ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 08日

洗濯が好き     ※追記しました

d0110197_20574560.jpg



 今日は洗濯日和ではありませんが明日は雨の予報なので、せっせと洗濯をしました。私は手抜き主婦ですが、洗濯だけは別です。
一般の洗濯は勿論、主人のスーツも例外ではありません。今日は出張先で汗だらけになったブレザーを洗いました。汗は水洗いの方がきれいになります。今はウオッシャブルスーツというのが出回っていますが、従来のウール100パーセントのスーツも洗剤を選び、コツさえ掴めば洗えるのです。かなり前から子供達の制服もレーヨン素材のおしゃれ着,羊毛布団も自宅で洗っていました。なので我が家がクリーニング屋さんのお世話になるのは数える程。友人に驚かれた事もありますが、正しい知識と処置をしている限り失敗は少ないです。

 下の画像は洗った後「だら干し」というのですが、脱水をせずに袖や見頃を伸ばしながら立体ハンガーにかけて影干ししているところ。勿論水がしたたり落ちるのでお風呂場が向いています。こうすると水の重みで多少しわが伸びるので仕上げのアイロン掛けが楽になるのです。だら干しは形状記憶のワイシャツなら普通のハンガーでも一切アイロンせずに職場で普段着用できる位までしわが伸びます。




d0110197_20575250.jpg



 先日友人がクリーニング店よりダウンジャケットを引き取ってきたところに会いました。今はご存知の方も多いと思いますが、ダウンは水洗い出来ます。その上ドライより水洗いの方が汚れがよく落ちるので市販の中性洗剤で洗った方がいいし、アイロンがけを必要としない側生地が大半なので楽です。その話を彼女にもしたのですが、ちょっと勇気がないと躊躇うので来シーズン後実際に洗うプチ講習会の約束をしました。確かに最初は私も緊張しました。けれど知識と経験があれば自宅で出来るものと出来ないものを自分の中で分けられます。その上でクリーニング屋さんを上手く利用されるといいなと思いました

 今日は娘がデニムのシャツを鼻血で汚したと帰ってきました。あらかじめ洗面所で水洗いをしていましたが、やはりまだうっすらと残っています。血液のしみは手強い上にデニムの生地は色落ちしやすいので、一度の洗濯で全て落とそうとせずに数回掛けて落とすと説明しながら洗ってあげました。すると娘は「家に帰ればお母さんがいるから大丈夫だと思った」というのです。おだて上手だこと。いや、あなたも洗濯くらい覚えなさい!! 



追記
スーツをエ○ールで洗ってもいいのか、ダウンジャケットを洗濯機のドライコースで洗えるのかなど疑問に思われる方がいらっしゃいました。
スーツを洗濯するのはスーパーで売っている中性洗剤で洗えなくもないのですが、ウールの油脂分を取りすぎて洗濯を繰り返すうちに生地がパサパサになってしまう恐れがあり、オススメできません。私は家庭用のドライニング洗剤を取り寄せていますが、あくまで水洗いであり。注意点を守らないと縮んでしまいます。まずは失敗してもいい背広で挑戦してみるといいでしょう。
またダウンに関してはドライコースより手洗いの方が確実に汚れを落とすので、私は洗濯槽を洗い桶代わりにし襟や袖を部分洗いした上でダウンジャケット全体を洗い、脱水機能だけ利用しています。特に目立った汚れもなく洗うのでしたらコース洗いでいいのかもしれません。勿論中性洗剤を使ってください。ただし生地を傷めないように空気を抜いた状態で洗濯ネットに入れることをお勧めいたします。外套は2回すすぎでも洗剤分が残りやすいので、最後にもう一回多く濯いで脱水した方が安心かと思います。最後に脱水後はジャケットがペッチャンコになりますが、いじらずハンガーに掛け、乾燥後に両手でジャケットの端を持って振り、羽毛をほぐしてください。ドラム乾燥機能があればむらなくきれいにふくらみます。いずれにせよ中の羽毛までしっかり乾燥させてから仕舞わないと、翌年臭いがする恐れがあるのでご注意下さい。
















[PR]

by Blog_Maya | 2015-06-08 21:33 | diary


<< 青空が似合う教会      今年は小梅から >>