ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 24日

初DIY

d0110197_14131594.jpg

かつての息子の部屋を工房にすべくいろいろ道具を持ち込んだばかりで片付いていないため、全貌を披露することは出来ませんが、初めてのDIY一部お披露目。これは釉薬や、焼き上がった素焼きを釉薬を掛けるまで保管しておく予定の戸棚、その上にロクロや乾燥させるケイカル板を置くことが多いのでコの字型ラックをこしらえました。
d0110197_14194169.jpg

こうして素焼きするまで乾燥させる作品を置いておけます。下の白い板がケイカル板で10枚まで収容可能。現在は他の場所で使用中です。
d0110197_14225668.jpg

まるで蕎麦がうどんの打ち台の様ですが、これは土練り台と作業椅子。 たたらを作るときに使うのし棒が転がり落ちないように左側に置き板を用意しました。ここに座ってたたらの作成から切り取り、成形まで行います。
d0110197_14255548.jpg

練り台は粘土を入れてあるかつてのタンスの上置きを再利用。けれど上置きの高さでは土練りに必要な70㎝に10㎝足りなかったので高さを設け、下を収納に。ここに普段使う、のし板、のし棒、それと窯の棚板等を定位置にしました。まだ隙間があったのでよく使うたたら板も一部入れることが出来ます。
d0110197_14305948.jpg

椅子は箱形に作り、キャスターを付けました。失敗したのはキャスターを含めて高さ45㎝のつもりで設計したのに蓋と底板の厚さを考えていなかったこと、4.2㎝高い椅子になってしまいました。組み立ててから気が付いたって遅いですよね。007.gif蓋を上げれば物入れに、何を入れるかはまだ決めていませんが、何かと道具が多いので収納は多いにこしたことありません。何とも無骨な出来ですが、これで道具の一部置き場所も決まりました。素象人形だけを制作していたときはヘラと粘土だけで良かったのですが、陶創作を始めると成形道具から釉薬、化粧土・・・様々なものが増えました。これからそれらを効率的になるようによく考えて配置、収納しようと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2014-04-24 14:45 | diary


<< 初窯焚き      自宅工房化計画 進行中 >>