ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 25日

職人の店 ヒサスエ時計店

 夫が着けている腕時計は結納返しで贈った品で18年使っています。
数年前から電池の寿命が短くなってきていて、「埃があるので電池が消耗する。分解掃除をすれば寿命が長くなる」と電池交換する店で今年の3月に言われていました。 ですから次回電池交換をする時は同時に分解掃除をするつもりでいたのです。
 ところが今月初めのアジアの出張中に突然の電池切れ。 「まだ8ヶ月しか経っていないのに!」
仕方なくマレーシアの伊勢丹で入れてもらったのですが、そこでリューズの芯棒を壊されてしまったのでした。
抗議をしても そこでは直すことが出来ず、翌日は隣国に移動するスケージュールの為 そのまま持ち帰って来ました。

 そこで分解掃除と修理が出来る時計店をと捜し求めてたどり着いたのが ヒサスエ時計店。
入り口に一級技能士の店とあります。

店主 「いやー 酷いね、そこで直してくれなかったの? えっ!外国?それは向こうにとっては外国製品だものね。 
    でも大丈夫、部品取り寄せに2週間掛かるけど直りますよ。」

私   「あのー ついでに分解掃除もお願いしたいんです。 電池の寿命が短くなってきましたので・・・。」
店主 「分解掃除? 構わないけれど、電池の寿命とは関係ありません。 電池の入れ方に技術があるんですよ、企業秘密
    だから教えられないけれど。 それが出来ない人の言い訳、私が入れたら二年持つから大丈夫です。」

     電池の入れ方に技術があるなんて知りませんでしたが、誤った入れ方は無駄な電池の消耗を招くそうです。
d0110197_19473731.jpg

 二週間後、無事修理された腕時計を受け取りにいきました。

私  「分解掃除もしようかなと考えているのですが、次回の電池交換の時でも大丈夫ですか?」 

店主 「そうですね、いつでもいいけどした方がいいです。 次回の電池交換の時? 
    充分大丈夫です。この時計は手入れすれば長持ちしますよ。」

 私が安心して店を後にしたのは言うまでもありません。 これからは私の時計も電池をここで入れると決めました。 
どちらも今流行のデザインではないですが、気に入っているので長く使うつもりです。
リューズが壊されたのは残念でしたが、お陰で信頼できる時計職人さんに出会えました。

ヒサスエ時計店
小樽市花園2-1-5 (国道5号線 北一ガラス本店向)
TEL 0134-23-2730
 





 
[PR]

by Blog_Maya | 2007-12-25 20:14 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/6812353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 親ばかを 新年早々 披露する      忘年会ランチ >>