ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 16日

望楼ツアー2014

d0110197_20383477.jpg

高いところが好きな私、金融資料館(旧日本銀行小樽支店)の望楼ツアーは楽しみの一つです。
d0110197_211546.jpg

そこから眺める景色よりも日本近代建築の父 辰野金吾の細部にまで呼ぶこだわりを
d0110197_216337.jpg

間近に見ることが出来る機会でもあります。
d0110197_2165976.jpg

来客を案内したことも数知れず、大方この建物のことは知り尽くしていると思っていましたが、
d0110197_2111525.jpg

職員の方よりこのシマフクロウのモチーフ以外に他の種類があることを教えていただきました。
d0110197_21115667.jpg

違うのは尾っぽの長さ、
d0110197_21123467.jpg

尾が長いのもあるのです。シマフクロウの尾は短いので、これはオナガフクロウかと思います。何百回もこの建物を見ているのに気が付きませんでした。 
d0110197_21153768.jpg

そして向かいに建っている北海道バイン、ワインショップ&レストラン、1912年(明治45年)に建てられた旧北海道銀行(現在の北海道銀行とは無関係だそうです)小樽市指定歴史的建造物なのですが、二階のアーチ型窓の上部の両脇にフクロウと思われるモチーフがあることも教えていただきました。見てみると、種類は分かりませんが確かにフクロウらしきものが見えます。やはり銀行にとって夜眠らないフクロウは夜警としての守り神だったのですね。
望楼ツアーで新たに知った新たな魅力でした。 
[PR]

by Blog_Maya | 2014-02-16 21:27 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/20364875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 富岡教会      写真 >>