2009年 12月 01日

千本ノック

二年前頃から自覚していたスランプ。  騙し騙し制作活動を続けていたけれど、どうにかしなければとずっと思っていました。  「いいものを見て、本を読む。」、これは恩師が日頃言い続けていた言葉。 しかしスランプについて伺ったことはなかった。  どうすればいいか、自分で考えるしかありません。 そんな時 陶芸家 桃青窯さんのブログで知った千本ノック。 ロクロで手に仕事を覚えさせる為、茶碗なら茶碗を百個単位で千個を目指して作り続けるそうです。

私にとっての千本ノックってなんだろう? 考えた結果、まずは肩から上の首を作ろうと思いました。 どこぞのキャッチコピーにあった「人形の命は顔」ではないですが、一番難しいのは顔です。  でも問題はモデルでした。 家族はさんざんモデルに付き合わされてもううんざりしています。 私ももう新鮮な気持ちで向き合えなくなっている・・・。  では誰にお願いすればいいのか・・・それが問題でした。 
誰でもいい訳ではなく、私にとって創作意欲が湧く対象でなければなりません。  自分が動かなければ何も始まらない・・・。
d0110197_9331316.jpg

考えた末に私は勇気を振り絞ってお願いしに行きました。 そこは小樽の屋外で夏に開催された鉄路写真展会場。 個展時に写した素象人形の写真を見て頂き理解を求め、勉強のためのモデルをお願いしてまわったのです。 幸い快諾いただき、初対面の方を含めて男女十数人の写真を様々な角度から撮らせていただきました。 

そしてこちらが後姿ですが、第一号。 写実はほとんどしたことがないうえ、男性は初めてなのでとても難しいです。 でも目の配置、顎の形、唇の厚さ・・・写真を見ながら、じっくりと粘土と向き合うのはとても勉強になるし、必ず私の力になってくれると思います。 手をつけてから約二ヶ月、年内には仕上げて乾燥させたいと思って制作していますが、昨日息子が「まるでストーカーみたいだよ。」と。(笑)  確かに同じ人の写真を何枚も並べて毎日毎日眺めている様子は傍から見るとちょっと尋常じゃないかもしれません。  上手く出来ないかもしれませんが、協力して下さった御厚意に感謝しながら勉強させていただいています。
[PR]

by Blog_Maya | 2009-12-01 09:35 | 素象人形 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/10512936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by touseigama696 at 2009-12-03 09:08
おはようございます
一日遅れのコメントですが・・
引用していただいて・・恐縮です

千本ノック・・
確かに大事にしているコンセプトです
いいものは・・・頭が作るものですが
頭が作れるためには・・手が動かないと・・が持論

ひとつのモチーフに徹底的に取り組むことで
手が鍛えられ・・鍛えられた手を使ってこそ
頭にあるイメージが実現するんじゃなかろうか・と

人形のいのちは・・顔・・?
素晴らしい稽古になるのを祈っています 
Commented by Blog_Maya at 2009-12-03 11:39
touseigamaさん
千本ノックのお話、ありがとうございました。 去年伺って以来ずっと考えて、でも頭だけで考えてもダメなので動いてみました。 千個は無理でも数をこなす先に生まれるものがあるものと信じて・・・。  
人形はトータル的にバランスが取れていなければ美しくありません。 でも一番目立つのが顔であり、顔が上手く出来るようになると他も上達するものらしいです。 ですから首、頑張ってみます。

先生もご母堂様の事でお疲れがでませんように・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< やらなかった後悔より やってみた      さよならは言わない・・・ >>