ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 16日

大学の入学式

d0110197_7314565.jpg

今日はちょっと気になることを。 以前書きましたが、この春 息子が大学入学しました。 そのため飛行機に乗り、アパートで1日から4日まで荷解きの手伝いや足りないものを買うなど手伝いに行って来たのです。 けれど3日の入学式に私は出席しませんでした。(勿論息子は出席しています。)  それを随分たくさんの人に「何故いかなかったの?」「私は出席したよ。」とか不思議がられました。 でも息子に愛情がないわけではないのですよ~。

大学の入学式に何故親が行かなくてはならないのでしょうか? 私は親が出席するのは高校の卒業式までだと思っています。 大学入学時は確かにまだ未成年ですが、高校を出て社会人となる子供だっている年齢です。 親から離れる時期ですよね。 しかし驚くことに最近は平日にも関わらず、両親だけでなく祖母まで揃って入学式や卒業式に出席されるご家族も多いとか。 確かに我が子は可愛いでしょうけれど・・・。 

先日 普段は見ないテレビ番組であるアナウンサーが「入学者より親の出席が多い大学の入学式はおかしい。 子離れしないと。」と発言していて、ちょっと嬉しかったです。 やはり 私と同じ考えの人はいるのね。 けれど続けて、「親世代の視聴率を失いたくないから、これ以上言うのはやめます。」とも言っていました。 それだけ出席される方が多いということなのでしょう。 私は時代に合わない母親なのかもしれませんね。 それでも今後娘が大学進学することになっても出席しないと思います。 もっとも本人は親に出席して欲しいと全く思っていません。 考え方はいろいろあって、こんな親がいることも分かって欲しいと思うのでした。  
[PR]

by Blog_Maya | 2012-04-16 08:02 | 子育て


<< 願い事      堀田家の門出 >>