ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 11日

憧れの人

d0110197_1052820.jpg

私の夫は大の歯医者嫌い  詰め物がとれても痛みがなければ平気で放っておく
九年前 下の歯のブリッジが欠けて使い物にならなくなった時も「困らない」と言って歯科に行こうとしなかった  
「一本の歯がないだけでも全体に負担がかかって影響するらしいから早く治療したほうが・・・」という私の説得も「ハッハッハ そんな手には乗らないよ」と軽くあしらってしまうのが常   夫が大学生の頃、私は小学生という位 年が離れているから 
私の意見が通らないのも仕方がないかなと思っていた 
d0110197_1139648.jpg

ところが 知人のブログで「歯の詰め物がとれたけれど歯医者に行きたくないと愚図っていたら、妻にさっさと予約を入れられ 行かされた」と書いてあった
なんということでしょう!  彼の年は夫に近い  奥さんの年は互いの平和のために聞いたことがないけれど私に近いはず!   
という事は年齢差も同じくらいだと思う  なのに彼女は私が永年かけて出来ないことをいとも簡単にやってのけている  
どうやって?彼女はお釈迦様の手の持ち主なの?  その操縦法に敬意を表し、私は彼女を心の中で「師匠」と呼んでいる  長年秘訣を密かに聞きたいと思っているのだれど、お二人はいつも仲良く一緒  残念ながらチャンスがないのでした
「さっさと歯科に行きなさいよ!」 一度でいいから言ってみたーい
[PR]

by Blog_Maya | 2008-09-11 12:02 | diary


<< もう見納め         (...      少し早いですが・・・     ... >>