ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 03日

個展 雑感2

d0110197_9511349.jpg

                                                    「羅漢」

今回の展で幸いなことに新聞3社から取材を受け、記事にして頂きました。 そのお話の中でA社の記者さんに対し、一連の創作を問われた時に「粘土の可能性を追求しています。」という言葉が出ました。その時のひらめきで出た言葉でしたが、あながち出まかせでないことに後で気がついたのです。
 素象人形自体が「彫刻でない、人形でない。」とある公募展の中でカテゴリのない不満を陶芸家の方に「カテゴリがなければ作ればいい。」と励まされました。 その時に「どうせ作るなら私独自の世界を。」と思い、素象人形以外で作れるものをいろいろ考え始めたのが今回の個展で素象人形以外の作品でした。 会場でカメラをご覧になった方から、「初めて見た。」とか「本物だと思った。」などど沢山の反応がありました。 ペーパーウエイトなども「こんなものが作れるのですね。」と言って頂きました。 時に「あなた変ってるね。」とも言われましたが(笑)、褒め言葉だととらえています。 
粘土は無限の可能性を秘めています。 実はまだ試作中のものがあって・・・粘土の可能性はまだまだ追及中なのでした。
[PR]

by Blog_Maya | 2011-11-03 07:06 | 素象人形


<< 個展 雑感3      個展 雑感1 >>