ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

ミシンの話

 今日は小樽の職人さんとのお話で、ちょっと長くなります。
 最近娘が自分で給食マットやバックを作りたがるようになり手縫いからミシンの出番のようなので、故障したまま放置していた私のミシンを専門店へ修理に出したところ、「このミシンそんなに使い込んでいませんよね?この磨耗の仕方は仕様に問題がありますから、部品交換してもまた磨耗したら交換になってしまいますが・・。」と驚くようなことを言われました。交換の費用は7000円です。それほど使い込んでもいないのに磨耗しているというのはどういうことなのでしょう。
 伺うと、ボディや部品が金属だった頃のミシンは耐久性があり修理すれば今でも使えるけれど、最近のミシンは軽量化のためプラスチックが多く使われ特に回転釜は磨耗しやすく、機械も電子化が進んで故障しても直らないそうです
これは前に写真ブログでカメラについて伺った話と同じではありませんか。
「古いものの方が直る」だけではなく、パワーも強くてキルティングの重ね縫いなどもこなせる・・・。
「ちょっと待ってください!このミシンも薄物からジーンズまでなんでも縫えると説明を受けたのですが・・・」
実際は縫えますが、無理があるそうです。 今の家庭用ミシンでジーンズや厚物が縫えるものは皆無なのにそう宣伝するので、何年か使用したら具合が悪くなり修理に出す人が後を立たないそう。メーカーは消費者のニーズに合わせて「使いやすくて、片付けやすいミシン」とコスト面を追い求めた結果、耐久性が犠牲になってしまったのでしょう。  私はライオンの置物があるデパートで買いましたが、ミシンを販売している家電店、手芸店でも専門知識を持った方はほとんどいないそうです。「○○生活」で売っている人気のミシンも仕様は同じで、修理に持ち込まれることが多いとのこと。  それゆえ何も知らない消費者は古い重たいミシンを捨ててしまうことが多く、実家も家を新築した時にやはり処分していました。

 ここまで話を聞いていて私は、これから娘がキルティングやデニムの生地を用いた裁縫をするのには古いミシンの方がいいと思いました。 「あのー古いミシンを手に入れたいのですが・・・。」さすがミシン専門店です。 一台だけ倉庫にあるとのことで、見せてくれました。 もともとは足踏みだったものにモーターを付けて電動にした製品。見るからに私より年上のこのミシン、ボディも回転釜も金属で手入れをすれば充分使えそうです。「これ使っていて、故障したら直していただけますよね?」との質問に、職人さんの「はい、いたしますよ。」の力強い一言。
問題は娘です。小学生の娘が古いミシンを使いたがらなかったら、買っても意味がありません。
店まで連れて行って見せました。 「これなら、キルティングも縫えるの?」「うん、重ね縫い出来るよ。」「使うの難しい?」「慣れたら大丈夫だよ、やってみるかい?」 何本か縫ってみた娘も「新しいミシンより、こっちの方がいい!」と、購入が決定。 今度はポータブル式にケースをつけてもらうことに。
d0110197_9512312.jpg

 翌週、家にモーター、フットコントローラー、ベルトを取り替え、整備されたミシンが来ました。 
早速、ミシンを前に娘のための講習会。ミシン職人 直々の教えを受ける娘も一生懸命です。中古ですから説明書はありません。後から分からなくなったら困るのでビデオを回して、後からゆっくり見て・・と思っていました。
ところが、「今日は直線だけお教えします。 慣れてきたら、ジグザク教えますから。」とおっしゃるのです。
普通は一度教えて終わりですよね。 「何か困ったことがあったら、すぐ連絡ください。」と言い残して帰っていかれました。
新品のミシンが買える価格でしたが、いい買い物が出来て満足しています。

この職人さんがいるお店は高橋ミシン商会、
詳細はこちら です。


 
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-31 10:08 | 小樽 | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 29日

小樽公園

桜の咲きがいまいちだった今年、ツツジはどうなってるか気になって行ってまいりました。
d0110197_20273660.jpg

ツツジはまずまずの咲きです。  水彩で絵を描いている婦人がいらっしゃいました。 
d0110197_2052315.jpg

リコーのカメラはズーム音が大きいので邪魔にならないか気になり、場所を移動します。
d0110197_20342897.jpg

藤はまだ六分咲きでしょうか。 私はこの薄紫色が好きなんです、心に沁みますね。 
d0110197_20371829.jpg

何か不吉な音が聞こえる・・・。
d0110197_20412044.jpg

やはり蜂!  私は一度刺されたため、抗体があるので怖い! 退却します。
d0110197_20452685.jpg

それでも ツツジなどの花々にも小さな虫が寄ってきていました。  これから出歩くときは虫除けバンドをつけた方がよさそうですね。
d0110197_20494028.jpg

[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-29 21:02 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 28日

THE JOY LUCK CLUB

d0110197_7543668.jpg

ここは寿司屋通りを少し下がったところの建物の二階、ランチとデザートが私を惹きつける。
一階は雑貨なども扱っていて、見るだけでも楽しいお店。
d0110197_7551139.jpg

こちらは豚肉と春キャベツの辛味どんぶり。 辛味といっても辛すぎず、野菜の味が生きている。 
ワンプレートにデザートとドリンクが付いて650円。
d0110197_7553989.jpg

相方はミネストローネとトーストのセット。 この日は雨だったので温かいスープにしたそう。
一口味見させてもらう。 うん、塩味が丁度良くて美味しい。
d0110197_7561189.jpg

デザートはマーブルシフォン。 ふんわりしていて、食べ終わった頃には満腹で動きがすっかり鈍くなっていましたよ。

平成22年閉店しました
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-28 08:26 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
2007年 05月 27日

これナーンダ?

これは見つけた時に「面白い!」と写しました。
d0110197_9352563.jpg

水滴?      違いまーす!
つらら?     ・・・季節外れ!
スライム?    ふっ古ーい!

正解は こちら
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-27 09:58 | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 25日

南小樽にて

古い建物を見ながら散歩しているうちに、様々な窓があることに気が付きました。
d0110197_9322784.jpg

これは扉が厚い。
d0110197_89968.jpg

格子がオシャレ。
d0110197_810875.jpg

こんな格子って当時はモダンだったのでしょうね。
d0110197_8135410.jpg

上の丸いのは空気穴?
d0110197_93355100.jpg

ここは以前スキー博物館だったところ。 飾りに昔のスキーストックの受けなんて遊び心、いいですね。
d0110197_935526.jpg

ひさしが付いているのは書類庫だったから?
d0110197_939476.jpg

あの丸い窓からは何が見えるのでしょう。
d0110197_9395731.jpg

今は処分される運命なのか・・・。
d0110197_940485.jpg

窓に関係ないけれど、影が面白い。

気が付けば建物をまともに撮った写真が一枚もなかったです。 
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-25 09:46 | 小樽 | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 24日

白黒モードで

先日発見したカメラ機能試すのに、小樽の街はぴったりかもしれない。
d0110197_16312135.jpg

でもこんなのも面白いかも・・・
d0110197_16355116.jpg

ふと踏切が頭に浮かぶ。  何故・・・?
d0110197_16371361.jpg

私の子供の頃の原風景と重なったのかもしれません。
d0110197_16385678.jpg

家の近くにあった札幌駅の隣駅、桑園。 通学は踏切を渡っていました。
今は高架化されて駅も新しくなり、面影もありません。 けれど不思議に夢を見ると、駅は昔のままなのです。
やはり小樽は白黒モード似合いますね。きっと・・・。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-24 16:45 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 23日

保存食に目覚めて

去年から漬物などの保存食に目覚めた私。 即席漬け、キムチ、かりん酒、味噌・・・。
住宅スペースの都合上、少量ずつしか漬けられません。 キムチは一株ずつ、味噌も1リットルの容器に作って
二ヶ月ごとに仕込みます。
最近はそばつゆも手作りし、この春から ぬか漬も始めました。 やはり きゅうり2本漬けられる程度の小さな容器で。 
やはり手作りの方が美味しいらしく喜んで食べてくれる。 それがまた作る原動力になるのです。
d0110197_7532865.jpg

こう書くと、「いい主婦ね」、「しっかり奥さんね」という誤解を受けそうなので、白状します。
ブログを始めた頃、朝からパソコンに向かっていて昼食の用意を忘れてしまいました。
先日もブログのことで設定が上手くいかず三週間目、気を付けていたのにシーフードを入れ忘れたパエリヤが食卓に登場。 そんなパエリヤを食べたこと ありますか?
人形の作品作りに没頭していて魚を焦がすなんてよくあることなので、もはや家族は驚かなくなっています。 
いつも申し訳ないなと思いますが、このそそっかしさは なかなか治りそうにもありません。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-23 08:31 | diary | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 22日

旭展望台 その2

職場のテニス大会で体力の低下を実感した夫、突然「散歩する」と言い出しました。
d0110197_9471567.jpg

体力作りにまず歩くつもりらしく、それはいいことなのですが・・・。
d0110197_9525167.jpg

私を置いて,娘とさっさと行ってしまう・・・。
d0110197_9561599.jpg

こんな景色に目もくれず、
d0110197_9571987.jpg

鳥のさえずりも楽しまず、
d0110197_1003885.jpg

ゆっくり写真も撮れないじゃない・・。  そう言えば、ここはこの前白骨死体が出たところじゃなかった?
d0110197_1021342.jpg
d0110197_1035562.jpg











「こっ怖い! 白樺の節が目に見えてきた~。」
d0110197_1055035.jpg

結婚する時は「君を守ってあげる」と言ったのに・・、17年も経ったら時効なの?
d0110197_10132412.jpg

やっと追いついて目にしたのは二人の背中姿。  そうね・・・今守ってあげるのは、この娘よね。
d0110197_1020977.jpg
d0110197_10205093.jpg

空は曇っていたし、ゆっくり写真も撮れなかったけれど、美味しい空気が吸えていい気持ち。

やっと姿を見せてくれたキビタキの後姿。 
d0110197_10234264.jpg

このカメラ、白黒モードがあることを発見。 
まだまだ分からないことがあるカメラ、機械オンチの私が機能把握するのはまだ時間がかかりそう。
コンパクトカメラなんですけどね。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-22 11:08 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 21日

てんぷら家

この日は用事があって南小樽をウロウロしているうちにお腹がすいてしまい、
以前から入りたかったお店に足が向いて・・・。
d0110197_8463720.jpg

ここは定食がお得とブログ情報。
d0110197_855185.jpg

確かにホタテの刺身までついて、これで650円はお得です。 おいしゅうございました。 
伺うと、花園から去年10月に移転されたとのこと。 女将さんの優しい応対が心地良いです。
日曜、祭日は休みですが、今度は家族で行こうかなと思いました。 
てんぷらのサクサクは家では難しいですもの。
d0110197_971924.jpg

満腹になってから見上げた八重桜はキレイでした・・・。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-21 09:14 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 20日

北運河

カモメの鳴き声がこだまする北運河。
d0110197_9551139.jpg

ここは観光客もあまり来ないので静か。 犬を散歩させている人と行き交う。
d0110197_9562812.jpg

旧北海製罐株式会社小樽工場。 ここは都市景観賞を貰っている。
何度も失敗しながら、やっとカモメをゲット。
d0110197_1012688.jpg

でもあっという間にいってしまった。(建物左上のゴミのようなもの) 
d0110197_102332.jpg

スローな私には動物は難しいのかも。

また面白いもの発見
[PR]

by Blog_Maya | 2007-05-20 10:26 | 小樽 | Trackback | Comments(4)