ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 24日

名刺の名前

d0110197_1819873.jpg

 もう7、8年前になると思いますが取材をしていただいた時などに自分の名刺がない不便さを感じて、初めて名刺を作りました。それが最近残り少なくなったので先日作り直しました。上が今回作り直した名刺です。素象を「そしょう」と読まずに「そぞう」と誤解されている方もいらして不親切だったと反省し、ルビを振りました。あとは画像を新しくした事以外は以前のと殆ど同じです。

 新旧の名刺に共通しているのは苗字が入っていない事、今後も入れる予定はありません。「摩耶」という名はお釈迦様のお母様が由来です。人形という、人の形を作る行為は天地創造の神が人間を泥から作ったという神話を連想するのですが、私はキリスト教徒ではなく仏教を勉強しているので摩耶にしました。(強引ですが私の勝手な思い込み、お見逃しください。)

 最初は「〇〇摩耶」と苗字に続けてと考えましたが、創作している時の私は妻でも母でもないと「摩耶」だけで通そうと決めました。というのは結婚し二人の子供に恵まれ、創作を休止して5年を過ぎた頃から、自分が苗字や名前単独で呼ばれなくなったことに気が付いたのです。「〇さんの奥さん」「△ちゃんのお母さん」としか呼ばれません。「私の存在って何なのだろう。」と、頭から離れずに空しさばかりが広がりました。そんな私を見かねて夫が創作への復帰を勧めてくれたのです。その時まで下の子が子供が小学校に入ってからと考えていたのですが、それを待たずに復帰し、自分の世界を取り戻すことが出来ました。創作は結婚する前に見つけた私の居場所、家族と同じくらい大事なものだと実感したのでした。そんな私にとって「摩耶」は親が付けてくれた名前、婚姻後の姓と同様に大切な名なのです。会社務めしているわけでもなく、誰に迷惑かける事ではないので名刺位 摩耶でいたいと思いました。

 けれど一つだけ気になることが・・・。これから先50才、60才、70才と年をとった自分に「摩耶」って名前は違和感ない?・・・でも今は考えないことにします(笑)。

[PR]

by Blog_Maya | 2013-04-24 18:40 | 素象人形


<< ビックマウスな挑戦      ツアー開始 >>