2010年 04月 16日

番外編   英語のスィッチ

d0110197_775725.jpg

旅行に行ってきたのが分かると、「摩耶さんは英文学科出身だから英語がペラペラなんでしょう」と言う友人がいますが、胸を張って答えます、 「いいえ! 全然」   大学ではスタインベックとか、サムセット モーム、フィッツジェラルドなどの 古文学を翻訳するのが主・・・つまり英会話中心の授業ではないのです   まして18才の時に周りの人の意見に流されての進路、そんなに熱心な学生ではありませんでした(笑)  
けれどみなさん英語をガチガチに考えすぎていませんか  日常会話は中学英語で十分対応できるのです  それにネイティブの人の文法なんてめちゃくちゃだったり、訛りのある発音だったりするのも珍しくありません   私もそうでしたが、日本人って正しい英語に囚われ過ぎなのではないでしょうか  あるビジネスマンが「英語は度胸」と言われましたが、その通りだと思います  顔が見えない電話は難しいですが、面と向かっての会話でしたら身振り手振りを交えると何とかなるもの   私も随分単語を忘れてしまってますが、分からなければ聞き返せばいいと思っています  今は便利な電子辞書もあるし(笑)  
d0110197_854436.jpg

それでも現地に到着して四、五日経つと慣れてきて、「英語で聞いて、英語で考えて、英語で答える」のが出来るようになるのです   大体滞在一週間なので、帰る頃になってようやく会話に不自由がなくなる程度になるのでした   でも普段英語を使っていなくても、現地に行ったら直ぐに英語モードに入るという羨ましい人がいるのも事実です  語学の先生に伺ったことがあるのですが、「ああ英語のスィッチね、そのタイミングは生まれつき決まっているもので、本人の努力で変える事が出来るものではないんだよ」とのことでした  「そうなんだ、頑張ってもダメなら、このままでいいや」と思う私なのでありました(笑)  英語なんかペラペラじゃなくってもツアーもあるのですし、治安のいい国を選べば、怖い事は国内並みに少ないと思います   そして「いろいろあったけど楽しかったね」、そんな旅行が好きです   十年パスポート、今度はいつ使えるでしょうか    また行けるといいなー   
南国マレーシアの旅に延々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-04-16 07:27 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/10970515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by touseigama696 at 2010-04-17 00:43
不思議な気がするのですが・・
大昔・・海外取材番組担当で・・
だから・・言ってみれば英語で飯食ってた
そんな日々だったんですが・・
嘘みたいな思い出になっているのです・・苦笑

ここを読んで・・
そか・・流れに入れば
スウィッチが切り替わってたんかも・・笑
Commented by Blog_Maya at 2010-04-17 09:33
touseigamaさん
先生が海外に行かれた頃は通信網も今のように発達していなかった時代なので随分御苦労があったと思いますが、
そんなことも今では懐かしい思い出なのでしょうね    私には五年前から英語に苦手が強くて「一緒に海外に行って!」という知り合いがいるのですが、今ならツアーもあるし、もっと気軽に考えて行けるのにと思います
   
>そか・・流れに入ればスウィッチが切り替わってたんかも・・
そうです  人間異質の環境に入ると適応しようと脳が働きます
先生はすぐ切り替わりそうな気がしますね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 堺町をウロウロ      お買い物 ♪ >>