2007年 04月 08日

色内の春

d0110197_945713.jpg

私が小樽で一番好きな建物は この旧日本郵船株式会社小樽支店である。
二週間前もここに写真を撮りに来たが、向かいの運河公園に私の背丈(チビですが)を超えるほどの雪山で後ろに下がれないため全景が入らず退散していた。今日はすっかり雪が融けて、公園も遊具やベンチの青シートを外すのを待つばかりになっている。
d0110197_9114483.jpg

ふと気が付くと、若いお母さんが子供とジャンケンをしながら歩かせている。歩きたくないとぐずる子を歩かせる苦肉の策だ。私も十五分で済む道のりを一時間近くかかるなんてザラだったことを思い出した。あの頃が一番大変なんだ。ベビーカーに素直に乗らないくせに歩いてくれない、長時間の抱っこには重くなりすぎている。飴をあげたら癖になるし、床に倒れて泣き出したら、もう手に負えない・・・。

言うことを聞かない子と毎日向かい合う事のしんどさは経験しないと分からない。
今となっては懐かしい思い出だけど、毎日その繰り返しだった頃は早く開放されたかったなー。
「まだ肌寒いし大変よね。来年の春には少し楽になるから頑張ってね。」
d0110197_9175993.jpg

[PR]

by Blog_Maya | 2007-04-08 10:16 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/5113120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 新南樽市場      試行錯誤 >>