ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 25日

職人の店 ヒサスエ時計店

 夫が着けている腕時計は結納返しで贈った品で18年使っています。
数年前から電池の寿命が短くなってきていて、「埃があるので電池が消耗する。分解掃除をすれば寿命が長くなる」と電池交換する店で今年の3月に言われていました。 ですから次回電池交換をする時は同時に分解掃除をするつもりでいたのです。
 ところが今月初めのアジアの出張中に突然の電池切れ。 「まだ8ヶ月しか経っていないのに!」
仕方なくマレーシアの伊勢丹で入れてもらったのですが、そこでリューズの芯棒を壊されてしまったのでした。
抗議をしても そこでは直すことが出来ず、翌日は隣国に移動するスケージュールの為 そのまま持ち帰って来ました。

 そこで分解掃除と修理が出来る時計店をと捜し求めてたどり着いたのが ヒサスエ時計店。
入り口に一級技能士の店とあります。

店主 「いやー 酷いね、そこで直してくれなかったの? えっ!外国?それは向こうにとっては外国製品だものね。 
    でも大丈夫、部品取り寄せに2週間掛かるけど直りますよ。」

私   「あのー ついでに分解掃除もお願いしたいんです。 電池の寿命が短くなってきましたので・・・。」
店主 「分解掃除? 構わないけれど、電池の寿命とは関係ありません。 電池の入れ方に技術があるんですよ、企業秘密
    だから教えられないけれど。 それが出来ない人の言い訳、私が入れたら二年持つから大丈夫です。」

     電池の入れ方に技術があるなんて知りませんでしたが、誤った入れ方は無駄な電池の消耗を招くそうです。
d0110197_19473731.jpg

 二週間後、無事修理された腕時計を受け取りにいきました。

私  「分解掃除もしようかなと考えているのですが、次回の電池交換の時でも大丈夫ですか?」 

店主 「そうですね、いつでもいいけどした方がいいです。 次回の電池交換の時? 
    充分大丈夫です。この時計は手入れすれば長持ちしますよ。」

 私が安心して店を後にしたのは言うまでもありません。 これからは私の時計も電池をここで入れると決めました。 
どちらも今流行のデザインではないですが、気に入っているので長く使うつもりです。
リューズが壊されたのは残念でしたが、お陰で信頼できる時計職人さんに出会えました。

ヒサスエ時計店
小樽市花園2-1-5 (国道5号線 北一ガラス本店向)
TEL 0134-23-2730
 





 
[PR]

by Blog_Maya | 2007-12-25 20:14 | 小樽
2007年 12月 23日

忘年会ランチ

十二月と言えば忘年会、主婦でも学校のお母さん方とかサークルの集まりなどで声がかかることもしばしば。
けれど今年の夜の宴会は夫の長期出張が二回もあったため、パス。
子供を犠牲にしてまで飲む酒が 美味しい訳ありませんから。
d0110197_16343531.jpg

唯一行ったのが、火曜日に集まるボウリング仲間とのランチ。
私と同じ年頃の方から70代までの主婦なので、昼間にしようと提案してくれる方がいました。 
それなら この間オープンした「花ごころ」のランチがお得と聞いてきた人がいて、即決定。
d0110197_16392811.jpg

花ごころ御膳、1000円です。 今月限定のこのお値段で、ミニイクラ丼とお吸い物も付いて来ました。 
ランチは午後5時までとか、それって長くない? 予約して行ったら、二階の個室に案内してくれました。 
昼間なのでアルコールなしですが、刺身がぷりぷりで、煮物は薄味加減が丁度良かったです。 
d0110197_16472086.jpg

ここは旧安田銀行の建物で、以前は北海道経済新聞社が利用していました。
小樽で利用されなくなった古い建物が次々と取り壊されてしまうなかで、このように使われるのは嬉しいことです。 
[PR]

by Blog_Maya | 2007-12-23 16:54 | 美味しいもの
2007年 12月 16日

悪戦苦闘

来年の記念展に向けて製作中の作品です。
d0110197_11281854.jpg

恩師の遺作と並べることを考えて力が入っているのですが・・・。  入り過ぎ?
d0110197_11394415.jpg

初めて犬を作るのですが、これが結構難しくて。 犬の写真を見て作っていますが、思うようなポーズのものがありません。 陶芸教室で実際に犬を飼っている方に骨格などを聞いて直しています。 
この作品がいつ出来上がるか・・・・・、神のみぞ知るです。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-12-16 12:14 | 素象人形
2007年 12月 08日

冬の海

ここは家族で海水浴に来たこともある祝津。 あれは何年前?
d0110197_19355593.jpg

夏とは一転して雪景色
d0110197_19383122.jpg

カバーが掛かっていないけれど、この船、冬も働くのかな?
d0110197_19434121.jpg

潮の香りが気持ちいい!  夏の賑わいの名残り発見。  
d0110197_19471848.jpg

よく見るとシーグラスが・・・。
d0110197_1950994.jpg

波音を背に、 あっ ここにも・・・と拾い集めた。
d0110197_20113248.jpg

夢中で拾ったけれど、とっても寒かったー。
d0110197_1955391.jpg

でも やはり 海が好き。 ハッ ハックション!!
[PR]

by Blog_Maya | 2007-12-08 20:34 | 小樽
2007年 12月 03日

蛇口から 流れる水に 冬実感


川柳詠んでみました。 我流で下手ですが、時々お付き合いください。

d0110197_8192920.jpg

                                         小樽市立美術館にて
[PR]

by Blog_Maya | 2007-12-03 08:26 |
2007年 12月 01日

生きる力

「もののけ姫」の主題歌で有名な米良美一さんのリサイタルに共済ホールへ行って来ました。七月にご自身の半世紀を
赤裸々に綴った本を出版され、テレビでも紹介されたのでご存知の方も多いと思います。 
d0110197_2165685.jpg

生まれつき難病を患い、病だけでなく偏見と闘いながら小学、中学、高校を卒業、音大でカウンターテナーを目指し、卒業後歌手として活動を始めますが「もののけ姫」の大ヒット後、地獄のようなスランプに陥りました。 それが自分の病気と生い立ちを隠し、「自分が自分を差別していた」せいだと気付き、子供の頃の純粋に歌う喜びを取り戻したことで苦しみのどん底から脱出したそうです。
トークではそのエピソードをあまり重苦しい空気にならないようユーモアを交えて紹介してくださり、会場は泣き笑い。 
アンコールでは「自分の人生そのもの」と、長いスランプから自分を引き上げてくれた歌「ヨイトマケの唄」を地声で披露され、自分の弱さや過ちも全てさらけ出し、さらに上を目指そうとする真摯な生き方に勇気をもらって会場を後にしました。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-12-01 22:13 | 鑑賞