ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 07日

個展雑感     悩むもの

d0110197_184054.jpg

 個展を開催する時にいつも苦労すること、 それは値段つけ。 安くすれば沢山売れるのは確かです。 けれどそれではホテルに納める手数料等を引いたら殆ど残りません。 けれど高くすれば・・・、頭の痛い問題です。 プロの作家さんも価格決めは容易なことではないらしく、以前 陶芸家の桃青窯氏も過去記事に書かれていました。 プロの作品と私のそれとは違いますが、この記事には考えさせられました。 また「自分の作品を安売りすると、主婦の片手間仕事と思われてしまうよ。我々の仕事は手芸とは違うのだから。」、以前先輩木工作家にいただいたアドバイスです。 
 
 いろいろ考えた結果、「価格は作り手の作品への自己評価であり、大げさに言えば買い手に対するメッセージ、売れても売れなくても自分で責任をとろう。」と決心し、価格を付けました。 結果 幸いなことに目標額を少し上回ることが出来たのです。 お買い求め下さった方々に感謝するとともに、的外れな額ではなかったのだと胸をなで下ろしたのでした。 

そして売れたという実績と、いくばくかのお金を材料費とモチベーションにかえて、また創作に向かおうと思います。 それにしても価格って本当に難しい・・・。 何度個展を開催しても、迷いながら決めるんだろうと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-10-07 21:02 | 素象人形


<< ○おちゃわん○      個展雑感    作品を通じて >>