ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:小樽( 196 )


2007年 04月 20日

築港 散策

二日前にUPしたラーメン店の斜め向かいは石原裕次郎記念館。
でも息子がベビーカーに乗っている頃に来客をお連れしたことが一度あるだけで、それ以来 訪れたことがない。
裕次郎は生前毎年、必ず一人で小樽に来ていたとタクシーの運転手さんに聞いた事がある。
d0110197_992558.jpg

こんな船でクルージンジング出来たら、裕次郎気分になれるかな?
d0110197_8534540.jpg

けれど私には向こう側にあるウイングベイ小樽の方が身近。
d0110197_840118.jpg

一日クルージングっていうのも あるらしい。
d0110197_844422.jpg

現代の裕次郎たちは艇の整備に忙しい。
d0110197_8454737.jpg

シーズンになると ここも賑わってくるのかな。
d0110197_848028.jpg

マリンウエーブから出て港湾側に行くとロシア船が停泊していた。
d0110197_8583024.jpg

あー また海外に行きたくなっちゃった。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-04-20 09:14 | 小樽
2007年 04月 19日

旭展望台

天気がいい日は景色もキレイ。 そう決め付けて向かった旭展望台。
d0110197_9364945.jpg

前日に雨が降ったせいか、空気も澄んでいる。
d0110197_9405113.jpg

初めて、ここに来た時は丸井デパートがあまりに小さいので愕然としたっけ・・・。今はその丸井もなくなってしまった。 
デパート好きの私は札幌へ行くしかない。
d0110197_9454575.jpg

選挙カーが名前を連呼している。 これってどれ位の効果があるのだろう。 私達が知りたいのはその候補者の
政策方針やマニフェストだと思うけど・・・。
d0110197_952349.jpg

子供が作った草の船。 ちゃんと浮いて良かったね。
d0110197_9542823.jpg

した努力は報われる。そんな世の中になって欲しいなと思う今日この頃。
d0110197_9571714.jpg

私も不満ばかりじゃ始まらない。 まずは出来ることから始めなきゃいけないなー。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-04-19 10:05 | 小樽
2007年 04月 17日

なえぼ公園

去年 知人のブログでザゼンソウの存在を知り今年は行きたいと思いつつ、一人で行く勇気がなかった私。
「一緒に行こうか?」との友の言葉で実現。
d0110197_2334353.jpg

やっと来れたと思うせいか、雪解け水の流れも輝いて見える。
d0110197_2343916.jpg

静寂な雰囲気の中でひっそりとした存在のザゼンソウ。
でも咲ききっていないのもまだあるから 週末の方が良かったかな?
d0110197_23441086.jpg

日差しも春色? 歩いていて気持ちがいいー。
d0110197_23572730.jpg

水芭蕉、葉が一部茶色くなっているのは雪にあたったせいだろうか。
d0110197_01697.jpg

前を歩いていたNikon一眼レフを構えたおじさんが上を指差すその先は・・・。 なんと!エゾリスだー!
d0110197_0384.jpg

ねえ、去年ペンタックスの一眼レフさんと遊んだことある?
d0110197_051645.jpg

と、とりも来た!焦ってシャッター。 ああ 全部赤目になってしまってるー。
d0110197_085298.jpg

やっと落ち着いて写せたと思った瞬間 どこかに行ってしまった。 やはり動物は難しいね。
一眼レフ氏は満足げに帰り支度。教えてくださって、ありがとうございました。 
 思いがけずエゾリスにまで会えて帰り道はちょっと興奮気味の二人でした。 今日来て良かったー。 
[PR]

by Blog_Maya | 2007-04-17 00:37 | 小樽
2007年 04月 12日

祝津でパチリ

d0110197_81193.jpg

作品の制作に行き詰った時、私はよく海を見に行く。
天気が良ければ築港の臨海公園、雨ならウイングベイ小樽の窓から眺める。
d0110197_815921.jpg

と、言えば聞こえが良いが行き詰るなんて日常茶飯事で、実はしょっちゅう海を見に行っている。
今日は天気も良いし雪も融けたから、ちょっと足を伸ばしてみた。
d0110197_8202282.jpg

磯の香りが気持ちいいー。カモメの鳴き声も直に聞こえる。まるで違う街に来たようだ。
d0110197_822898.jpg

漁師さん 何人かとすれ違った。船や漁具の整備をしている。彼らにとって 海は生活の場。邪魔にならないように気をつけようっと。
d0110197_8594035.jpg

プレジャーボートがシーズンの到来を待っている。
d0110197_922645.jpg

水族館もオープンしたようだ。最後に行ったのはいつだったけ?
d0110197_831889.jpg

建物の奥で何か音が聞こえる。
d0110197_8335411.jpg

この機械でホタテを洗浄して出荷するんだね。きっと。
d0110197_8341881.jpg

漁師さん達にとっては 日常の光景がここにある。
d0110197_837221.jpg

祝津に一人で来たのは初めてだったけど、エネルギーを貰いにまた来たいな。うん、またお邪魔しようっと。

誰かさんを思い出した・・。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-04-12 08:53 | 小樽
2007年 04月 08日

色内の春

d0110197_945713.jpg

私が小樽で一番好きな建物は この旧日本郵船株式会社小樽支店である。
二週間前もここに写真を撮りに来たが、向かいの運河公園に私の背丈(チビですが)を超えるほどの雪山で後ろに下がれないため全景が入らず退散していた。今日はすっかり雪が融けて、公園も遊具やベンチの青シートを外すのを待つばかりになっている。
d0110197_9114483.jpg

ふと気が付くと、若いお母さんが子供とジャンケンをしながら歩かせている。歩きたくないとぐずる子を歩かせる苦肉の策だ。私も十五分で済む道のりを一時間近くかかるなんてザラだったことを思い出した。あの頃が一番大変なんだ。ベビーカーに素直に乗らないくせに歩いてくれない、長時間の抱っこには重くなりすぎている。飴をあげたら癖になるし、床に倒れて泣き出したら、もう手に負えない・・・。

言うことを聞かない子と毎日向かい合う事のしんどさは経験しないと分からない。
今となっては懐かしい思い出だけど、毎日その繰り返しだった頃は早く開放されたかったなー。
「まだ肌寒いし大変よね。来年の春には少し楽になるから頑張ってね。」
d0110197_9175993.jpg

[PR]

by Blog_Maya | 2007-04-08 10:16 | 小樽
2007年 03月 25日

カメラを持ってお出かけ

札幌に住んでいた私は二十年前友人と、プチ観光でこの富岡教会に来ている。
その時は、まさか自分が小樽の住人になるとは思っていなかった。人生いつ何があるか分からない。
d0110197_1013414.jpg

カメラを持って歩いているところを知り合いに見られるのは恥ずかしい。気になって、周りをキョロキョロ見回す怪しい人物になってしまう。
d0110197_1084325.jpg

歩道橋の上でカメラを構えると、通行人が「こんなとこ撮ってどうするの?」と言いたげな視線をくれる。
少し緊張するが、「ここで一眼レフ構えてる人もいるんだ!」と励まし、コンパクトデジカメでパチリ。
d0110197_1023135.jpg

駅前のサンビルが取り壊され、あらたにツインタワーとして生まれ変わるため、この歩道橋もなくなる運命らしい。
海に臨む、素敵なスポットなのに。 時とともに小樽の街も変わり行く。
d0110197_10245710.jpg

結婚を機に小樽に住んで十七年、今ではすっかり小樽にはまってる。
[PR]

by Blog_Maya | 2007-03-25 10:47 | 小樽