ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 29日

小樽案内

d0110197_8593689.jpg

                                   旧日本郵船株式会社 小樽支店 昨秋撮影

今年初めての「通な小樽ツアー」ですが、今回は初めて小樽住人と以前小樽に住んでいた友人をお連れしました。
いずれも かつて同じ社宅に住んでいた友人ですが、A子は私より長い小樽在住25年ですし、B子も5年前に札幌に引っ越したといっても小樽歴18年です。 最初 私が案内するなんて考えてもいませんでした。 けれど去年3人でお茶した時に2人とも小樽といえば「寿司、運河、ガラス」しか知らないと分かり、「是非教えて欲しい。」と頼まれたのです。 冬季は閉館しているところもあるので限られるのですが、それでも旧日本郵船株式会社小樽支店、旧日本銀行小樽支店、市立美術館などを案内させていただきました。 A子は「これで親戚が来たときも案内が出来る。」とメモまで取ってくれるのでちょっと緊張しましたが、喜んでいただけて嬉しかったです。 
 
小樽は有名な観光地なのですが、道央や札幌のツアーで立ち寄る2~3時間の通りすがりプランが多くて残念に思います。 そんな短時間で小樽の奥深さは分かりません。 数日滞在してこそ案内出来るところもあるのですが、せめて1泊はして欲しいと思います。 そうでなければ、いつまで経っても小樽は「寿司、運河、ガラス」から抜け出せないでしょう。 貴重な歴史的建造物などがたくさんあるのに本当にもったいないです。 折角小樽に来て下さる方に小樽の本当の素晴らしさを知って欲しいと思うのでした。

私も小樽を知るきっかけは毎年遊びに来てくださる姑を案内するためでした。 けれど調べるうちに小樽の歴史や遺産の貴重さを知り、これはたくさんの人に知ってもらいたいと仕事関係の来客も案内させていただくようにしたのです。 友人には暖かくなったら第2弾ツアーを約束して分かれました。 これからは小樽の人でも機会があれば、案内させていただこうかなと思います。
[PR]

by Blog_Maya | 2012-01-29 09:45 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/15344026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 引っかかったこと      クラス会の後 >>