2014年 10月 10日

好きなCM




最近放送されているCMで我が意を得たりというものがあります。JAバンク「アクティブシニア応援編」なのですが、一つは定年を無事迎え、後輩に見送られて花束を手に会社を後にする男性が「よし、楽しい時間のはじまりだ。」と趣味に全力を注いでこれから生きるぞという姿が小気味いいのであります。最近のお年寄りは元気です。「60代で定年退職したとしても平均寿命の80まで長い。今から老け込むのは早すぎる。人生はこれから。」という事なのでしょうね。「老後は孫が生き甲斐。」というのも悪くないけれど、孫だって大きくなったら手元にいてくれませんもの。

そしてもう一つ、息子を送り出したお母さんがとってもカッコいいのです。

駅での母と息子の別れのシーン。旅立つ息子に「向こうに着いたら、連絡するんだよ」と心配そうに呼びかける母。電車が走ると後を追って小走りしたものの去った次の瞬間!「よし、楽しい時間のはじまりだ。」とメッセージが流れ、笑顔に変わった母親は髪を振りほどきエプロンを脱ぎ捨て、元気よく歩き出すのです。 「子育ては終わった。これからは自分の時間を生きるの。」そんな子育てを終えた母親の気持ちが良く伝わります。子育てを終える前から自分の好きな事をやっている私ですが、周りのお母さんが子育てを終えて空の巣症候群になっているのを見て勿体ないと思っていました。「あなたはやることを見付けられたからいいわよ。と言われますが、ないなら見付けるまで探してみるといいのにと思います。主婦だって自分の人生歩んでいいじゃないのかと思うのですが。友人のように息子のアパートに押しかけて掃除やら世話をして来るなんて一度もしたいと思わない私です。


このような人生に前向きなシニアが増えれば、お年寄の見方も変わってくるのではと思うのでした。まあ手抜き主婦の私は「子育て終わったら、きちんと家事をしろよ。」と誰かから言われないように気をつけないと。




[PR]

by Blog_Maya | 2014-10-10 09:40 | 子育て | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/21194275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HarukoB1 at 2015-01-24 15:56
日本のCM見るチャンスがないのですが、
面白いですね!
私には子どもがいませんが、
成人した子供に甘すぎる親が多いなぁとよく思います。
子供のためにマイナスなのに、、親の自己満足だと。
子供の家に食事作りや掃除に出かける親は
自分がしたいからするんですね。
子供がうるさがってることが判ってない。
子供は向こうからやって来るまで
放っておいて欲しいのに。。。。
Commented by Blog_Maya at 2015-01-25 11:01
haruko様
ありがとうございます。
そうなんですよね、夏休み冬休みにはお金がなくなって帰省するんだから待っていればいいのにと思います。
息子は明後日北欧に短期留学するのですが、今回も「準備手伝ってあげに大阪いくんでしょ?」とか、「滞在中に会いに行かないとね。」と言われましたが、全くそんな気ありません。
手を掛けるのはせいぜい高校までだと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 秋も終わり頃      道産子の楽しみ >>