2009年 10月 12日

開催中の陶遊展にて

d0110197_8262434.jpg

先日 私の制作した地蔵の置物や、壁掛けをご覧になった婦人が「私はお地蔵さんを軽く扱うべきものではないと思ってるんですよ  間違って壊しでもしたらバチが当たりそう」とおっしゃいました  私がお地蔵さんを戯れで作ったと思われたのでしょう

「お地蔵さんとはお釈迦様の入滅後、弥勒菩薩が現れるまであの世とこの世を繋ぎ、私達をお守りくださるために姿を現してくださいました  古くから地蔵信仰が続いているのは それだけ皆がお地蔵さんを必要とし、日常生活に溶け込んだからではないでしょうか   お地蔵さんは決して自ら災いを起こしません  例え誤って手などを欠けさせてしまったとしても、それでバチが当たる事はないのです  その時は『私が手を怪我するところを身代わりになって下さった』とか『これから手を怪我しそうだから気をつけなさいというお知らせ』と受け取って、手を合わせてるといいのです」と、お話させていただきました

すると、「あなた 若いのによく勉強してるわね いい話聞かせてもらったわ」と、言われました  こちらこそ 最後まで話を聞いて下さり、ありがとうございます  接客しているといろんなことがありますが、この日はこんな空を見ながら帰宅しました
[PR]

by Blog_Maya | 2009-10-12 09:03 | diary | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://blogmaya.exblog.jp/tb/10329556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by primrose at 2009-10-15 08:02 x
陶遊展ではいろいろな方とお会いし お話をなさるんでしょうね。
お地蔵さんのお話 摩耶さん 私もとてもいいお話と伺いました。
>お地蔵さんは決して自ら災いを起こしません ・・・
そうなんですね。
摩耶さんの思いのこめられたお地蔵さん 
きっとやさしい眼差しでみんなを見守ってくれることでしょう。

空が広いですね。いいお写真です。 
Commented by Blog_Maya at 2009-10-15 16:33
primroseさん
本当にいろいろな方とお話しさせていただいています
私は以前 亡き祖母の願いで本格的なお地蔵さんを作り、お坊さんに魂入れをしていただいたことがありますが、その時に親戚が「テレビの上にでも気軽に飾れるお地蔵さんがあったらいいな。」と言うのを聞いて作り始めたのが今の可愛いお地蔵さんでした   皆にもっと身近に感じていただけたらという思いで作らせて頂いています     

空・・・たまに手を伸ばして雲をつかみたくなります(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 一ちゃ廬      私だけでしょうか? >>