ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 24日

ガラス工房 ケーズブローイング

d0110197_8445676.jpg

小樽はガラスの街、十数件のガラス工房がありますが、私のイチオシはケーズブローイングです。 珍しく工房の作業風景が通りから一望できるような作りの店舗。 この日も立ち止まって観光客が作業を見物していました。
d0110197_99188.jpg

こちらは堺町工房、主に観光客用の制作体験を中心にした工房。
d0110197_95118.jpg

他に朝里に作家が作品を作る工房があります。 ちなみに写真で制作中なのは社長兼作家の安 井 顕 太氏。 平日など製作体験をするお客さんが居ないときには ここでもスタッフが商品製作してる事が多いです。
d0110197_913815.jpg

彼はプロフィールによると昭和38年生まれの神奈川県出身、日本現代工芸美術家協会本会員で受賞歴も数々。 小樽の工房は平成7年に設立。 同じく制作される奥様が小樽出身のようです。
d0110197_9285156.jpg
 
この工房は外国人を連れて行っても英語が出来るスタッフが要るので体験をさせるのに助かっていましたが、
それはこの安田氏が国立台湾藝術大學で指導をしている縁で研修生を受け入れているため。 前回お邪魔したときはマレーシア人でした。
d0110197_93323100.jpg

彼の作品は繊細でいて大胆な色遣い。  小樽の観光みやげとしての商品とは別物で、見応えがありました。  新たな私の「通な小樽ツアー」のコースに加えようと思っています。


ガラス工房ケーズブローイング
【堺町工房】〒047-0027 北海道小樽市堺町2番17号 TEL : 0134-31-5454 

安 井 顕 太氏 オフィシャルサイト
http://www.ks-blowing.jp/top.html


現在は朝里工房のみ
[PR]

by blog_maya | 2011-06-24 08:45 | 小樽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/13868790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 何度見ても飽きない建物      塩谷で一本  <後半> >>