2010年 02月 11日

ふと立ち寄って

d0110197_10123840.jpg

私が大好きな旧日本郵船株式会社。
d0110197_1015245.jpg

あまりの朝焼けのきれいさに このままずっとここにいたいと思うほどでした。
[PR]

by Blog_Maya | 2010-02-11 10:18 | diary | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/10758124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のんのん at 2010-02-11 23:51 x
小樽には残したい、残っていてほしいものがたくさんありますね。素敵な
建物です。
2枚目、きれいですねえ。朝焼けなのですか?Mayaさんも某巨匠と
同じく早朝に一仕事なさるのでしょうか。
お嬢さんの怪我はいかがですか?私も昔、スキーでこけてしたたか
肩を打ったことがあります。筋を痛めて腕が上がらなくなりました。
春になるまで痛かったのを思い出しました。ずーっと後になって古傷が
痛くなることがあるからちゃーんと直してネ。
そう、昨日テレビで盛岡?でも雪明りのイベントをやっていると言ってました。各地で雪明りがともりますね。寒さ厳しい雪の道をほんのり照らす
雪明かり、いいなあ。
長くなっちゃいました。また、お邪魔しますね。
Commented by touseigama696 at 2010-02-12 09:03
いい建物ですね
いまどきの無機質な建物と違って
まるで生きてるみたいです
活きてるみたいだから・・
老いてもくるわけで
その老け方に・・歴史が・・

ゆっくり歩ける街なのですね
Commented by Blog_Maya at 2010-02-12 21:57
のんのんさん
本当に小樽はいい建物がたくさんあります。  
私の朝の仕事は6:00までに朝食と三人分のお弁当を作ることです。(笑)
この日は出張で始発に乗らなくてはならない夫を駅まで送った後に寄りました。
のんのんさんはスキーで怪我をされたことがあるのですね。 
娘の捻挫は左肩ですが、今日球技大会で三年生を負かして帰ってくる位ですから大丈夫だと思います。    
雪あかりは札幌などの一部の地域でもやっています。  小樽の素朴なイベントの良さが拡がってきているようで嬉しいです。 明日もまた行きたいと思っていますが、他の用事もあってちょっと分かりません。

Commented by Blog_Maya at 2010-02-12 22:19
touseigamaさん
この建物は明治39年に建てられた国の重要文化財です。  この写真はまだ開館前なので窓にシャッターが下りていますが、そのシャッターも百年前の物。 何度も来館していますので、説明をしだすと、もうとまりません。
先生をご案内するプランに既に組み込まれていますので楽しみにされていてくださいませ。
Commented by primrose at 2010-02-13 15:09 x
こんにちは~ 摩耶さん
お寒い日が続いています。
旧日本郵船の建物素敵ですね。趣がありますね。
雪がいっぱいですね ってそちらでは当たり前のことですね。(笑)

摩耶さん 朝焼けがとっても素敵です。なんて素敵な色合いなんでしょう。
見せて頂きとてもうれしかったです。
それにしても 6時までのご用意素晴らしいです。
朝がお早いんですね。
Commented by Blog_Maya at 2010-02-13 23:07
primrose さん
そちらは半袖の方もいらっしゃる位暖かい日があるようですが、こちらはまだあたり一面雪ですよ。   
この建物は地元の軟石で建てられたもので趣があります。

食事の用意は毎日アタフタしながらやっております。  
でも皆家を出る時間が六時、七時、八時とバラバラなのでそれぞれに用意してもいいんですけれど、面倒で(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 雪あかりの路   富岡教会編      雪あかり・・・ >>