建物は、1906年(明治39年)に建てた3階建ての煉瓦造り倉庫。  1976年に喫茶店としてオープンし、かつては暗黒舞踏の「北方舞踏派」や「鈴蘭党」が活動の場としていたそうですが、今はその面影はありません。 1990年に店内を大幅に改装し、ワインと無国籍な創作料理の店とリニューアルしています。  1階は、バーカウンター、2階は、照明を抑えた広い空間に自然木の大きなテーブルが置かれ、時間の進み具合がゆっくりと感じられました。
d0110197_741989.jpg

薄暗いので上手く写せませんでした。 ミニ三脚を持ってこなかったことを後悔。
d0110197_7432958.jpg

ビーフシチューはじっくり時間をかけて煮込んだ柔らかいお肉がオリジナルのデミグラスソースにたくさんの温野菜とともに浮かび、とてもボリューミー。  カレーライスも美味しそうだったし、トムヤンクンなんていうのも気になったのでまた行きたいと思います。  この店のランチに付き合ってくれる人募集中。




海猫屋
047-0032 北海道小樽市色内2-2-14
TEL 0134-32-2914
駐車場あり
営業時間 (昼)11:30~14:00
営業時間 (夜)17:30~21:30
休日 不定休



 
[PR]

by blog_maya | 2011-01-19 08:02 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)
2011年 01月 15日

早朝の富岡教会

d0110197_7323264.jpg

この日は朝早い時間で敷地にまだ足跡がなく、しんしんと雪が降る中で仰ぎ見た教会は青空がバックになくても美しかったです。。
私が帰ろうとした時、初老の男性に会いました。 おそらく信者さんです。 この教会がきれいに維持されているのは信者の方が当番で丁寧に手入れをされているからなのでした。
[PR]

by blog_maya | 2011-01-15 07:58 | 小樽 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 09日

フィルム一本勝負新年会 ゲスト参加

d0110197_7271236.jpg

#3  今年初のフィルム一本勝負撮影会開催にお誘いいただきました。 
     なおセレクトの付箋に本名を書いてくださった方はイニシャルにさせていただいています。
d0110197_728045.jpg

#4   小樽らしい路地裏
d0110197_7342774.jpg

#8   片眼のジャックが二人?  TERAさんセレクト
d0110197_7364359.jpg

#10  有名な鱗の館  私はこの屋根の形も好きです。
d0110197_739475.jpg

#12  二人並んで歩く傘の色に惹かれて
d0110197_7414136.jpg

#14  本部長さん、kさん,beniさん、いしのまきまきさん、rufardさんセレクト
d0110197_7495128.jpg

#15  ariariさんセレクト
d0110197_75118100.jpg

#16  bonoさん、mさんセレクト
d0110197_754542.jpg

#17  hirosさん、iさんセレクト
d0110197_757119.jpg

#19  ainosatoさんセレクト
d0110197_7581519.jpg

#25  大好きな北運河  本当は通りかかった男性の方を入れたかったのに度胸がなくてシャッターを押せなかった・・・・。
d0110197_815958.jpg

#26  リールーさんセレクト
d0110197_83386.jpg

#28  何人もの人が写していた消火栓、見ているうちに白い帽子を被った坊やに見えてきた。
d0110197_853614.jpg

#31  ウリュウさんセレクト
d0110197_88175.jpg

#33  きみよっちさんセレクト

d0110197_8103518.jpg

#34  d@m@さんセレクト
d0110197_8124916.jpg

#35自選

作品作りと雑事に追われて一ヶ月以上まともに撮影していなかったせいか、この日は撮りたいものがどんどん目に飛び込んできました。  またじっくり撮ろうと意識したものが現像してみると意外に良くなくて、私は直感でサクサクとシャッターを押す方が向いているのではと思いました。  一昨年夏に誘われて知ったフィルムの良さ、これからもたまに一本撮りをしようと思います。  どうもありがとうございました。  やはり私は小樽を撮るのが好きです。

 
[PR]

by blog_maya | 2011-01-09 09:29 | フィルム | Trackback(1) | Comments(22)
2011年 01月 01日

謹賀新年

d0110197_20432271.jpg

あけましておめでとうございます。 昨年同様 今年もお付き合いいただけるとうれしいです。
さて今年の鏡餅の鏡餅と干支のうさぎは自作。 毎年娘に作らせた鏡餅を飾っていましたが、年頃になった彼女が年々飾られるのを嫌がるようになったので作りました。  けれど彼女の作品も味があっていいので、玄関に飾っています。
  

ところで皆さんは新年の抱負は何ですか?   私は創作に於いて挑戦をしようと決めました。  今年秋に札幌で個展を開催するのはその一つですが、まだ予定していることがあります。 それはおいおいブログで紹介していこうと、今年も無理をせずに更新していきますので どうぞ宜しくお願いいたします。






                           
[PR]

by blog_maya | 2011-01-01 00:02 | その他の創作 | Trackback | Comments(4)