2007年 09月 17日

ドクター摩耶???

以前 制作過程を紹介した人形が完成し、次は焼成前に必ず行う中抜きの作業。 
頭の先から首を通過して胴体、足元まで貫通するように抜いて底部に穴を一つ開けます。
粘土の塊を乾燥させただけで焼いても割れる可能性が高いので、小品でもこの工程は省きません。
d0110197_8401767.jpg

顔を避け、どのようにすれば最小限の切断で中抜きが出来るか思案のしどころ。
d0110197_848393.jpg

今回は主に後ろから抜くことにしました。 この時に後ろの支えも外します。
この作業を見た人は「あー、脳みそ取ってる!」「 内臓えぐってるー!」と驚かれるのですが、そんなにおぞましいでしょうか?
めげずに最近はこの作業を「オペ」と呼んでいます。
d0110197_90435.jpg

切除した頭や胴体、肩、腕、足は濡れタオルを掛けて保湿。
本体の中抜きが終わったら、こちらも内側の粘土を抜いてから本体に接着します。
が、彫刻を学んだ方には一度形作ったものを壊して、また戻すと説明すると驚かれました。
(彫刻では型どりをすることが多いので、こんな作業はあまりないのでしょうね)
d0110197_95348.jpg

縫合作業?も済み、完了しました。 後は乾燥させ焼成して完成。
実はこの中抜き、とても神経を使います。 粘土が固すぎても抜けないし、柔らかいと抜いている最中にヘタってしまう。 
薄く削りすぎると歪みが生じたり、崩れて台無しになる恐れがあるため慎重に作業し、一日がかりになることも。
そのため終えた日は神経の使いすぎで疲れ果て、夕飯は簡単なメニューにしてしまいます・・・。














[PR]

by Blog_Maya | 2007-09-17 09:24 | 素象人形 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/6163483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rin-koko at 2007-09-19 22:26
素象人形の事は、まったく分かりませんが
大変な作業なのですね。
切除して、縫合して・・・ほんとに「オペ」ですね(笑)
この作品はどれ位の大きさですか?
かなり大きく見えますが・・・。
Commented by Blog_Maya at 2007-09-21 08:03
rin-kokoさん
制作しているときは粘土を取ったり付けたりするので、やり直しがきくのですが これは取り返しがつかないことになったら・・・スリリングな時間なのでした。
この作品は焼成後で高さ34センチ。  焼くと二割程度縮むのです。

でもね、誰かさんの様に森で鳥やリスの登場を待って撮影する辛抱強さ 私にはありません。(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 小樽 高島を歩いて      札幌 中島公園にて >>