ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 23日

千本ノック 続編

d0110197_2114196.jpg

スランプ克服法として去年十月から制作に入った首、ようやく一月初めに出来上がり、乾燥期間を経てようやく焼成に至りました。モデルをお願いしての制作、しかも初めての男性。 最初の一ヶ月はどうしても女性の顔にしかなりませんでしたが、なんとか男性の骨格を形成できました。けれど男性の髪型とかもみ上げとか今までにない形に四苦八苦・・・。自己採点65点です。 
お会いしたことはないですが、奥様がご覧になったら「うちの主人はもっと素敵よ!」と怒られそう~。モデルのいい面が出ていないのが残念で申し訳ありません。目指したのは、博識だけれど謙虚で温厚さが滲み出ているような表情だったのですが・・・。  
d0110197_21262624.jpg

それでもこちらの雑誌の女性写真を参考に2004年に制作したものと比べてみると、顔の表情の作り方に進歩が見られたかなと思います。実在の人物にモデルになっていただく有り難さを改めて実感しました。協力していただいた方々に改めて感謝して二作目に突入いたします。 NEXT ONE!!

復帰直後の首発見
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-23 21:36 | 素象人形
2010年 02月 20日

小町湯

d0110197_9593849.jpg

通りがかりに、この煙突が目に付いた。
d0110197_101064.jpg

銭湯って一度も入ったことなかったけれど、
d0110197_1015245.jpg

ここはこれで焚いているなら、芯から暖まりそう。    小樽は日本一銭湯が多い街と聞いた事がある。  
けれど最近の原油高で店を閉める銭湯が出てきました。    頑張れ、小町湯!! 
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-20 10:10 | 小樽
2010年 02月 13日

雪あかりの路   富岡教会編

d0110197_22184456.jpg

13,14日限定の富岡教会の雪あかり、今日終了一時間前に行くことができました。
d0110197_22213399.jpg

露出をいろいろいじっている間聞こえてきたのですが、右の水銀灯を消すか消さないか話し合っていました。 明日は消しているかもしれません。  
d0110197_22231123.jpg

ここは約80年前にドイツ修道会によって建てられた教会です。
d0110197_22262421.jpg

ここは信者の方がボランティアでされているようで、通りががりに「お疲れ様です。 御御堂もご覧になれますよ。」と声を掛けてくださいました。
d0110197_22344874.jpg

中は一度昼間に拝見したことがありましたが、夜はありませんでしたので
d0110197_22355799.jpg

お邪魔しました。
d0110197_22373624.jpg
  
やはり昼間と表情が違います。  
d0110197_22394220.jpg

撮影するのもためらわれるような厳かな雰囲気でしたが、「撮って下さっていいんですよ。」という言葉に甘えて何枚か写させていただきました。  が、イエス様が左手で心臓を見せてらしたのをパソコンで見て気が付きました。
d0110197_2244220.jpg

写真を撮ることにとらわれて、キチンと見ていなかったことに反省。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-13 22:51 | 小樽
2010年 02月 11日

ふと立ち寄って

d0110197_10123840.jpg

私が大好きな旧日本郵船株式会社。
d0110197_1015245.jpg

あまりの朝焼けのきれいさに このままずっとここにいたいと思うほどでした。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-11 10:18 | diary
2010年 02月 09日

雪あかり・・・

d0110197_21153044.jpg

雪あかりの路は5日から開催されていましたが、体調の悪い娘を置いて出掛ける気になりませんでした。
やっと元気になり、昨日から学校にいったのでワクワクしながら会場へ。
d0110197_2120826.jpg

けれど今年は札幌雪まつりと期間が重なった効果でしょうか、
d0110197_21215983.jpg

平日なのに結構な人手
d0110197_21233589.jpg

有り難いことですが、三脚を出すのがためらわれます。
d0110197_21261072.jpg

人力車のお兄さんの観光ガイドにも熱が入っているのに気が付きました。  なんか活気があっていいなあ。
d0110197_21272417.jpg

ここは雪あかり階段、実際に人が登れるのです。  それにしても今年の寒暖の差が大きい妙な天候のせいで道がツルツル、
転倒者が続出。  来られる方は十分気をつけてください。
d0110197_21285085.jpg

少し遅い時間に来たら空いてくるんじゃないかな。
d0110197_21304833.jpg

そこで ここは後に来ることにして
d0110197_21343232.jpg

ぱるて築港会場へ。  本当は朝里会場に行きたいけれど、道が分かりません。 方向音痴に夜道は危険過ぎ。
d0110197_21394243.jpg

ところが着いた途端、娘の学校から062.gif「体育の授業で肩から落ちて打撲されました。 様子によっては病院に行かれてください。」と。  「打撲なんてたいしたことないじゃない。」と思いましたが、わざわざ担任の先生からの連絡です。
それに娘は以前突き指だと思っていたのに骨折だったこともあります。  気になって家に引き返しました。 
すると娘、「えー、先生電話したの! 痛いけれど大丈夫だよ」と・・・。  ナンダ心配して損した~。
それでも湿布を買いに薬局に行き、間もなく雪あかりは消燈・・・。  人騒がせな娘! でもまあ大事に至らずにヨカッタです。
  
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-09 21:57 | 小樽
2010年 02月 06日

おさんぽ♪

d0110197_9101541.jpg

雪マユゲ見つけました。  これは優しいお爺さんかな。
d0110197_9132817.jpg

こっちはツリ目の鼻タレ小僧ね。
d0110197_9153795.jpg

ここは石材店前。
d0110197_9162495.jpg

白い帽子とストールを纏って・・・見た目に暖かそう。
d0110197_918593.jpg

お地蔵さんが「ボクも寒いから欲しい~」って言ってるように見えました♪
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-06 09:22 | diary
2010年 02月 04日

カメラテストしてみましたが・・・

d0110197_15175337.jpg

カメラはG9のマニュアルさえマスター出来ないので、新たに増やす気なんて全くありませんでした。  
ましてフィルムカメラなんて・・・私には写るンデスか押すだけカメラがお似合いだと思っています。
d0110197_15214321.jpg

ところが、ひょんなことで我が家にヤシカのリンクス1000がやってきたのでした。  調べると1960年生まれ、なんと私よりも年上です。  ジャンクだけれど、シャッターも巻き上げも出来るので、プリントしに行ったついでに小樽写販さんに見てもらいました。  「写りそうだから試してみたら?」と、フィルムを入れて下ったので 試し撮りを。
d0110197_15241431.jpg

結果。 ピント合わせさえマスターすれば 室内は難がありますが、
d0110197_15282429.jpg

天気の良い日の屋外なら使えるとのこと。 
d0110197_15284787.jpg
 
このアップはCDにしなかったので、デジで接写したものです。    ピント・・・。
d0110197_15313747.jpg

うーん、デジタルの露出とホワイトバランス、絞り・・・とよく分からないことが多いのに私に出来るのでしょうか?  
d0110197_15351239.jpg

説明書なんて勿論ないので、ネットでいろいろ検索して、このレンズ横のダイヤルを調節するのだということが分かりました。 そこでフィルムを入れずにいろいろいじってみたのですがチンプンカンプン。 フィルムのISOを合わせるのは分かりました。  けれどピントの場所は一番右の数字だと思うのですが、動かしてもファインダーから覗いた様子が変わらないみたい・・・
お手上げです。

そこで詳しい方にお聞きしたいのですが、この手のカメラって使いづらいですか? 「無理だからやめておけ」というのでも構いません、助言をお願いいたします。  ダメならそのまま飾ってもいいかもしれませんね。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-04 15:46 | フィルム
2010年 02月 04日

無料の展望台

d0110197_720946.jpg

小樽に引っ越してきて気が付いたのは歩道橋が多い事。  でも登るのが面倒なのであまり使っていませんでした。 
ところがあるブログで「歩道橋は無料の展望台です」と紹介されていて、そこから望む素敵な景色が紹介されていたのです。
d0110197_7222567.jpg

「そうか そんな素敵な見方もあるのね」と、それからは歩道橋を見掛けるとまず登ってみるようになりました。
そして最近気が付いたのはバスを入れてばかりいる事。  芸がなさ過ぎ~。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-04 07:31 | diary
2010年 02月 02日

船見坂

d0110197_18303831.jpg

大きな坂には名前が付いている。  小樽は坂の街。  
その坂に足腰が鍛えられるから、小樽は元気なお年寄りが多い。
今日も一歩一歩、踏み締め歩いている。  
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-02 18:34 | 小樽