ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 09日

固定概念           ギャラリーにて

d0110197_1595543.jpg

                                                  「鶴の舞」


 「色はつけないのですか?」  「これは彫刻と違うのですか?」 いずれも展示する度にされる質問です。 一般的に「人形とは色がついていて、可愛らしい置物」という固定概念がありますが、疑問に思っても尋ねられないで帰られる人もいらっしゃると思い、今回は私の持論を印刷し、素象人形の横に貼っておきました。 そうすれば私が接客できない時でも 興味のある方は読んでいただけると思ったのです。

 けれど昨日のお客様は上の画像の作品を御覧になって「アイヌ模様がありませんね。」と仰有るのです。 これはアイヌ民族の舞踊、
「鶴の舞」をモチーフにしていますが、実際に踊るときはモレウというアイヌ民族伝承の模様を襟元や裾にあしらった衣裳を身に纏っているのでした。 けれど素象人形とは最小限の表現スタイル、柄がないほうがモチーフが生きるので省いたのです。 この作品は和装の女性が裾を持っているシルエットだけで十分 「鶴の舞」を表現できたと思うのですが、咄嗟のことであまり上手く説明できませんでした。
 
 ですが、こういう質問は想定外。 いつも色をつけないこととか、彫刻との違いばかり尋ねられていたからです。 ふと気が付きました。これも固定概念ですね。 素象人形を広めたいなら、もっと色々説明すべきことがあるのです。 昨年の個展で感じた実際に作品を見ていただく大切さ、今年はまだ始まって間もないですが直に説明する重要性を教えられました。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-09-09 14:55 | 素象人形 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/16780402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< カテゴリー          ...      初日から三日間 >>