ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 06日

メイキング オブ 雪あかりの路

雪まつりが開幕し、全国放送の番組の中でも映像が流れています。 すっかり全国で認知されているイベントですね。 
でも小樽の住人としては 今年で10回目を迎える雪あかりの路が待ち遠しいのです。 
d0110197_17263085.jpg

今日の昼間 美術館裏の会場を覘いて見ました。 ボランティアの方々が忙しげに動いています。
d0110197_17372194.jpg

雪あかりとは手作りの雪や氷のオブジェの中にキャンドルを灯して街を彩るイベントなのです。
d0110197_1747364.jpg

雪に色付けをしない、キャラクターものは作らないと規定し、手作り感を大事にしてきました。
その努力のお陰で市民に徐々に浸透し 今では商店や町内会の方々もキャンドルを買い、店先や住宅街でも雪あかりを見られるようになったのです。 ここまでくるのには数々の御苦労があったと察しますが、もはや小樽の冬の一大イベントに成長したと言っても過言ではありません。
d0110197_17584443.jpg

キャンドルが灯ったときの様子を考えながら、雪玉を配置しているようです。
d0110197_1805083.jpg

作業している方々 皆さん 挨拶をすると返事をしてくださいます。
「明日の方が形になっているんだけどね。」と、こちらを気遣ってくれたり、「こうやって氷にドリルで穴を開けてキャンドルを入れるんです。」と説明してくださったり、雪まつりと違って交流できるのもいいところ。
d0110197_1865413.jpg

この雪玉の隙間から漏れる灯りの美しさ、素朴で幻想的なんですよ。
d0110197_1891633.jpg

こちらも製作途中の雪のトンネル、下のレールは旧手宮線です。
d0110197_18135923.jpg

こっちは氷を積み上げて水を撒いていました。 なにか大掛かりなようなので邪魔にならないように帰りました。 
雪あかりの路は2月8日から17日まで。 開催されたら その素朴な灯りをアップしたいと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2008-02-06 18:27 | 小樽


<< 雪あかり 試し撮り編      札幌雪まつり 雪像制作中 >>