ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 30日

子離れの時期

d0110197_9285295.jpg

昨日は全道的に大雨でした。今年の夏は随分降ります。
d0110197_9362294.jpg

そんな中 娘は13キロの荷物を背負って大雪山登山に出発しました。
d0110197_9385883.jpg

上川地方も大雨、洪水警報・・・。
d0110197_9405195.jpg

おそらく昨日は層雲峡あたりで足止めされたはずです。ベテランの先生方の引率なので特に心配していません。
d0110197_943425.jpg

けれど落ち着かないのは、三泊も娘と離れたことがないから。娘はとっくに親離れしているのに・・・。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-30 09:47 | 子育て
2010年 07月 27日

その人       

その人の前に出ると
絶対にうそが言えない
そういう人を持つといい

その人の顔を見ていると
絶対にごまかしが言えない
そういう人を持つといい

その人の眼を見ていると
心にもないお世辞や
世間的なお愛想は言えなくなる
そういう人を持つといい

その人の眼には
どんな巧妙なカラクリも通じない
その人の眼に通じるものは
ただほんとうのことだけ
そういう人を持つがいい

その人といるだけで
身も心も洗われる
そういう人を持つがいい

人間にはあまりにも
うそやごまかしが多いから
一生に一人は
ごまかしのきかぬ人を持つがいい

一生に一人でいい
そういう人を持つといい                「その人」   相田みつを 作


ふと今日この詩を読みました。そして私の「その人」が頭に浮かんだのです。それは尊敬している木工作家のY氏。私がまだ二十代の時に出会った頃からものづくりへの真摯な姿勢、仕事を語る情熱的な目は変わりません。そしてどんな時どんな人にも誠実で、私は彼の前だと自然と背筋が伸びるのでした。 先日も失敗ばかりの私に「失敗から多くを学ぶといいよ。私もそうしてきたから。」とさりげなく応援してくれるのです。この詩であらためて存在のありがたさに気が付きました。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-27 20:35 | その他の創作
2010年 07月 22日

トリニティ アイリッシュ・ダンス

d0110197_2014090.jpg

アイリッシュ・ダンスってご存知ですか?  映画 「タイタニック」でアイルランド系移民役のディカプリオが三等客室の中で踊っていたタップダンスのことです。   今日はそんなアイリッシュダンス最高の団体、トリニィティと聞いて公演を楽しみに札幌まで行ってきました。
大地を踏みしめる足のステップの押し寄せる迫力、群舞の美しさ、人間の身体に秘められた極限の美を目の当たりにしてちょっと興奮気味です。
アイリシュ・ダンスとはイギリスに支配されていた16世紀以降アイルランドにおいて伝統的文化活動が禁じられ、その抑圧のなかで生まれました。  アイルランド音楽の旋律は家の中で密に歌い継がれ、そのリズムは外で監視する兵隊に気付かれないように足だけを踏み鳴らすことでこっそりと伝えられるようになったそうです。  それは1800年代にその支配が解かれるまで続きました。  その間 人々は民族としての誇りを胸に静かに大地を踏み鳴らしていたと思うと、その高い民族意識に感嘆します。 
 
ふと わが国日本のことを思うと、大事なものをないがしろにしている事が多すぎて・・・考え込んでしまいました。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-22 20:37 | 鑑賞
2010年 07月 20日

続 余市・縄文野焼き祭り

d0110197_817476.jpg

既に7時過ぎ。  窯の両側には廃材が山積みされていますが、毎年一晩で使い果たします。
d0110197_8335130.jpg

スタッフの方々が汗だくで材木を補充されるのは本当に頭が下がります。
d0110197_8354522.jpg

今度はアンガソという民族舞踊のお披露目。  初めて目にしましたが、ANKASO(アンガソ)とは「私たちの家=音」という意味、とても大切でいつも近くにある存在で家族が笑って過ごせる家を意味、し西アフリカの太鼓、唄、ダンスを通し、たくさんの人とつながる輪、音楽で1つになる楽しさを味わうもの。
d0110197_945653.jpg

この歌と踊りは暗くなるまで続き、子供達や若者も輪になって踊りだしました。   座っていた私たちも身体を揺らし、手を叩いて参加。  
d0110197_981432.jpg

窯は12時に火止めの予定。
d0110197_9151437.jpg

雨が降らないように願いつつ、私たちは八時過ぎに帰りました。
d0110197_9523329.jpg

翌日はいよいよ窯出し。 私たちが着いた時には既に並んでいました。
d0110197_955459.jpg

今年の私の作品。  テーマは「風」  今年も信金に展示するからと言われ、今は手元にありません。
今回は制作日数二日、一本の箆で大雑把に作ったつもりなのですが出来上がってみると、もっと野焼きらしく大らかに作れば良かったなと思いました。  ついキレイに作ってしまう。  私の悪い癖です。 
d0110197_9573735.jpg

今年の最優秀作品、小樽のM氏の作品。  小樽縄文人の会会長です。 いつの間にか私たちもメンバーに入っていました。(笑)  
野焼きの楽しさを教えてくださったM氏、おめでとうございました。

夕食を食べられなかった話
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-20 23:39 | 市外
2010年 07月 19日

余市・縄文野焼き祭り

d0110197_13492322.jpg

今年も日本海に臨むこの会場にやって来ました。  年に一度のお楽しみ、野焼きです。
d0110197_13503645.jpg

この日のために一年間作りためる人も少なくないようです。  窯に作品を並べたら、
d0110197_13524848.jpg

火起しの儀式です。  まずは参加者の若者が挑戦。
d0110197_14132564.jpg

なかなか点きません。  子供達から「昔の人って大変だったんだね。」との声が。
d0110197_1513834.jpg

最後に真打の登場です。
d0110197_15174069.jpg

何度か格闘の末、煙が出てきました。
d0110197_1514125.jpg

ここから種火にするため必死です。
d0110197_15232516.jpg

火が点きました。
d0110197_15243316.jpg

d0110197_1525996.jpg

点火棒に移します。
d0110197_15273519.jpg

今年の点火式は余市小学校、古平小学校の児童。
d0110197_15315068.jpg

小さかったら我が子にも経験させてあげたかった。
d0110197_15333482.jpg

勇ましく窯に向かい、
d0110197_15393066.jpg

遂に点火。
d0110197_15353592.jpg

さあ ここからは火の神様に任せるしかありません。
d0110197_1541566.jpg

長い夜の始まりです。  まずは小樽潮太鼓の演奏から
d0110197_1549399.jpg

演奏者は沢山いたのに残念ですが、編集の段階で画像を誤って消してしまいました。  明日に続きます。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-19 14:15 | 市外
2010年 07月 14日

漁港にて

d0110197_18162171.jpg

海は元々好きだったけれど、小樽に住むようになって漁船を見るものも好きになりました。
d0110197_18182974.jpg

勿論 漁師の方々にとっては生活必需品ですが。
d0110197_18244859.jpg

でも観光船よりも惹かれます。
d0110197_18264175.jpg

いつ訪れても手入れが行き届いている漁具。
d0110197_18292835.jpg

遠くの方に目をやると、
d0110197_18322493.jpg

作業をされている漁師さんのそばで まるでカモメさんが監督しているようでした。   ここではカモメもカラスのようにたくさんいます。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-14 18:37 | 小樽
2010年 07月 09日

餃子茶屋   あおぞら銭函3丁目

d0110197_20364588.jpg

美味しいと評判のお店でしたが、銭函という不慣れな場所にあるため なかなか訪れる機会がなかったあおぞら銭函3丁目
ついに友人を誘って行ってきました。  場所は小樽カントリークラブ 旧コース隣。  1999年(平成11)餃子専門の店として札幌市白石区で営業していましたが、2004年ここ銭函の築70年余りの古民家を改築して移転オープンしたそうです。
d0110197_20455821.jpg

玄関の土間で靴を脱いで上がり板間の廊下を進むと、大きな窓に面した座敷、奥にはテーブル席もあります。中のインテリアは、和風+アジアンテイスト。   
d0110197_20481881.jpg

ジャンボ焼き餃子が評判ですが、きっと食べきれないので水餃子ランチにしました。  モチモチとした皮の食感が良く、生肉からミンチにしているという挽肉に青シソがアクセントになっています。 平日の一時というのに店内は人が切れる事がありません。  土日は店の外に行列が出来るというのも肯けるお店でした。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-09 07:25 | 美味しいもの
2010年 07月 06日

パノラマ展望台

d0110197_658016.jpg

ここへはよく来るから、似たような写真ばかりになってしまう。
d0110197_6591191.jpg

「よく飽きないね」と娘に言われるけれど、「同じ写真なんて一つもないのよ。 空も海もそのときで色が違うし、緑だって同じじゃないの。」
d0110197_6594354.jpg

と、胸張って言えない・・・。  写真じゃあまり変わり映えしません。  まあ好きで撮ってるんだから構わないで また来ようっと。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-06 07:17 | 小樽
2010年 07月 04日

牡丹祭り

d0110197_11242174.jpg

牡丹祭りが開かれている貴賓館
d0110197_11444731.jpg

小樽で牡丹を見るならここが一番だと勝手に思っています。
d0110197_11464510.jpg

でも分かったのは大きい花を写すのも難しいってこと。
d0110197_1148680.jpg

それに連日の雨で牡丹もお疲れ気味・・・
d0110197_1223942.jpg

しだれモミジもなんとなく元気がないように見えました。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-04 12:08 | 小樽
2010年 07月 03日

朝焼け

暑さのせいで休日の朝の四時頃、目が覚めてしまった。   普段より一時間も早い。  
喉の渇きをいやすために台所に向かって ロールスクリーンが赤く染まってることに気が付いた。
d0110197_8135075.jpg

「朝焼けだ!」 カメラを持って窓を開ける。  しかしまだ私の目は完全に開いていなかった。
露出をいじろうにも数字が読めない、モニターすらもやがかかっているかのよう。  刻々と色が変わっていくのに・・・。  
朝陽の美しさを楽しんで、そのついでに写真を撮る・・・、理想はそうなのだけれどこれはただ単に撮っただけ・・・。
季節的に仕方ないのだけれど朝焼けが早過ぎます。   寝起きのいい人になりたいな。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-07-03 08:26 | diary