2013年 03月 20日

本が先生

d0110197_20141811.jpg

私は彫刻家の先生から「基本を学ぶだけでも5~6年かかるよ。」と言われているにも関わらず、3年半しか学べませんでした。師が病で亡くなられたためです。素象は師が始めたジャンル、他に教える先生はいません。初めて一人で作った作品は・・・当然ですが、とても見られたものではありませんでした。それからの数点は仲間にアドバイスをもらっていましたが、いつまでも仲間に頼ってはいけないと思い、「本から基本を学ぼう。」と彫刻、デッサンの本を買い求めました。美術系の学校を出ていない私に欠けていた知識を本から学んだのです。今でも完全にマスターしたとは正直言えないのですが、今あるのは本のお蔭だと思っています。
d0110197_2027451.jpg

10年前初めての個展を開催する際、ギャラリーの規定で販売品を並べる事になり、陶創作にも手を伸ばしました。最初は猫や地蔵を作っていましたが、徐々にアクセサリー、壁掛けと拡がっていったのです。そのため陶芸の知識も必要になり、雑誌 陶遊は本棚一列揃えました。そのお蔭で6回程販売の機会を得ることが出来、その経験が創作の幅を広げてくれたように思います。そして耳年増ながら、本から陶芸にも様々な手法があることを学びました。今は彩泥に関する詳しい本を探しています。昨年陶板画を発表した後で絵画を学ぼうと画家の友人に相談した時、「あなたの世界は独特だから、どの教室も当てはまらない。習いに行くよりも本から吸収した方がいいよ。」とアドバイスされました。「本から学ぶ。」、きっとそんな人は多いでしょう。家に居ながら様々な先生に学べるのってありがたいです。

ただ一つ気になるのは・・・素象の他に陶創作に手を染め、陶板画を発展させていこうとしているのを天国で恩師はどう思っているのだろうということ。懐深い師でしたので暖かな眼差しを注いでくれているのか、それとも「寄り道ばっかりして・・・。」とため息をついているのか・・・。どちらか知りたいような、知るのは怖いような心境なのでした。
[PR]

by Blog_Maya | 2013-03-20 21:50 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/18388839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 立春過ぎても・・・      フォトブック >>