ブログ HITOGATA   in Otaru       by摩耶

blogmaya.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 20日

素象人形と彫刻の違い

d0110197_18534238.jpg

                                                     「羅 漢」


 以前初めての個展を開催した際、新聞社からの取材で「摩耶さんは彫刻家ですか?それとも人形作家なのですか?」と一番最初に聞かれました。 「素象人形展」と冠しているにも関わらず、尋ねるということは 記者の方は私の作品を人形と呼ぶ事に納得していなかったのかもしれません。 確かに素象人形は彫刻家小林止良於氏が創始者。 デッサンに正確な素象人形に記者がそれまでご覧になった手足が小さい可愛らしさを求めた お人形と違いを感じるのは当然の事です。 
 素象人形の「素」とは無地、飾らないこと、「象」とは心に浮かんだ姿、かたち。 素材は陶土で成形後、縮み割れを防止する為、中を空洞に貫き乾燥後、焼成して仕上げたテラコッタです。 初めて聞く方には理解が難しいかもしれません。 写真でもなかなか伝わらないので、実際に作品を見ていただきたいところです。

 では彫刻と素象人形の違いとは何か、今日は私なりの考えを述べたいと思います。 彫刻は全身、首、胸像とありますが、すべて屋外、または部屋空間を宇宙とします。 それに比べて素象人形は床の間、あるいはリビングボードの上などの空間が宇宙。 彫刻は内包するエネルギーがあるとしても、それは外に向けて発信されるものであり、素象人形は内にその情感を秘め、見るものに共感させるのです。 ある人が「彫刻は裸で人形は服を着ているのが違うところだ。」と言っていましたが、これは少し違います。 私が思うに、着衣彫刻はその衣服の下に筋肉の存在を示しているのです。 また裸体の素象人形があったとしても、それは肌を強調する事はなく、情という衣を纏って完成していることでしょう。 彫刻は衣服があっても限りなく肉体に迫り、また逆に素象人形は裸体に肉薄する事はありません。

 素象人形は私にとって立体の詩。 文字はないけれど、作者の想いを素象人形という媒体を介して御覧下さる方に届けたい・・・そう思って制作しています。 「色がないのは人形じゃない」と言われることも多いですが、色は限定した世界を作り上げてしまいます。 付けないことで、よりイメージを拡げる事が出来、作品を奥深く感じていただきたい。 お人形にない「内面の美」、彫刻にない「手頃の美」、素象人形をそんな風に受け入れていただけたらと思います。

ー追  記ー
彫刻家 小林止良於氏の芸術人形論の記事
人形に問う
芸術人形指向 <上>
芸術人形指向 <中>
芸術人形指向 <下>










[PR]

by Blog_Maya | 2010-05-20 16:37 | 素象人形 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/11147487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あやや at 2010-05-20 23:34 x
コメント、プチご無沙汰でした。
おかげで素象人形と彫刻の違い、素人なりに理解することが出来たような気がします。

>「手頃の美」
我が家に飾ってある摩耶さんのミニ地蔵様の穏やかなお顔を見ていると、
この言葉がほんとうにしっくりきます。
これからも摩耶さんの思いの伝わる人形を作り続けて下さいね。
摩耶さんの真摯な創作姿勢、私にも大いに励みになります。

Commented by ariari at 2010-05-21 00:03
>「色がないのは人形じゃない」
んんん、なんてことを云うのでしょう。
じゃあ、着色された人形の色彩が正しいのか、ということです。
写真も同じでモノクロームの方が人の想像力を奪わないという点。
見る人によって色が見える、または艶っぽく感じる訳です。
芸術というものの範囲を限定してしまうと才能が潰されます。
人の発想をモノにするという仕事はすべて尊いものとぼくは思います。
Commented by Blog_Maya at 2010-05-21 07:51
あややさん
ありがとうございます。 師の文章の方がずっと洗練されていて説得力があるとは思ったのですが、
自分の解釈を載せる事で分かっていただだけて嬉しいです。
地蔵、可愛がって下さって・・・、あの子は幸せですね。 
あややさんのお菓子が美味しいのは材料が良いからだけではなく、
作り手の真心が最高の調味料になっているからだと思いますよ。
Commented by Blog_Maya at 2010-05-21 08:07
ariariさん
残念ながら美術関係者の中でもそのような考えの方が多いのが現状です。 
素象人形は芸術のどのカテゴリーにも収まらないのですが、カテゴリーというのは人が作ったもの。 
「ならば新たなカテゴリーが作られるように頑張りなさい。」と先日陶芸家の方に励まされました。 

モノクロ写真、憧れはありますが、まだまだ光を感じて撮れないので手を出せないでいます。
Commented by mousseinmtl at 2010-05-21 09:38
大変興味深く拝読いたしました。
色がないと、その分影が強くなって・・・また色にとらわれることがない分、姿に充分目が届くような気がします。

シンプルな美しさに、心がはっとさせられることは意外と多いような気がします。

小樽もそうではないかしら・・・
モントリオールでもしんしんと降り積もる静かな小道に迷い込んだときなど・・・寒さも忘れるほどの美しい・・でもシンプルな見なれた景色に感激しちゃうこともたびたびです。
Commented by touseigama696 at 2010-05-21 23:33
新しいカテゴリー作り
これって・・凄い挑戦で・・
充分やりがいのあることだと思えます・・
是非・・あなたの手で!!
Commented by Blog_Maya at 2010-05-22 10:46
mousseinmtlさん
ありがとうございます。
色がないことで見えるものってありますよね。

小樽は古い街なので電線がゴチャゴチャしていたり、古いものと新しいものが混在していてすっきりとした街並みではないのですけれど、真冬の早朝で降雪がある時に出掛けるとふと幻想的な美しさに出会う時があります。  ・・・そうか、これも素象に通じるものがありますね、気が付きませんでした。
Commented by Blog_Maya at 2010-05-22 10:57
桃青窯さん
「願いは必ず叶う」という窯だ行進曲、私も歩んで行きたいと思います。
まずは技術を上げること、そして感性を磨くことに力を注ぎたいと思っていますので宜しくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 柔らかく~      満開のサクラ・サクラ >>