ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 12日

取材の中で

d0110197_21251781.jpg




 今回は小さな展なのですが、取材に来てくださり初日から昨日まで4人の記者さんにお会いしました。「今回のテーマは何ですか?」とか「どれくらいのキャリアなのですか?」とかいろいろ聞かれます。その中で「陶板画の発想やモチーフはどのようにして生まれるのですか?」というものがありました。日頃気にしたことがなかったのですが、どうなんだろう?よく考えてみると、ふと頭に浮かんできたものをメモしたり、散歩している野良猫の後をついて行ったり、バスに乗っていて前の座席の人の洋服が気に入り、降りてからデッサンしたりと他愛のない事が多いのです。こんな答え、記者さんにとって期待はずれじゃないかなと思っていたら、「日常生活の中からアイディアが生れてくるのですね。」と受けとめて下さいました。そうなんだ、私の創作は主婦として日々過ごしている中から生まれてくるものなのだと分かりましたした。そしてそれは素象人形を作る際も変わりません。

 別段特別なことでなくていいのだと思いました。作品が出来るとき、その時に大事なのは何が出来たかではなく、どのように作ったかが重要だと思うのです。本を読んだり資料を取り寄せたりすることもあります。それは当然のことですが、一番なのは主婦として生活の基盤があっての創作、それ抜きにこれらの作品はうまれませんでした。つまり、作品の向こうには作り手の生き方があり、それがあってこそ次はもっといいものをと目指すものなのです。と、気がついた途端、家の事が気がかりになりました。展の準備で手抜き家事だったのです。そこをおろそかにしたら駄目じゃん。(汗)


[PR]

by Blog_Maya | 2014-08-12 21:15 | その他の創作 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/21000881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ヘルシーランチ      陶展 LE SOURIRE  ... >>