カテゴリ:小樽( 196 )


2014年 09月 18日

階段

d0110197_20403092.jpg


下りながら

d0110197_20405028.jpg


踏まないように気をつけた。








[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-18 18:42 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 17日

久しぶりの街撮り

d0110197_20400069.jpg



窯を買うことが決まってから8月の展示会まであっという間に時間が過ぎていき、あまり撮っていませんでした。


d0110197_20394873.jpg




久しぶりに歩いた錦町、目についたものをとりあえず撮ってみる。




d0110197_20401407.jpg



生憎雨が降ったり、やんだりでしたが、カメラを持って歩くのは久々のドキドキ感がありました。       (続く)
                                                       







[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-17 21:00 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日

通りすがりのご縁

d0110197_19300516.jpg





青空の日に外出した時この富岡教会の前を通った時は撮りに寄る事が多いのですが、今日は手前の木陰でスケッチされているご婦人にお会いしました。「本当は札幌から仲間と一緒にスケッチに来る予定だったのですが、連絡ミスで集合場所の駅に誰も来なかったので意地になって一人で来ました。」とおっしゃいます。「宜しければ教会の中をご案内しましょうか。」と自然に言葉が出ました。


d0110197_19301579.jpg



富岡教会は昭和4年建設の歴史的建造物。正面中央の赤い八角尖塔とその上の十字架が目に付くゴシック様式の教会で構造は鉄筋コンクリートと木造です。正面外壁と玄関は重厚な外観、側面の一階部分が煉瓦貼りで二階部分は軟石積み。内部は一階は天井が低い集会室、二階は礼拝堂で天井が高く、白漆喰の壁に鮮やかな色ガラスを組み合わせたアーチ窓が特徴です。拙い説明ですが、微に入りじっくり見てくださり、最後に「今日は最悪だと思ってここに来たのですが、いいこともありました。」とお礼を言ってくださいました。私も思いがけず温かい気持ちで家路に着くことが出来た日でした。














[PR]

by Blog_Maya | 2014-09-13 20:47 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 24日

蝦夷梅雨明け

d0110197_07222877.jpg



 早朝お馴染みの駅前の景色、今朝は青い景色が久方ぶりに姿を現しました。 やはり曇っているより晴れている方が気持ちがいい。六時でこの眺め、きっと天気予報通り晴れてくれそうと洗濯も気が楽に、今日は窓ふきもしようかな♪

[PR]

by Blog_Maya | 2014-06-24 07:31 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 25日

お気に入りの場所

d0110197_12585703.jpg


 小樽は海が身近にあります。潮風に吹かれてパノラマ展望台から臨む景色。


d0110197_12364643.jpg


 明治、大正、昭和と悠久の名残を留めた歴史的建造物の数々は小樽の財産。その中には資料館として見学出来る施設もあるので、観光客にも是非関心を持ってほしいところです。二枚目の画像は鰊御殿の帳場、鰊漁全盛期ここに座った番頭が忙しくソロバンを弾いていたであろう姿を想像しました。









[PR]

by Blog_Maya | 2014-05-25 11:41 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 24日

旧遠藤又兵衛邸

d0110197_13112552.jpg


 海産物卸商で巨万の富を築いた遠藤又兵衛が明治35年に建立した豪邸。本州から木材、大工は越後から呼び、旭川から砂利を運び、釘を使わずに3年もの歳月をかけて作られた和洋折衷の建物で「小樽御殿」の名で知られる邸宅でした。玄関脇に張り出た白い八角形の応接室はベイウインドがついた白塗りの壁と、天井が高い洋室が特徴的。門や塀も重厚に作られ鷹や亀の鬼瓦が飾られていて遠藤家の金色の家紋四菱もいくつも飾られ当時の貫禄が今でも漂っています。


d0110197_12341826.jpg


 遠藤氏の死後、大正2年に倉庫業等を営む山本厚三氏が所有者となり、昭和39年に立正佼成会が購入し小樽教会道場として使用。昭和58年に南正面棟の主要部分を残し、裏手にあった広間や蔵撤去し、お堂を建設して現在の姿となりました。昭和60小樽市指定歴史的建造物4号に指定され、平成7年には小樽市第8回都市景観賞を受賞。



d0110197_13011223.jpg


 今回初めて知ったのは襖の取っ手が透かし彫りで後ろの部屋が見通せたこと。他にも雪見障子とかいろいろありましたが、細部まで手間と贅を尽くした造りにその当時の職人さんの技術と粋な遊び心を垣間見ました。




[PR]

by Blog_Maya | 2014-05-24 15:05 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 20日

奥沢水源地

d0110197_09172572.jpg


 奥沢ダムは北海道では最も古い水道用ダムで小樽市の人口増や小樽港の船舶用の水需要が増大したことに伴い水道用の水源として明治40年に認可を受け、大正3年に完成しました。設計施工は近代水道創設期に全国で多くの水道を手がけ「近代水道の父」と呼ばれた中島鋭治、流下する水の勢いを抑えるため21mの落差を10段に分けて水を落とす階段式溢流路で緩やかにカーブしながら階段状に水を落とす様は「水すだれ」と呼ばれ、その情景の美しさから市民の憩いの場として親しまれました。またその歴史的価値に加え、階段式溢流路の美しい構造が高く評価され、昭和60年には厚生省が企画した近代水道百選、平成20年には土木学会によって土木学会選奨土木遺産に選定されました。


d0110197_09173932.jpg


 ところが平成23年漏水量と濁りに異常が見られたことから調査を行ったところ、堤体に直径約3m、深さ1.4mの円錐状の陥没が発見されました。これは堤体の破壊に繋がりかねない状況で現行の基準に対応した補修を行うには数十億円の費用を要することが分かりました。また現在では朝里ダム等他の水源で代替が可能であることから小樽市は奥沢ダムの廃止を決定、1世紀にわたって小樽市民の水がめとして水道用水を供給していた役目を終えました。小樽市はこの歴史的遺産で、長年市民に親しまれてきた奥沢ダムの保存や活用方法を検討中です。






[PR]

by Blog_Maya | 2014-05-20 07:40 | 小樽 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 19日

青空が似合う

d0110197_09195698.jpg

d0110197_09202165.jpg

                                                     富岡教会








[PR]

by Blog_Maya | 2014-05-19 09:21 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 27日

富岡教会

d0110197_8142730.jpg

久しぶりに見上げてみました。
[PR]

by Blog_Maya | 2014-02-27 08:14 | 小樽 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 16日

望楼ツアー2014

d0110197_20383477.jpg

高いところが好きな私、金融資料館(旧日本銀行小樽支店)の望楼ツアーは楽しみの一つです。
d0110197_211546.jpg

そこから眺める景色よりも日本近代建築の父 辰野金吾の細部にまで呼ぶこだわりを
d0110197_216337.jpg

間近に見ることが出来る機会でもあります。
d0110197_2165976.jpg

来客を案内したことも数知れず、大方この建物のことは知り尽くしていると思っていましたが、
d0110197_2111525.jpg

職員の方よりこのシマフクロウのモチーフ以外に他の種類があることを教えていただきました。
d0110197_21115667.jpg

違うのは尾っぽの長さ、
d0110197_21123467.jpg

尾が長いのもあるのです。シマフクロウの尾は短いので、これはオナガフクロウかと思います。何百回もこの建物を見ているのに気が付きませんでした。 
d0110197_21153768.jpg

そして向かいに建っている北海道バイン、ワインショップ&レストラン、1912年(明治45年)に建てられた旧北海道銀行(現在の北海道銀行とは無関係だそうです)小樽市指定歴史的建造物なのですが、二階のアーチ型窓の上部の両脇にフクロウと思われるモチーフがあることも教えていただきました。見てみると、種類は分かりませんが確かにフクロウらしきものが見えます。やはり銀行にとって夜眠らないフクロウは夜警としての守り神だったのですね。
望楼ツアーで新たに知った新たな魅力でした。 
[PR]

by Blog_Maya | 2014-02-16 21:27 | 小樽 | Trackback | Comments(0)